cotta column

世界のお菓子Part1~アメリカの旅

date
2017/07/06
writer
chiyo
category
お菓子作り

こんにちは。chiyoです。

日本の代表的なお菓子といえば、お饅頭、ようかん、大福などがあります。
では、他の国はどうでしょうか?

お菓子がもたらしてくれる幸せな時間は世界共通。
世界のホッと癒される定番お菓子を食べて、幸せを感じる旅に出てみたいと思います♪

初回は、アメリカです!
%e4%bb%8a%e5%9b%9e%e3%81%ae%e6%97%85%e3%81%ae%e7%9b%ae%e7%9a%84%e5%9c%b0
 
アメリカのお菓子は、素朴で気取らず、気軽に作れるのが何より良いところです!

今回は、「アメリカのお母さんの味チョコチップクッキー」「伝統菓子コブラー」「ハワイの定番マラサダ」の3つを紹介します♪
20170622_chiyo_10
 
では、太平洋を渡ってアメリカに行ってみましょう♪
new-york-1587558_1280

アメリカのお母さんの味、チョコチップクッキー

チョコを溶かさずに作った失敗から生まれた、といわれているクッキーです。レシピも各家庭に1つずつあるぐらい様々です。今回は、歯ごたえもしっかりあるクッキーの王道レシピを紹介します。
20170622_chiyo_6

材料

  • 薄力粉...100g
  • 卵...30g
  • バター...60g
  • 砂糖...40g
  • チョコチップクッキー...50g
  • ベーキングパウダー...小さじ1/2

20170622_chiyo_4

作り方

  1. ポマード状にしたバターに砂糖を加えて混ぜる。
  2. ほぐした卵を1に加えて混ぜる。
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振っておき、それを2に加えて混ぜる。
  4. チョコチップを加えて混ぜる。
  5. 鉄板にオーブンシートを敷き、その上に4の生地をスプーンでのせる。スプーンの背を水で濡らし、生地を軽く押さえ滑らかにする。
  6. 20170622_chiyo_5

  7. 予熱しておいたオーブンに入れて焼く。170度で20~25分焼いたら完成。
  8. 20170622_chiyo_6

アメリカの伝統菓子、コブラー

各家庭で気軽に作られ、季節によっていろんな表情を見せてくれるお菓子です。夏っぽくチェリーとブルーベリーをふんだんに使いました。桃やリンゴなどでもよく作られています。
20170622_chiyo_9

材料(16cm四方の正方形1台分)

  • バター...50g
  • ブラウン・シュガー...30g
  • グラニュー糖...20g
  • 薄力粉...50g
  • 牛乳...90g
  • ベーキングパウダー...0.5g
  • ブルーベリー...適量
  • アメリカンチェリー...適量
  • グランブル...適量

20170622_chiyo_7

下準備(クランブルを作る)

薄力粉50g、アーモンドパウダー20g、グラニュー糖20g、カソナード10g、バター20gをボールに入れ、指さきでほぐしながら混ぜあわせていく。
1cm弱の塊ができたら冷蔵庫に入れて冷やしておく。

作り方

  1. ボールにポマード状にしたバターを入れそこにグラニュー糖を入れよく混ぜる。
  2. 牛乳を少しずつ入れよく混ぜる。
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておき、2に入れ混ぜる。
  4. 3の生地を型に入れ、アメリカチェリー、ブルーベリーを好きなだけ入れる。チェリーは種を取っておく。
  5. 下準備で作ったクランブルを好きなだけふる。
  6. 20170622_chiyo_8

  7. 予熱したオーブンに入れて、170度で30~40分焼いたら完成。
  8. 20170622_chiyo_9

次は、ハワイにやって来ました♪
honolulu-1124096_1280

ハワイの定番おやつ、マラサダ

何をとっても笑顔になる、ハワイからは「マラサダ」という揚げパンを紹介します。フワフワで軽い食感。ほんのりシナモンの香り。食欲をそそられるお菓子です。
20170622_chiyo_3

材料

20170622_chiyo_1

  • 強力粉...100g
  • 薄力粉...100g
  • イースト...4g
  • 塩...2g
  • 砂糖...20g
  • 卵...1個
  • 牛乳...90g
  • ショート二ング...25g
  • 揚げ油...適量

作り方

  1. 材料を全てホームベーカリーや捏ね機に入れて捏ねる。
  2. ボールに移し、ラップをかけ常温で一次発酵。40分程度。2~3倍の大きさまでしっかり膨らませる。
  3. 7~8個程度に分割。
  4. ベンチタイム。15~20分。
  5. 軽く丸め直す。オーブンシートの上に1つずつおく。
  6. 二次発酵。40度で25分程度。
  7. 160度の油でオーブンシートごと油の中に入れていき、揚げる。
  8. 20170622_chiyo_2

  9. 揚がったらバットにあげ、油をきる。
  10. グラニュー糖やシナモンシュガーをお好みでふりかける(ビニール袋の中にシュガー類を入れておきその中にパンを入れて、振るとやりやすいです)。
  11. 20170622_chiyo_3

ハワイの定番 マラサダの詳しいレシピはこちら

旅の振り返り

いかがでしたか?アメリカに思いを馳せながら作って、食べたらより楽しくなると思います!
次回は、アメリカを南下して、南米・アフリカ・ヨーロッパの旅に行ってきます♪

date
2017/07/06
writer
chiyo
category
お菓子作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

クグロフ型で作るXmasバターケーキレシピ

クグロフ型でクリスマスにぴったりなお菓子を作ろう 「クグロフ」はアルザス地方を代表する伝統菓子の一つ。かわいい帽子のような形のクグロフ型で焼き上げる、マリー・アントワネットも愛したといわれるお菓子です。 レーズン入りのブ ...

サクサク!イギリス風ショートケーキレシピ

「ショートケーキ」のイメージは? 「ショートケーキ」といえば、どんなケーキを想像しますか? フワフワしっとりのスポンジと生クリームが層になっていて、いちごが飾ってあるものを思い浮かべる方が多いかと思います。 でも、そのケ ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。