cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

フラットブレッドのレシピ【イーストなし&フライパンで簡単!】

date
2022/09/08
writer
Sakiko
category
パン作り

イーストなしの時短パン♪フラットブレッドを作ろう

シンプルな配合の生地を平らにのばしたパン、フラットブレッド。

この生地は、具材を挟んだり、のせたり、包んだり、1つのパンでいろいろな楽しみ方ができる万能パンです。

今回は、オーブンを使わずフライパンで焼けるフラットブレッドの作り方をご紹介。
おすすめのおいしい食べ方もお教えします。

フラットブレッドとは

フラットブレッドとは、「フラット=平ら」というその名のとおり、平たい形が特徴のパンです。

パンの歴史を遡ると、紀元前4000年頃に粉と水を混ぜて作った生地で平焼きパンを焼いたのが始まりといわれています。
この平焼きパンが各地に広がり、今でもいろいろな形や材料で作られ、世界中で食べられているんですね。

日本で身近なフラットブレッドといえば、イーストを使わず作る無発酵パンのインドのチャパティやメキシコのトルティーヤ。発酵させて作るパンなら、ナンやピタパン、ピザ生地など。
皆さん、一度は食べたことがあるのないでしょうか。

特に無発酵パンは、食べたいときにすぐにできるとっても便利なパン。サンドイッチやピザ台などとして、幅広く楽しめます。

フライパンで焼くフラットブレッドのレシピ

おうちでも手軽に作れるように、イーストを使わず、フライパンで焼き上げるフラットブレッドのレシピをご紹介します。

材料(6枚分)

  • 強力粉…100g
  • 薄力粉…100g
  • ベーキングパウダー…8g
  • 塩…4g
  • 水…110g
  • オリーブオイル…30g

オイルはオリーブオイルを使いましたが、米油・太白ごま油・サラダ油など、他の植物油でも構いません。

作り方

  1. ボウルに強力粉から塩までを入れて軽く混ぜ、水とオイルを加える。
    粉気がなくなるまでスケッパーで混ぜ合わせる。

  2. 台に取り出し、表面がなめらかになるまで7~10分間こねる。
    *こね作業は、ホームベーカリーやニーダーを使ってもOKです。

  3. 6等分にカットして丸め、乾燥しないようにぬれ布巾をかけて20分間休ませる。

  4. めん棒で直径15~17cmの円形に薄くのばす。
    *生地が台にくっつきやすいので、打ち粉をしながらのばすとやりやすいです。

  5. フライパンを熱する。
    *油を引かずに生地を焼くので、テフロン加工などのフライパンがおすすめ。

  6. 生地が焦げないように火加減を中火にし、片面1分間ずつ(計2分間)焼く。

    ここがポイント
    こんがり焼き色が付いてきたらひっくり返し、両面焼きます。
    途中生地が膨らんできたら、焼きむらができないようにフライ返しで押さえながら焼いてください。

  7. こんがり焼き色が付いたら完成!

  8. 焼き上がった後は、乾燥しないように布巾に包んで冷ます。

あっという間に焼き上がるので、焼いているうちに次の生地をのばす!を繰り返しながら進めていくと、効率よく作れます。

発酵不要で簡単!フラットブレッドのレシピ」の詳しいレシピページはこちら。

ソフトな仕上がりにするための4つのポイント

時間が経ってもかたくならず、しっとりソフトなフラットブレッドを作るポイントは4つ!

ポイント1.強力粉と薄力粉をブレンドして作る

強力粉で、ふんわり程よい弾力のある生地に。
薄力粉で、のばしやすくサクッと軽い食感に。

2つの小麦粉をブレンドすることで、扱いやすく食べやすい生地になります。

ポイント2.生地を休ませる

分割後に生地を休ませることで生地が緩んで、薄くのばしやすくなります。

ポイント3.高温・短時間で一気に焼く

フライパンが温まっていなかったり、火加減が弱かったりすると、焼き時間がかかって水分が飛んでしまい、かたい焼き上がりになってしまします。

熱々に温まったフライパンで短時間で焼くと、ソフトで香ばしく焼き上がります。

ポイント4.焼き上がったら布巾に包んで冷ます

薄い生地は乾燥しやすいので、温かいうちに布巾に包んで保温・保湿。

冷めてもかたくならず、やわらかさを保った食べやすい生地なります。

フラットブレッドの保存方法

フラットブレッドは冷凍保存が可能です。
1枚ずつラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍してください。

食べる分だけ取り出し、室温で解凍。
電子レンジ(600W)で20秒間ほど温めると、焼きたてに近いおいしさになります。

おすすめのおいしい食べ方

フラットブレッドは、具材を挟む・包む・巻く・のせる・焼くなど、活用法が無限大!

野菜やお肉を包んでラップサンドに♪

シンプルな生地は、いろいろな食材と組み合わせが可能。
トマトやアボカドなど色とりどりの野菜を包めば、見た目も華やかな自分好みのサンドイッチが完成します。

ペーパーでクルッと巻くと、ワンハンドで気軽に食べられますよ。

好きな具材をのせてピザ風に♪

野菜やチーズをたっぷりのせて楽しむサラダピザ

具材をのせ、お好みのドレッシングやマヨネーズをかけるだけ。

思い立ったらすぐに作れるヘルシーピザは、野菜のシャキシャキとした食感とソフトな生地がベストマッチ!
1枚で食べ応えもありながら、さっぱり食べられます。

トーストして本格クリスピーピザ

ピザソース・野菜やベーコン・チーズをトッピングし、4~5分間トースト。
さらに焼くことで生地がサクッとなり、軽いテイストのピザになります。

好みの具材でフラットブレッドを楽しもう!


フラットブレッドには、いろいろな配合や形、焼き方があり、それぞれ特徴があります。

今回ご紹介した生地は発酵不要で作り方も簡単!手軽で時短、食べたい時にすぐに作れる便利な生地です。

具材を変えて、お好みの食べ方でお楽しみくださいね。

date
2022/09/08
writer
Sakiko
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

シンプルな材料で作るパンが好き♡時々お菓子も♡
ちょっとしたコツでグッと美味しくなるパン作りをお伝えしています。
おうちでもワンランク上のパンを♪

少人数制のパン教室、fleurirpanを主宰しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

パンが腰折れしてしまうのはなぜ?

パンの腰折れについて考えよう パン作りには、発酵不足・過発酵・クープが開かないなど、さまざまな問題があります。 私も今までパン作りをしてきて、思ったような仕上がりにならず何度も頭を抱えてきました。 その中でも特に難しく感...

自家製バナナ酵母から作るパンレシピ

自家製酵母でパンを作ろう! パン好きならよく耳にする「自家製酵母のパン」を、身近な果物のバナナを使って起こした酵母で作ってみませんか? 今回は、自家製バナナ酵母の起こし方や使い方、パンのレシピをご紹介します。 自家製酵母...

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

製菓・製パン材料・調理器具の通販サイト【cotta*コッタ】は、あなたのお菓子・パン作りを応援しています。