cotta column

シフォンケーキのオイル選び Part2

date
2017/05/23
writer
chiyo
category
お菓子作り

こんにちは。chiyoです。
Part1の続きで、今回は実際に食べた時の感じなど個々のオイルを比較していきます。前回の表も参考に見てもらえたらと思いますのでこちらにも、貼っておきます。
 
%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e6%af%94%e8%bc%83%e5%9b%b33

焼き上がり比較結果

ココナッツオイル

20170519_chiyo_1
焼きあがった時はココナッツの香りがしっかり残っていました。
ココナッツフレーバーのシフォンには最適だと思います。ただ、他のフレーバーの時は不向き。かなりココナッツが主張しています。
 
作業性が悪かったのが難点。卵白とオイルの入った卵液を混ぜている際にシュワシュワと卵白の泡が消えていく感じがかなりあり、膨らみが心配になりました。
 
焼きあがった時の膨らみ自体は他のものとそれほど変わりなく膨らんではいたのですが作業に時間がかかると膨らみが悪くなる危険性が高いように思います。
食べた食感はしっとり感がありキメも均一で断面は綺麗でした。
 

ごま油

20170519_chiyo_2
お菓子にも最適と言われているだけあって何をとっても良かったかと思います。
香ばしい香りが感じられましたがフレーバーを邪魔する感じではないので、どんなシフォンケーキにも合いそうです。
 
しっかり膨らみ生地も均一に上がっていました。食べた感じはしっとりしていました。
※こちらは製菓用の無味無臭の白いごま油を使用しております。
 

サラダ油

20170519_chiyo_3
香りは無臭。生地のキメは少し粗めですが、伸びはよくしっかり膨らんでくれました。
しっとりしていてどちらかといえばさっぱり食べられる感じがします。
 

アーモンドオイル

20170519_chiyo_4
香りは少し甘い感じがしました。フレーバーを邪魔する感じではないので使いやすいかと思います。生地のキメは若干粗めなのかもしれませんが、気になる感じではないです。
しっとりしていて膨らみも十分ありました。他の生地より柔らかく感じました。
 

オリーブオイル

20170519_chiyo_5
香りは意外に無臭。焼くと香りは無くなりました。
膨らみがすごく良かったのですが生地のキメが荒く、焼き縮みが目立ちました。
食感も少しパサつき気味でした。
 

食用調理油1

20170519_chiyo_6
こちらのオイルは何種類かのオイルがブレンドされており乳化剤も入っていたので膨らみが心配でしたが1番膨らみました。そのかわり生地は粗めでパサつきも感じられました。
 

食用調理油2

20170519_chiyo_7
こちらはココナッツと同様、混ぜている時に卵白の泡が消えていくのを感じました。
出来上がった生地もモコモコという感じはなく生地自体にボリュームがなかったです。
 
焼き上がりも膨らみも悪く、生地もかなりしまった感じがありました。食べた時はパサついた感じはなくしっとりしていました。

シフォンケーキに最適なオイルは…

安心して作れて美味しく食べるには

ごま油」か「アーモンドオイル」がおすすめです!膨らみも十分にありますし、生地のしっとり感も抜群だと思います。
フレーバーのシフォンケーキの時も邪魔することのない程度の香りもお勧めポイントです。

お得に美味しく食べるには

20170519_chiyo_8
経済的な面も配慮するなら「サラダ油」がいいと思います。
お家でお料理に使っているオイルで作っても美味しく作れると思います。
 
ただし、加工油脂が主成分のものは卵白の泡を消すようですので、お菓子作りには不向きなのかもしれません。
贈り物でいただいたような揚げ物に魅力的なオイルで作る時は、表示を確かめた方が安心かもしれません。
 
作りたいシフォンケーキのフレーバーやその時求める食感などによってオイルを変えるのも楽しそうです。シフォンケーキ作りの参考になれば嬉しいです。

【おすすめの特集】シフォンケーキシフォンケーキの特集はこちら
date
2017/05/23
writer
chiyo
category
お菓子作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

matchiさん

2020/03/01 10:26

初めてお便りいたします。
素晴らしい研究ですね!大変参考になりました。
私の場合は、ベーキングパウダーは使わないレシピですが、
健康のためにn-3系の脂肪酸をどうしても使いたくて、ヘルシーリセッタを使っていますす。chiyoさんのおっしゃるとおりですね!
ただ、他の油と違って、焼き伸びしづらく、品良く焼き上がります。
(キノコ雲のようなシフォンになりませんし、ひび割れも少ないような!)
水分量も少し多めにして、油、水、卵黄、共に45℃まで上げて
乳化させております。
今回のレポートは、大変参考になりました。ありがとうございました。
今後もこのようなレポートをお願いします。

chiyoさん

2020/03/03 22:05

matchiさん
コメントありがとうございます。
matchiさんのお菓子作りの参考になって何より嬉しいです!またお役に立てるコラム書けるように頑張ります!!よろしくお願いします。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

ブルーベリーを使ったスイーツレシピ

ブルーベリーを使ってお菓子を作ろう! 今の時期は、大粒で甘くておいしい国産ブルーベリーを食べることのできる季節! ブルーベリーはそのまま食べるだけでなく、加工してもおいしい、優れものの果物なんです。 今回は、旬を迎えるブ ...

マフィン型で作る、お手軽キッシュレシピ

マフィン型でキッシュを作ろう お菓子作りをする方なら一度は作ったことがあるお菓子の代表、マフィン。 マフィンを作るにあたって必要となってくるのがマフィン型。 今回は、マフィン型で作るキッシュレシピをご紹介します。 おうち ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。