cotta column

かわいいひな祭りパンの作り方

date
2019/02/28
writer
ぷちみみん
category
パン作り

ひな祭りにぴったりのパン

もうすぐひな祭りですね。
今年は、食べられるかわいいひな人形のパンを作ってみませんか?

女雛の生地はいちご味、男雛の生地は抹茶味で作り、それぞれに粒ジャムを包んだひな人形パンをご紹介します。

色付けがある分、小物類は簡単に。
身近なものを使ってひな壇を作り、見た目にも楽しいパンに仕上げました。

ひな祭りパンの作り方


ひな人形パンの体部分は、以前ご紹介した「お月見うさぎパン」(コラム「かわいいお月見うさぎパンの作り方」)のようにセルクルリングを使って作ります。

パン生地を作る

材料

生地

  • 強力粉…130g
  • インスタントドライイースト…2g
  • 砂糖…13g
  • 塩…2g
  • はちみつ…5g
  • 牛乳…40g
  • 水…46g
  • 無塩バター…10g

色付け

  • いちごパウダー…小さじ1
  • 抹茶パウダー…小さじ1/2
  • 竹炭パウダー…小さじ1/8

下準備

  • 焼成用のセルクルの内側に離型油をたっぷりとスプレーする。
  • パン生地の仕込み水(牛乳+水)を合わせ、人肌に温めておく。

作り方

  1. 生地の材料を全て混ぜ合わせてこね、プレーン生地を作る。
  2. いちご生地分80g・抹茶生地分58g・竹炭生地分14gを取り分ける。
    いちご→抹茶→竹炭の順にそれぞれパウダーを加え、色付けしていく。

    いちごと竹炭パウダーはそのまま生地に、抹茶パウダーは小さじ1/2の水(分量外)でペーストにしてから混ぜ込む。

    むらなくこね上げる。
  3. ラップで仕切りをしてボウルに入れ、ぬれ布巾をかけて暖かいところでふっくらと2倍の大きさになるまで一次発酵させる。
    目安は35℃で30~40分間程。
  4. 生地を分割する。

    • 抹茶生地
      そのまま(58g)→男雛の体×1
    • プレーン生地
      6g取り分けたものを4分割→手1.5g×4
      残りの生地を2分割→顔×2
    • いちご生地
      60g取り分ける→女雛の体×1
      残りの生地20gを2分割→ぼんぼり10g×2

    • 竹炭生地
      10g取り分ける→女雛の髪×1
      残りの生地4gを2分割→男雛の髪2g×1、烏帽子2g×1

    それぞれ丸め直したら、全体にぬれ布巾をかけておく。

成形する

材料

  • 粒ジャムいちご…14g
おすすめのアイテム
cotta つぶジャム いちご 200g

作り方

  1. 体の生地(抹茶・いちご60g)はとじ目を上にして、円形に伸ばしたら粒ジャムを4gずつ包み、しっかりととじ目をとじる。

    粒ジャムは重なると溶けにくいので、まんべんなく広げ軽く押して埋め込み、生地の縁から巻き込むように中央に丸めていく。
  2. オーブンシートを敷いた天板に並べ、離型油をたっぷりとスプレーしたセルクルの中にはめる。
  3. 1と同様に顔生地(プレーン)にも粒ジャムを3gずつ包み、天板に並べる。
  4. ぼんぼり(いちご10g×2)は丸めたら、上からつぶしておく。
    烏帽子(竹炭2g×1)は楕円に伸ばしくるくると巻き、4cm程の長さに整える。
    手(プレーン1.5g×4)は丸め直す。
  5. 男雛の髪(竹炭2g×1)はめん棒で薄く伸ばし、4cm程の円形にする。

    女雛の髪(竹炭10g)も同様に薄く円形に伸ばし、生え際部分はV字にカットする。
    カットした生地も加えて、さらに薄く、8cm程に伸ばす。

    *発酵・焼成で生地が膨らむので、ぺったんこでOK。
  6. それぞれの頭に成形した髪をのせていく。
    きれいな面が顔になるように、髪の生地を引っ張りながら貼り付け、なじませる。
  7. 全てのパーツを成形したら、ぬれ布巾をかけ暖かいところで二次発酵させる。
    目安は35℃で15分間程。
  8. セルクル内の生地が7分目まで上がってきたら、オーブンを180℃に予熱しはじめる。
    予熱中はパン生地ののった天板ごと、オーブンの上に置いておく。
  9. 予熱完了後、セルクルの上にカットしたオーブンシートと重し(1kg程度)をバランスよくのせ、オーブンへ入れる。
    140℃で7分間焼成する。

    重し・オーブンシート・小さなパーツ(ぼんぼり・烏帽子・手)を取り出し、さらに8分間程焼成する。
  10. 焼き上がったらケーキクーラーの上で冷ます。

    セルクル型から生地を抜くときは、縁からはがすようにぐるっと一周押してから上下に振ると、スポンと抜けます。
    *うまく外れない場合は、焼成不足の可能性があります。

組み立てとデコレーション

材料

  • くるみ…1個
  • アーモンド…1個
  • 竹炭パウダー…小さじ1/4程度
  • 乾燥パスタ…1本
  • コーティング用ホワイトチョコ…3g
  • フードペンスキニーレッド…適量

道具

  • 発砲スチロール…1個
  • ロリポップスティック(10cm・黒)…2本
  • ペーパーナプキン(ピンク花柄または赤)…1枚
  • マスキングテープ…適量

作り方

  1. 接着用のおつまみパスタを作る。
    フライパンに少量のサラダ油(分量外)と二つに折った乾燥パスタを入れ、絡ませたら中火にかける。

    パスタが白っぽく色が変わってきたら、すぐに取り出しキッチンペーパーの上へ。
  2. ペーパーナプキンで発砲スチロールブロックを覆い、マスキングテープで留めて、ひな壇を作る。
  3. ロリポップスティックの先端をコーティングチョコにくぐらせ、逆さにしたぼんぼり生地を挿す。

    細筆を使い、水溶き竹炭パウダーで等間隔の縦線を8本引く。
  4. 女雛と男雛の顔に、水溶き竹炭パウダーを付けた箸や細筆で目や眉を描き、フードペンスキニーレッドで頬や口を描く。
  5. 5cm程の長さに折った乾燥パスタを溶かしチョコにくぐらせ、手と体を固定する。
    同じように烏帽子と男雛の頭を固定する。
  6. 女雛の頭にピックを挿す。
    ひな壇の後方にぼんぼりを挿し、前方に体をのせる。

    ピックやロリポップスティックは、100円ショップのものを使いました。
  7. 男雛に丸みを上にしたアーモンドを、女雛に扇状にカットしたくるみをコーティングチョコで固定し、手に持たせる。
  8. 体の上に頭をのせたら出来上がり。

「ひなまつりに♪ひな人形パン」の詳しいレシピページはこちら

かわいいひな祭りパンでひな祭りをお祝いしましょう

ひな祭りにぴったりの、かわいいひな人形パンをご紹介しました。
自由にアレンジしてお楽しみください。
幸せあふれるひな祭りになりますように。

【おすすめの特集】ひな祭りレシピひな祭りレシピ」の特集はこちら
date
2019/02/28
writer
ぷちみみん
category
パン作り

パンやお菓子作りが日々のリフレッシュタイム。おいしい・かわいい・たのしいモノが大好き。気軽に作れるかわいいパンやお菓子のアイディア。楽しみながら共有していけたら。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

旬の枝豆を使ったパンレシピ

枝豆でパンを作ろう! 鮮やかなグリーンが夏を感じさせてくれる枝豆の旬は7月から9月。今が真っ盛りです。 ビールのお供というイメージが強いですが、お料理メニューの幅も広いですし、いろんなバリエーションがいっぱいです。 今回 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。