cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

りんごで作ったバラが華やか♪アップルローズマフィンのレシピ

date
2021/01/08
writer
misa
category
お菓子作り

華やかにかわいく♪りんごのバラを作りましょう

りんごで作ったバラがのったマフィンは華やかでかわいらしく、おもてなしや贈り物にもぴったり♪

今回は、りんごのバラ(アップルローズ)を上手に作るコツをご紹介。
マフィンの上できれいなバラを咲かせましょう!

アップルローズマフィンのレシピ(6個分)


まずはりんごの仕込みから。冷めなければ使えないので、早めに準備しておきます。
マフィン6個分で、りんごは2個。紅玉がおすすめです。

アップルローズ用のりんごを仕込む

材料

  • りんご…半割り3つ
  • グラニュー糖…8g×3
  • レモン汁…小さじ1/2×3

作り方

  1. 種をくり抜いて芯を取る。
  2. *くり抜き器がない場合は、4等分にして種を切り取ってください。

  3. 3~4mm幅にスライスする。
  4. 耐熱皿に少しずらして並べる。
  5. 半割り1個につきグラニュー糖8g、レモン汁小さじ1/2をかける。

  6. ふんわりラップをして、500Wのレンジで4分半~5分間加熱。煮汁がふわっと沸いたらOK。
  7. レンジから出し、ラップをりんごの表面にぴったりとくっつけ常温でしっかり冷ます。

ポイント

きれいなアップルローズにするための仕込みポイントが3つあります。

1.薄くスライスしすぎない
りんごのスライスが薄すぎると、マフィンにのせて焼いたときにあまりきれいになりませんでした。
3~4mmの厚さにそろえるのが理想的。

2.レンジでの加熱具合を見極める
アップルローズ作りは、りんごの加熱具合が最大のポイントかもしれません。

加熱が足りないと芯が残り、この後の成形がうまくいかない原因に。
逆に加熱し過ぎると、すぐにちぎれたり、きれいに形を作って生地に埋め込むことができなかったりするので気を付けて。

透け感のある状態になればOKです。

3.ラップを密着させて冷ます
レンジで加熱したりんごは、ラップを密着させて冷ましましょう。
ラップを密着させることで、シロップが行き渡った状態で冷ますことができます。

透けてない部分があっても、シロップの余熱でやわらかく扱いやすくなりますよ。

りんごとレーズンのソテーを仕込む

材料

  • りんご…半割り1つ
  • バター…5g
  • レモン汁…小さじ1/2
  • レーズン…20g

作り方

  1. りんごの皮を剥き、8mm角程度に刻む。
  2. バターを熱したフライパンにりんごとレモン汁、レーズンを入れ、しんなりするまで中火で炒める。
  3. バットなどに出して、完全に冷ます。

マフィン生地を作る

材料

  • バター…50g
  • きび砂糖…40g
  • 塩…ひとつまみ
  • 卵…45g
  • 薄力粉…55g
  • ベーキングパウダー…0.6g(約小さじ1/8)
  • 牛乳…20g
  • アーモンドパウダー…20g
  • クリームチーズ…18g

レシピページを参考にマフィン生地を作り、型に入れておく。

アップルローズを組み立ててのせる

作り方

  1. 冷ましておいたりんごを8枚用意し、2/3程度重ねながら1列に並べる(厚みやりんごの大きさにより枚数は調整を)。
  2.  
    *水分(シロップ)がついていると、すべって巻きにくかったり生地が水っぽくなったりなどの問題が。手間でも、キッチンペーパーで吸い取るのをおすすめします。

  3. 端から巻いていく。
  4.  
    *中心に空洞ができる原因になるので、巻き始めは小さくするのがポイント。
    なるべく緩まないように巻いて、後から形を整えたほうがきれいにできると思います。

  5. 最後まで巻いたら立てる。
  6. 6個分全て巻く。
  7. *先に形を作っておくと、後の作業がスムーズ。

  8. アップルローズをマフィン生地にのせ、そのまま押し込む。
  9.  
    ここがポイント!
    形が崩れないように指先でしっかりホールドしてマフィンにのせ、そのまま生地の中に押し込んで!指先も生地に少し埋まるような感じまで。

    ただのせるだけだと、焼いているときに傾いたり飛び出たりと、きれいに焼き上がりません。多少つぶれても、この後形を整えれば大丈夫♪

  10. 花びらが閉じていれば、開いて整える。
  11. オーブンで18~20分間焼く。
  12. ガスオーブンの場合:予熱180℃→焼成170℃
    電気オーブンの場合:予熱200℃→焼成180℃

  13. 型から出す。
  14. *竹串2本を使って、グラシンカップごとつまみ出すのがおすすめ。
    重みがあるので高く持ち上げるのはNG。マフィン型の上面まで出てきたところを左手で支えてください。
     
    熱いうちはとても壊れやすいので気を付けて。

  15. 出来上がり。
  16. 温かいうちからおいしいアップルローズマフィン。溶けない粉糖を振ると、雰囲気がまた変わりますよ♪

    断面はこんな感じに♪

マフィン生地の作り方も詳しく記載した「アップルローズマフィン(レーズン&クリームチーズ)」のレシピページはこちら

かわいいアップルローズマフィンを楽しんで♪

パッと目を引くかわいいマフィン◎
きれいなバラを咲かせるためにいろいろ試してみて、私なりのポイントをご紹介しました。

ぜひお試しください!

【おすすめの特集】マフィンレシピマフィンレシピの特集はこちら
date
2021/01/08
writer
misa
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

スイーツ好き、おしゃべり好き♡お菓子教室の講師は天職だと最近感じています(笑)少しでもお役に立てるお話が出来たら嬉しいです♪

この記事にコメントを書く

コメントを残す

最初に選ぶならこれ!おすすめの口金3選

口金、どれを選ぶ? お菓子作りでは、「絞る=口金を使う」シーンがたくさんあります。 口金の種類は驚くほど多く、最初に何を選んだらいいのか悩みませんか? レシピ指定の口金を用意しなければならないこともありますが、今回は「と...

フレームクッキー片手におでかけしよう

ぽかぽかした陽気に誘われ、外に出てお散歩やピクニックをしたくなりませんか? 今日は「お出かけのお供」にしたくなるようなおやつをご紹介したいと思います! フレームクッキーをもって写真を撮ろう 今回、紹介するおやつは「フレー...

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

製菓・製パン材料・調理器具の通販サイト【cotta*コッタ】は、あなたのお菓子・パン作りを応援しています。