税抜6,000円以上のご購入で送料108円 ・クール便手数料108円、税抜6,000円未満は各648円が加算されます。

マカロンコンクール

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

 

 

cottaのバックアップが決定した、このマカロンの祭典。アマチュアの皆様であればどなたでも参加が可能です!最優秀作品出品者は世界大会にご招待します!

フランスで話題の祭典
マカロンコンクールとは?

マカロンコンクールは、アマチュア(一般人)がマカロンの腕を競い合うフランスで始まった本格的な大会です。 2010年にVincent Guerlais氏によりフランス・ナント市にて創設されて以降、彼を慕う実力派パティシエ達の参加により、開催地がフランスの主要都市にどんどん広まっています。地区予選を勝ち抜いてきた候補者から、優勝者を決定するグランド大会には、ピエール・エルメ氏やクリストフ・フェルデール氏も参加し、コンクールとして、その権威が年々認知されてきている今話題の大会です。
7年目を迎える本年は、フランス国内12か所と日本、イタリア、ベルギー、カナダ、地区予選が開催されることになっております。

【2017年】全日本マカロンコンクールの開催について

日本においては、2015年に設立された全日本マカロン協会が、‘Concours Macaron Amateur France’の公認を得て、「全日本マカロンコンクール®」第2回が以下の要項にて開催することとなりました。

◼︎開催日時
2017年10月10日(火)

◼︎開催場所
ドーバー洋酒貿易株式会社東京本社 (東京都渋谷区上原3-43-3)

◼︎応募資格
ア)満20歳以上の男女。
イ)1名1作品での参加とし、複数名での参加は不可と致します。
ウ)平成29年10月10日開催の東京大会に参加可能な方
エ)現在、製菓製造業及び販売業における製造従事者、製菓学校の生徒の参加は不可と致します。
また、直近5年以内(2012年以降)に製菓製造業に従事していた方の参加は不可と致します。

◼︎エントリーから大会出場までの流れ
(〜8/31)書類選考受付
 ↓
(〜9/10)メールにて選考結果ご報告 ※最終選考へは20名が進めます
 ↓
(10/10)東京大会開催

(2018年5月)優勝者が世界大会へ

※一次選考申し込みはこちらから
全日本マカロン協会のFacebookページ でも随時情報を更新しております!
お問い合わせはこちらまで。(info@macaron-association.jp)

優勝者はマカロンコンクールの
世界大会にご招待!

最優秀作品出品者は2018年5月に開催予定のマカロンコンクール世界大会にご招待します。
2017年に行われたフランス大会に日本代表として参加したのは、予選を勝ち抜いた早戸由紀さんでした。

2016年全日本マカロンコンクール(予選)の様子はこちら

2017年フランス世界大会の様子はこちら

審査委員ご紹介

日本でも、有名パティシエたちが名を連ねます。

江森宏之
菅又亮輔(Ryoura)
猿舘英明(Ma Priere)
上霜考二(Avranches Guesnay)
捧雄介 (Patisserie Yu Sasage)
金井史章(UN GRAIN)
中野慎太郎(Shinfula)
伊藤文明(Ppatisserie)
廣瀬達哉(VOISIN)

昨年の日本予選の様子

こちらは、昨年日本予選の審査の様子です。1つずつ試食して丁寧に評価をしています。
審査員のスターパティシエたちが一同に会し、表彰式が行われました。
優勝:早戸由紀さんの作品「マカロン カカオエット」
2位:木内文恵さんの作品「ほうじ茶 柚子」
3位:幸田聖子さんの作品「初秋」
審査員特別賞:隈部美千代さんの作品「ノエル」

おすすめ PICK UP!

トップへ