税抜4,000円以上のご購入で送料200円!

11/30(月)16:00まで

Q.共立てスポンジ
ふわふわにならない原因は?

ふわふわに焼きたい

スポンジケーキを作っていて、焼き上がりがかたくなってしまうことはありませんか?
ふんわりしたスポンジケーキを焼きたい。そんなお悩みにお答えします。

A1.卵の泡立て不足

スポンジケーキは、卵の泡立ちを利用して膨らませるお菓子です。
泡立てが足りないと膨らむ力が弱くなるため、かたく焼き上がる原因に。

卵は60℃くらいの湯せんにかけ、36℃程度の泡立ちやすい温度に温めて、リュバン状になるまで泡立てましょう。
リュバン状の見極めはこちらをチェック。

また、泡立ち具合を確認するには比重を量る方法もあります。
比重とは、「容量100ccのカップにすり切って入れた生地の重さ」のこと。
生地の重さを量ることで、生地の中に含まれた気泡の量がわかるのです。

基本的な共立てスポンジケーキのレシピの場合、比重を量るタイミングは2回あります。
1回目は卵を泡立て終わった段階。ここでは「22~25g」程度になっていればOK。
2回目は生地が出来上がった段階。ここでは「42~45g」程度になるよう調整しましょう。

A2.薄力粉をふるっていない

薄力粉をふるわずに混ぜると均等に混ざりくいので、生地を混ぜすぎて気泡がつぶれ、かたくなってしまう原因に。

薄力粉は必ず目の細かいこし器でふるい、ダマを取り除いてから加えましょう。

A3.薄力粉を混ぜすぎた

薄力粉を練るように混ぜると、グルテンが出てしまいます。
グルテンの出た粘りのある生地は重く、かたく焼き上がる原因に。

粉気がなくなるまではしっかりと混ぜ、必要以上に混ぜすぎないようにしましょう。

A4.バターの温度が低い

生地に加えるバターの温度が低いと流動性が低くなります。
バターが混ざりにくいと混ぜる回数が多くなり、気泡が壊れてしまい焼き上がりがかたくなる原因に。
バターは、50~60℃に調整して生地に加えることが大切です。

また、バターは比重が重く、底に沈んでしまいやすいので注意が必要です。
バターを加えるときはゴムベラの面に当てながら、生地に均等に散らすように加えて混ぜましょう。

バターのボウルに生地を少量入れて混ぜ、バターと生地の比重を近付けてから混ぜ合わせる方法もおすすめです。

A5.焼きすぎた

焼きすぎると生地の水分が必要以上に飛んでしまい、かたくなる原因に。

お持ちのオーブンに最適な焼成温度と時間を探しましょう。
オーブン温度の調節が難しい場合は、オーブン用温度計を使うこともおすすめです。

おすすめ PICK UP!

共立てスポンジケーキがふわふわにならない!原因や対策方法は?

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税抜
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る