税抜6,000円以上のご購入で送料216円 ・クール便手数料216円、税抜6,000円未満は各648円が加算されます。

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

Q.マカロンのひび割れの原因は?

焼き上がりに真ん中から割れる、ひびが入る

マカロンを作っていて、焼き上がったマカロンが割れてしまったり、ひび割れてしまったことはありませんか?
ひび割れの原因はひとつではありません。マカロンのひび割れに関するお悩みにお答えします。

A1.アーモンドプードルが酸化していた

古いアーモンドプードルは酸化していることが多く、酸化しているアーモンドプードルを使用して作ると生地内に多く油分ができます。
買いたてのアーモンドプードルを使用するか、きちんと密封して冷蔵・冷凍保存をしているアーモンドプードルをご使用ください。

A2.メレンゲの泡立て不足

メレンゲが泡立て不足になると、生地内の気泡が不揃いで粗くなってしまいます。気泡にムラがあると、一部は膨らみ、一部は膨らまないとなるためひび割れの原因に。
メレンゲの泡立て方・見極め方はこちらをチェック。

A3.オーブンの温度が低すぎた
(ピエが出る前)

ピエが出る前は高温で熱し、表面を固めます。しかし、その際の温度が低いと表面が焼き固まる前に、生地が膨らんで表面を破ってひび割れる原因に。

A4.オーブンの下火が強すぎた

下火を強くしすぎると、生地の膨らむ力を増加させ、表面に張った膜を破って膨らんでしまいます。

写真でチェック

左:ひび割れたマカロン
右:成功マカロン
ひび割れたマカロンの断面

おすすめ PICK UP!

マカロンが割れる!ひび割れの原因は?

トップへ