cotta column

クリスマスだけじゃない!夏のシュトーレンレシピ

date
2018/07/09
writer
よーちんママ
category
パン作り

サマーシュトーレンを作ってみませんか?

シュトーレン、おいしいですよね。クリスマスシーズンではなくても食べたい!と思っている方も多いはず。
そんな方におすすめなのが、サマーシュトーレン。

冬のどっしり濃厚なシュトーレンと違い、中に入れるフルーツは南国フルーツなどをベースにし、少し軽めに仕上げるのがポイントです。

今回は、夏にも食べやすい爽やかなシュトーレンをご紹介したいと思います。

サマーシュトーレンの作り方(長さ15cmの大きさ3本分)

漬け込みフルーツを作る

材料

  • ドライマンゴー…30g
  • ドライピーチ…30g
  • ドライアプリコット…30g
  • オレンジピール…30g
  • アーモンド…30g
  • キルシュ…20ml

*フルーツの割合はお好みでOK。

作り方

  1. フルーツは大きさをそろえて小さくカットする。
  2. アーモンドは160℃のオーブンで10分間から焼きし、小さくカットする。
  3. フルーツとアーモンドにキルシュをふり、よくなじませて一晩置く。

フルーツは、パイナップルやレモンピールなどのかんきつ系もおいしいと思います。
ナッツは、油分の多いくるみを入れずに、アーモンドのみにしました。
ラム酒漬けフルーツを使うことの多いシュトーレンですが、夏なのでさっぱりとキルシュを使用。お好みでコアントローなどでも。

中種を作る

シュトーレンはドライフルーツやバターがたっぷり入るので発酵が遅くなります。
中種を先に発酵させておくことで発酵力が上がり、ふっくらとした生地を作ることができます。

材料

  • 準強力粉…80g
  • 耐糖性ドライイースト…3g
  • 牛乳…60ml

作り方

  1. ボウルに準強力粉とドライイーストを入れ、人肌に温めた牛乳をイーストめがけて入れる。
  2. 生地をまとめて、5分ほどパンマットの上でこねる。
  3. こね上がったら丸くまとめ、ボウルにラップをして30℃で30分間発酵させる。
  4. *夏場なので室温でも発酵します。

本こねをする

材料

  • 準強力粉…140g
  • ココナッツファイン…30g
  • 耐糖性ドライイースト…3g
  • 牛乳…10ml
  • 細目グラニュー…糖30g
  • 塩…3g
  • 卵黄…15g(Mサイズ1個)
  • 無塩バター…100g
  • 中種
  • 漬け込みフルーツ

作り方

  1. 無塩バターは室温に戻して、やわらかい状態にしておく。
  2. 人肌に温めた牛乳にドライイーストを入れて、よく溶いておく。
  3. ボウルにバターを入れてクリーム状にし、グラニュー糖と塩を加えて混ぜ、卵黄を入れて混ぜる。
    粉を入れてゴムベラで切るように混ぜていく。
  4. 粉気がなくなったら中種をちぎって入れ、まとまるまでこねる。
    パンマットの上に出し、5〜10分間こねる。
  5. 生地を平らにして漬け込みフルーツをのせ、何度か折りたたみながら全体に行き渡らせる。

  6. ボウルに生地を入れてラップをかけ、30℃で45分間発酵させる。
  7. 三つに分けて丸め、ベンチタイムを15分間。
  8. 15cmくらいの円に伸ばし、折り返すところをめん棒でぐっと押さえてから折りたたむ。
  9. *下の部分が少し出るようにずらして折りたたむのがポイントです。

  10. 天板の上にのせて、30℃で45分間発酵させる。
  11. 180℃に予熱しておいたオーブンで30分間焼成。
  12. *焼成温度、時間はご家庭のオーブンに合わせて調整ください。

仕上げ

材料

  • 無塩バター…50g(溶かしておく)
  • 粉糖…適量
  • なかない粉糖…適量

作り方

  1. シュトーレンが焼き上がったら熱いうちに溶かしバターをはけで塗る。
  2. 粉糖を全体にまぶす。
  3. *側面や裏面も忘れずに。

  4. 完全に冷めたら、なかない粉糖をふりかける。
    きっちりラップをしてフリーザーバッグに入れて冷蔵庫で保存する。

「サマーシュトーレン」の詳しいレシピページはこちら

食べ方・保存方法

シュトーレンは冬場であれば常温保存で良いのですが、夏場はカビや食中毒などが気になります。
きっちりとラップに包み、フリーザーバッグなどに入れて冷蔵庫で保存してください。冷蔵庫から出し、薄くカットして食べます。

冷たいアイスコーヒーとよく合います♪

また、冷蔵庫ではなく冷凍庫で保管するのもおすすめ。バターがたっぷりなのでカチカチにはなりません。
冷凍庫から出してすぐに冷たいまま食べると、さらにさっぱりと食べられます。

夏にもシュトーレンを楽しんで

「シュトーレン=クリスマス」というイメージですが、ぜひ夏にもひんやりとおいしいシュトーレンを楽しんでください!

【おすすめの特集】シュトーレンレシピシュトーレンレシピの特集はこちら
date
2018/07/09
writer
よーちんママ
category
パン作り

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

この記事にコメントを書く

コメントを残す

春が旬!乾燥よもぎを使ったよもぎパンレシピ

パン作りによもぎを使ってみよう♪ 私たちにとって、最も身近な野草であるよもぎ。 日本では昔から食用として、また万能薬として親しまれてきました。 今回は、春にぴったりのよもぎを使ったパンレシピを2種類ご紹介。 健康や美容に ...

ピタパンレシピで夏休みランチを楽しもう!

たくさんの具材を詰め込んだピタパンでランチ! 夏休みにはお友達で集まってランチ、なんて機会も増えそうですね。 そんなときにぴったりなのが、地中海沿岸から中東諸地域で親しまれているピタパン。ポケット状に大きく開いた口が魅力 ...

かわいいくまの親子ベーグルの作り方

ベーグルの穴にすっぽり♪くまの親子ベーグルを作ろう もっちりとした独特の食感と丸くて穴の開いたフォルムが特徴のベーグル。 生地にドライブルーベリーを巻き込んで。 ベーグルのくぼみに小さな丸いベーグルをのせて♪ 手軽なデコ ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。