cotta column

クリスマスだけじゃない!夏のシュトーレンレシピ

date
2018/07/09
writer
よーちんママ
category
パン作り

サマーシュトーレンを作ってみませんか?

シュトーレン、おいしいですよね。クリスマスシーズンではなくても食べたい!と思っている方も多いはず。
そんな方におすすめなのが、サマーシュトーレン。

冬のどっしり濃厚なシュトーレンと違い、中に入れるフルーツは南国フルーツなどをベースにし、少し軽めに仕上げるのがポイントです。

今回は、夏にも食べやすい爽やかなシュトーレンをご紹介したいと思います。

サマーシュトーレンの作り方(長さ15cmの大きさ3本分)

漬け込みフルーツを作る

材料

  • ドライマンゴー…30g
  • ドライピーチ…30g
  • ドライアプリコット…30g
  • オレンジピール…30g
  • アーモンド…30g
  • キルシュ…20ml

*フルーツの割合はお好みでOK。

作り方

  1. フルーツは大きさをそろえて小さくカットする。
  2. アーモンドは160℃のオーブンで10分間から焼きし、小さくカットする。
  3. フルーツとアーモンドにキルシュをふり、よくなじませて一晩置く。

フルーツは、パイナップルやレモンピールなどのかんきつ系もおいしいと思います。
ナッツは、油分の多いくるみを入れずに、アーモンドのみにしました。
ラム酒漬けフルーツを使うことの多いシュトーレンですが、夏なのでさっぱりとキルシュを使用。お好みでコアントローなどでも。

中種を作る

シュトーレンはドライフルーツやバターがたっぷり入るので発酵が遅くなります。
中種を先に発酵させておくことで発酵力が上がり、ふっくらとした生地を作ることができます。

材料

  • 準強力粉…80g
  • 耐糖性ドライイースト…3g
  • 牛乳…60ml

作り方

  1. ボウルに準強力粉とドライイーストを入れ、人肌に温めた牛乳をイーストめがけて入れる。
  2. 生地をまとめて、5分ほどパンマットの上でこねる。
  3. こね上がったら丸くまとめ、ボウルにラップをして30℃で30分間発酵させる。
  4. *夏場なので室温でも発酵します。

本こねをする

材料

  • 準強力粉…140g
  • ココナッツファイン…30g
  • 耐糖性ドライイースト…3g
  • 牛乳…10ml
  • 細目グラニュー…糖30g
  • 塩…3g
  • 卵黄…15g(Mサイズ1個)
  • 無塩バター…100g
  • 中種
  • 漬け込みフルーツ

作り方

  1. 無塩バターは室温に戻して、やわらかい状態にしておく。
  2. 人肌に温めた牛乳にドライイーストを入れて、よく溶いておく。
  3. ボウルにバターを入れてクリーム状にし、グラニュー糖と塩を加えて混ぜ、卵黄を入れて混ぜる。
    牛乳で溶いておいたイーストと粉を入れ、ゴムベラで切るように混ぜていく。
  4. 粉気がなくなったら中種をちぎって入れ、まとまるまでこねる。
    パンマットの上に出し、5〜10分間こねる。
  5. 生地を平らにして漬け込みフルーツをのせ、何度か折りたたみながら全体に行き渡らせる。

  6. ボウルに生地を入れてラップをかけ、30℃で45分間発酵させる。
  7. 三つに分けて丸め、ベンチタイムを15分間。
  8. 15cmくらいの円に伸ばし、折り返すところをめん棒でぐっと押さえてから折りたたむ。
  9. *下の部分が少し出るようにずらして折りたたむのがポイントです。

  10. 天板の上にのせて、30℃で45分間発酵させる。
  11. 180℃に予熱しておいたオーブンで30分間焼成。
  12. *焼成温度、時間はご家庭のオーブンに合わせて調整ください。

仕上げ

材料

  • 無塩バター…50g(溶かしておく)
  • 粉糖…適量
  • なかない粉糖…適量

作り方

  1. シュトーレンが焼き上がったら熱いうちに溶かしバターをはけで塗る。
  2. 粉糖を全体にまぶす。
  3. *側面や裏面も忘れずに。

  4. 完全に冷めたら、なかない粉糖をふりかける。
    きっちりラップをしてフリーザーバッグに入れて冷蔵庫で保存する。

「サマーシュトーレン」の詳しいレシピページはこちら

食べ方・保存方法

シュトーレンは冬場であれば常温保存で良いのですが、夏場はカビや食中毒などが気になります。
きっちりとラップに包み、フリーザーバッグなどに入れて冷蔵庫で保存してください。冷蔵庫から出し、薄くカットして食べます。

冷たいアイスコーヒーとよく合います♪

また、冷蔵庫ではなく冷凍庫で保管するのもおすすめ。バターがたっぷりなのでカチカチにはなりません。
冷凍庫から出してすぐに冷たいまま食べると、さらにさっぱりと食べられます。

夏にもシュトーレンを楽しんで

「シュトーレン=クリスマス」というイメージですが、ぜひ夏にもひんやりとおいしいシュトーレンを楽しんでください!

【おすすめの特集】シュトーレンレシピシュトーレンレシピの特集はこちら
date
2018/07/09
writer
よーちんママ
category
パン作り

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

この記事にコメントを書く

コメントを残す

いろいろな具で楽しもう!カルツォーネのレシピ

カルツォーネを作ろう カルツォーネは、ピザの材料を包んで焼いたイタリアの包み焼きピザ。 イタリア風ホットサンドと呼ばれることもありますね。 朝食・ランチ・おやつ・お酒のおつまみなど、さまざまなシーンで活躍するカルツォーネ...

天然酵母で作る♪素朴でおいしいパンレシピ4選

天然酵母パンはやさしい味わいが魅力♪ 天然酵母とは、自然界に生息している酵母菌のこと。イーストと同じように、パンを膨らませるために使います。 さまざまな種類があり、それぞれ発酵のしやすさや風味などに違いがあるのが特徴のひ...

もちもち食感♪ポンデケージョレシピ

ポンデケージョってどんなパン? 外はカリッ、中はもちっとした食感で止まらないおいしさのポンデケージョ。 ポルトガル語で「ポン」は「パン」、「ケージョ」は「チーズ」。つまり「チーズのパン」を意味しています。 独特のもちもち...

パーティーにぴったり♪リースパンレシピ

リースパンとは リースパンと検索すると、生地を三つ編みや四つ編みにしたもの・ちぎりパンを型に入れたもの・エピをくるっと円形にしたもの・しっかり乾燥させてニスを塗った飾り用のもの、と種類がたくさん。 フィリングやデコレーシ...