cotta column

OPP袋とガス袋の違い

date
2021/07/20
writer
わかな
category
お菓子作り

OPP袋とガス袋の使い分け方

お菓子をラッピングする際、どんなデザインの袋にするか迷いますよね。

ラッピングに使える袋には、デザインだけでなくいろいろな素材があり、目的に応じて選ぶことが大切。
「OPP袋」や「ガス袋」と名前に付いているアイテムを見たことはありませんか?

今回は、OPP袋とガス袋の違いについて解説。どちらのタイプにもさまざまなデザインがあるので、その一部をご紹介します。

OPP袋とは


OPP袋とは、多くのお店で商品の包装に使用されている透明な袋。
「Oriented Polypropylene(二軸延伸ポリプロピレン)」と呼ばれる素材でできています。

透明度が高く、パリッと張りがあるので引っ張っても伸びず、シワにもなりにくいのが特徴。
単価が安いのも魅力です。

どんなお菓子に向いてる?

透明度が高いOPP袋は、焼き色やデザインを見せたいお菓子やパンにぴったり。

焼き色を楽しみたいスコーンなどを入れれば、ナチュラルな雰囲気に。
柄のないOPP袋なら、どんなシールやリボンを使っても邪魔しません。

OPP袋は酸素を通してしまうので、脱酸素剤の使用は×

シーラーでしっかり留めれば乾燥剤なら使えますが、長期間おいしさをキープしたい場合は、ガス袋を使うのがおすすめです(薄手のOPP袋は、シーラーを使うと溶けてしまうこともあるので注意が必要)。

基本的には、すぐに食べてもらえる場合に使うとよいでしょう。

おすすめOPP袋

シンプルな透明のOPP袋には、テープ付きとテープなしがあります。

テープ付きは、フィルム部分を剥がせばペタっと貼れ、すぐにラッピングできるのがよいところ♪(密封はされないのでご注意ください)

一般的には、柄なしのものが多いOPP袋。cottaなら、かわいいオリジナルデザインのOPP袋もありますよ。

どの柄もとてもかわいく、入れるだけでぱっと華やかな印象に♪
プレゼントするシーンにあわせ、柄を選ぶのも楽しそうです。

おすすめのアイテム
OPP袋の一覧はこちら

ガス袋とは


ガス袋とは、食品を直接入れることのできる袋の中でも、酸素が透過しない処理を施した袋。

脱酸素剤などの鮮度保持材を入れてシーラーで密封することによって、お菓子の鮮度を保ち、おいしさを長持ちさせることができます。

どんなお菓子に向いてる?

ガス袋は、酸化することでおいしさが落ちてしまうお菓子にぴったり。
バターたっぷりのクッキーを鮮度保持剤と一緒にシーラーで密封すれば、サクサクした食感とおいしさを維持できます。

何日間か保存するお菓子や、贈り物のお菓子に◎

おすすめガス袋

無地のものにはクリアタイプとマットタイプがあり、同じお菓子でも印象が変わっておすすめ。

cottaには、オリジナルデザインのガス袋が数多くあるので、お菓子の種類によって柄を変えるのもよいですね。

ハロウィンやクリスマスなど、イベントにぴったりな季節感あるデザインも♪

シーラーで留めることができるジップ付きタイプは、保存に便利です。

おすすめのアイテム
ガス袋の一覧はこちら

まとめ

同じように見えても違いがあるOPP袋とガス袋。使い分けの目安はご理解いただけたでしょうか。

すぐに食べてもらえる場合や、シーラーがない場合は、OPP袋でもOK!
鮮度保持剤を使用する場合は、ガス袋を選んで、必ずシーラーもセットで使いましょう。

どちらもさまざまなデザインがあるので、好みに合うものを選んでいただけますよ。

【おすすめの特集】cottaオリジナルガス袋cottaオリジナルガス袋の特集はこちら
date
2021/07/20
writer
わかな
category
お菓子作り

お菓子作りと猫と写真が大好きです!趣味でお菓子作りをしています。
美味しく可愛く笑顔になれるお菓子を目指しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

マフィン型で作る、お手軽キッシュレシピ

マフィン型でキッシュを作ろう お菓子作りをする方なら一度は作ったことがあるお菓子の代表、マフィン。 マフィンを作るにあたって必要となってくるのがマフィン型。 今回は、マフィン型で作るキッシュレシピをご紹介します。 おうち...