cotta column

デコレーションケーキの切り方、カットのコツ教えます

date
2021/12/23
writer
misa
category
お菓子作り

デコレーションケーキをきれいに切りたい!

お祝いやおうちパーティーのために購入したデコレーションケーキ。せっかくなので、きれいにカットしたいですよね。

今回は、飾りつけされたケーキを少しでもきれいにカットできるよう、ちょっとしたコツをご紹介します。

ケーキをカットする前に

まず、飾りパーツを取り除きます。

包丁が通る部分にフルーツやチョコプレートなど飾りパーツがある場合は、先に全て取ってしまいましょう。

フルーツの薄切りのように切りやすいものは、そのままで大丈夫です。

等分に印を付ける方法

等分器を使用せず、等分にマーキングする方法をいくつかご紹介します。

トレーを活用する

ケーキのトレーには、ガイドが付いているものがあります。

こうしたトレーの場合は、ガイドに合わせてケーキに印を付ければ楽ちん。

ケーキの角に、包丁やパレットナイフで軽く印を付けましょう。

ガイドになるものを活用する

カッティングボードにはさまざまなガイドが付いたタイプがあり、カットするのにとっても便利♪(100均にもあります!)

カッティングボード以外でも、cottaさんのペストリーボードやパンこねマットには8等分のガイドが付いています。

刃物が使える素材なら、そこへケーキをのせてカット。傷が付くと困るものなら、中心を合わせてトレーごとのせ、印だけ付ければOK。

トレーより大きな紙でガイドを作る

紙を折って、折り線をガイドにすることも可能です!

例えば6等分であれば、半分に折った紙を画像(左)のように重ねて3等分に折るだけ。

広げた紙にトレーごとのせ、印を付けます(下の画像は、A4の紙に5号ケーキ)。

折るのが難しいカット数のときは使えませんが、数によってはささっと折るだけなのでとっても簡単です。

絞りをガイドにする

周囲に同じ絞りが繰り返されている場合に使える方法も。

絞りの数を人数で割って、「絞り○個分で1人分」というようにざっくりな目安にできます。

ケーキをトレーから移動させる方法

トレーからケーキを移動させるのは、実はとっても簡単。

あればパレットナイフを使用し、なければお好み焼きのヘラ、安全に考慮していただければ包丁でも可能です。ケーキの中心近くまで差し込めるサイズの物であれば、代用可能かと。

移動の流れを画像でチェック

  1. トレーの縁を軽く持ち上げて隙間を作り、そこへパレットナイフなどを差し込みます。
  2. そのまま、トレーから滑り出すように移動させます。
  3. この時、トレーは反対側へ引いていくとよりスムーズです。

  4. トレーが引き抜けたら、パレットナイフを抜きます。

パレットナイフの下から手を差し込んで、ケーキを完全に持ち上げることもできますが、ほとんどの場合、滑らせるだけで移動できると思います。

長い包丁を使ったカット方法

カットの際、気をつけたいポイントが3つあります。

ポイント1.包丁を温める
クリームを軽く溶かすように切ると、断面がスパッときれいに仕上がります。

ポイント2.包丁についたクリームやスポンジくずを拭き取る
刃が汚れたままカットすると、ケーキの表面に全て付いてしまい、とても汚く見えます。

カットする度、拭き取ってください。

ポイント3.刃は斜めに、力を入れず、押し切らない
ケーキに対して包丁を平行に当てると、切り進めにくくなります。

必ず包丁の先端から斜めに入れ、包丁の重みを使って滑らせるように切ってください。
包丁の長さが足りなければ、前後に引きながら徐々に切り進めましょう。

真下に力をかけがちですが、刃が斜めに入っていれば力は不要です。
力で押し切ると、つぶれたりスポンジがガサガサになったりと、断面がきれいになりません。

カットの流れを画像でチェック

使用しているのは、きれいにカットできることに定評のある「VICTORINOX ウェーブナイフ」。画像は25cmのものですが、刃が薄くて適度な重みもあり、とてもカットしやすくおすすめです。

  1. 包丁はお湯で温め、水気を取ります。
  2. *直火で温めてもOKですが、熱し過ぎに注意!

  3. 刃を斜めに入れていきます。
  4. 少し引いて、さらに前に。
  5. *終始小刻みに動かしてもOK。

  6. 半分ずつ切る場合は、下まで切り終えた包丁でそのまま片側をずらします。
  7. 切りやすい向きにカッティングボードを動かし、1つずつカットします。

  8. お皿に取り、外しておいた飾りを分けて飾れば完成です!

短い包丁を使ったカット方法

始めに半分にできない等分の場合や、トレーのままカットする場合は、1カット分ずつ切ることになりますね。
その際は、ペティナイフのような小さな包丁を使うと切りやすいと思います。

ケーキの中心から切り進める以外、長い包丁を使う場合とポイントは同じ。耐熱カップなどにお湯を入れ、包丁を温めると便利ですよ。

カットの流れを画像でチェック

  1. 温めた包丁の刃を斜めに入れていきます。
  2. 中心から奥には進まないよう、小刻みに前後させます。
  3. お皿に取り、外しておいた飾りを分けて飾れば完成です!
  4. ここでは全て切ってからお皿にのせていますが、1つ切るごとにお皿に取ってもOK。

カットも楽しんで!

デコレーションケーキをきれいにカットするためのコツ、いかがでしたか?

カットがきれいだと、よりおいしそうに見えますよね♪
カット工程も楽しんで、おいしく召し上がってください。

【おすすめの特集】ショートケーキレシピショートケーキレシピの特集はこちら
date
2021/12/23
writer
misa
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

スイーツ好き、おしゃべり好き♡お菓子教室の講師は天職だと最近感じています(笑)少しでもお役に立てるお話が出来たら嬉しいです♪

この記事にコメントを書く

コメントを残す

TAPICOで作る、冷たいチェーレシピ

暑い夏にぴったりの冷たいチェー チェーはベトナムのスイーツ。 ベトナムは南北に長い国のため、食べる場所によってチェーもスタイルが変わってきます。 以前、【TAPICOで作る、ベトナムスイーツ「チェー」】のコラム記事で、北...

練り切りで楽しむお月見

お月見に練り切りを作ろう! 今回のテーマは、『お月見』です。 よく知られている『十五夜』は、別名『中秋の名月』ともいいます。 秋の真ん中の月、という意味なんですね。 2018年は、9月24日がその日に当たります。 ちなみ...

白いお菓子と黒いお菓子

見た目もお菓子の美味しさのカギ お菓子って味も大切だけど、見た目!これもかなり重要。 美味しさのカギを握っていると思うんです。   ショートケーキにいちご。そこにミントの葉なんかがあった時には、爽やかで可愛いお...