cotta column

発酵バターとは?いつものバターとの違いも解説♪

date
2020/07/29
writer
めぐみ
category
お菓子作り

発酵バターについて詳しく知ろう!

皆さんが普段手に取るバターは、どんなバターでしょう。
そのバターには、「発酵」の文字は入っていますか?

今回は、あまりなじみのない「発酵バター」についてご紹介。

  • 発酵バターってどんなもの?
  • いつも使ってるバターとの違いは?
  • どんなお菓子に使えるの?

おすすめレシピと共に、発酵バターの魅力をお教えします!

発酵バターとは


発酵バターとは、原料のクリームに乳酸菌を加え、時間をかけてゆっくりと発酵させたバターのこと。

日本で販売されているバターは、非発酵のものが主流。
一方発酵バターはヨーロッパが発祥とされ、古くから親しまれているバターなのです。

おすすめのアイテム
発酵バターの一覧

発酵バターの特徴は?非発酵バターと違い


発酵バターと非発酵バター、見た目の違いはほぼありませんね。
非発酵バターとの違いが表れるのは、その香りや味。

発酵バターは、乳酸を添加して発酵させている分、コクが深まり独特の風味が増しています。
特に、バターのクリーミーさにヨーグルトやチーズのような爽やかな酸味が足された味は、大きな特徴といえるのではないでしょうか。

香りや酸味がプラスされることでバターの風味が強まるので、シンプルにパンに塗って食べてもおいしいバターに。
発酵バターを塗るだけで、いつものパンがワンランクアップした一品になりますよ♪

発酵バターの注意点

発酵バターは非発酵バターと比較して鮮度が落ちるのが早いため、いったん開封したら早く使い切るようにしましょう。

小分けにして冷凍しておくのも良いですね。
その場合も、1か月ほどを目安に使い切るとおいしく楽しめます。

発酵バターで作るおすすめのお菓子

バターはお菓子に欠かせない材料ですよね。
発酵バターの独特な風味を生かすには、バターを多く使用するお菓子に使うのがおすすめです。

サブレ・マドレーヌ・パイ・フィナンシェなど、シンプルな焼き菓子が◎
フレーバーを付けないプレーンなレシピだと、発酵バターの風味がより生かせます。

発酵バターを使うことにより、リッチで芳醇な味わいの高級感溢れるお菓子に♪

発酵バターで作る ガレットナンテのレシピ

発酵バターで作るのがおすすめのお菓子レシピをご紹介します。
アーモンドプードルも使用した、ぜいたくなガレットナンテのレシピです。

材料(直径6cmの菊型14枚分)

  • 発酵バター…80g
  • 粉糖…40g
  • 塩…0.5g
  • アーモンドプードル…45g
  • 薄力粉…90g
  • 卵白…7g
  • 卵黄(塗る用) …10g

下準備

  • 発酵バターを1cmほどの角切りにして冷蔵庫に入れておく。
  • 卵は卵黄と卵白に分け、卵黄は表面が乾燥しないようにラップをする。

作り方

  1. 粉糖・塩・アーモンドプードル・薄力粉を混ぜてボウルにふるい入れる。
  2. 角切りにした発酵バターを1に入れ混ぜ、粉をまぶす。
  3. 卵白を入れ、全体に混ぜる。
  4. フードプロセッサーに入れ、粉がなじみそぼろ状になるまで回す。
  5. ラップに広げて押さえながらまとめ、冷蔵庫で2時間ほど休ませる。
  6. 冷蔵庫から出して、上から押すようにして生地を少しやわらかくする。
  7. 生地を5mmの厚さにのばし、6cmの菊型で抜く。

  8. *余った生地はもう一度のばし、抜いてください。

  9. 抜いた生地を冷蔵庫で冷やし固める。
  10. *生地がやわらかいと深く模様が入り、線が太くなってしまいます。ここで冷やし固めるのがきれいに仕上げるポイントです。

    シルパンが冷蔵庫に入らなければ、ラップを敷いたバットなどにのせてもOK。

  11. はけで卵黄を薄く塗る。
  12. *カラザや卵黄の膜が入らないよう注意。

  13. もう一度卵黄を薄く塗る。
  14. フォークで模様を付ける。
  15. *力を抜いてスーッと引く感じで。均一に力を入れて、浅めの線を入れましょう。

  16. 170℃に予熱をしたオーブンで20〜25分間を目安に、しっかりと焼き色が付くまで焼成。
  17.  
    *途中15分たったら、天板を180度回転させ焼きムラを防ぎましょう。
    オーブンによって焼き時間が異なるので、様子を見てください。

  18. 出来上がり♪

「ガレットナンテ」の詳しいレシピページはこちら

おすすめラッピング

発酵バターの香りが広がる見た目にもかわいいクッキーは、ラッピングすればプレゼントにもぴったり♪

「麻紐を使ったガレットナンテのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

リッチな味わいの発酵バターを楽しんで

いつものバターと置き換えれば、リッチな味わいが楽しめる発酵バター。

日本ではあまりなじみのなかった発酵バターも、今はいろんなメーカーが取り扱っています。
機会があれば、ぜひ試してみてくださいね。

【おすすめの特集】クッキー缶クッキー缶の特集ページはこちら
date
2020/07/29
writer
めぐみ
category
お菓子作り
めぐみ

小さい頃からお菓子作りをはじめ、製菓専門学校に進学し製菓衛生師の資格を取得。

現在は、家庭でお菓子作りを楽しんでいます。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。