今だけポイント10倍!

12/11(水)16:00まで

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

素材別に製菓型を解説
対象商品がセールに!

最大50%OFF

いろいろな素材で作られている製菓型。どれを選べばよいのか、お手入れの仕方はどうすればよいのか、わからないことが多いですよね。
そんなお悩みを解消すべく、製菓型を素材別に解説します!
さらに、2019/12/2(月)~12/16(月)の間、対象アイテムをお買い得価格でお届けします。

シリコン樹脂加工

【特長】
鉄やブリキなどの表面にシリコン樹脂を加工し、型離れがとても良いことが特長です。
焼き菓子に向いており、初心者の方は最初に購入する型としておすすめ!

【メリット】
・型離れが良い。
・空焼きの必要がなく、洗浄もしやすいためお手入れが簡単。
・フッ素樹脂加工に比べ低価格な場合が多い。

【デメリット】
・フッ素樹脂加工に比べ寿命が短い。

【お手入れ方法】
初めてご使用になる前やご使用後は、液体洗剤などで洗い水気をよく拭き取ってからご使用ください。
金属タワシ・磨き粉・ナイフなどの硬いものは表面を傷つけますので使用しないでください。

フッ素樹脂(アルブリット)&
テフロン加工

【特長】
鉄やアルミなどの表面にフッ素樹脂を加工し、型離れがとても良いことが特長です。
特に焼き菓子におすすめですが、冷菓にも向いており、使い勝手の非常に良い万能素材です。

【メリット】
・型離れが良い。
・空焼きの必要がなく、洗浄もしやすいためお手入れが簡単。
・シリコン樹脂加工に比べ耐久性が高い。

【デメリット】
・シリコン樹脂加工に比べ、価格は割高な場合が多い。

【お手入れ方法】
初めてご使用になる前やご使用後は、液体洗剤などで洗い水気をよく拭き取ってからご使用ください。
金属タワシ・磨き粉・ナイフなどの硬いものは表面を傷つけますので使用しないでください。

【その他】 フッ素樹脂加工(アルブリット)とテフロン加工は名前は違いますが、ほぼ同じコーティングです。そのため、性能も同じと考えて問題ありません。

商品一覧

※ 数量により、価格が異なる場合がございます。

アルタイト(アルスター)

【特長】
鉄(スチール)にアルミメッキを施した素材。
鉄の丈夫さと、アルミの熱伝導・型離れの良さを併せ持っています。
ヘビーユースに耐えられるので業務用のパン型にも広く使われており、お菓子・パン作りを頻繁にする方にとてもおすすめ!

【メリット】
・耐久性がある。
・熱伝導が良くきれいに焼き上がる。
・型離れが良い。

【デメリット】
・最初に空焼きの手間がかかる。
・少し重たい。
・内側が鉄のため、さびに注意する必要がある。

【空焼きの方法】
1.使用する前によく水洗いします。
2.型に何も塗らず、170℃で30分間空焼きします。
3.粗熱が取れたら、温かいうちにショートニングまたはスプレーオイルを薄く塗り、220℃で20分間焼きます。これを2回繰り返します。
※こちらは一例です。お手持ちの型の説明書をご確認ください。

【お手入れ方法】
使用後は汚れをキッチンペーパーなどでよく拭き取って保管します。こびりつきがひどいときは洗剤で洗ってすぐに水気を拭き、オーブンで完全に乾燥させます。その後、ショートニングまたはスプレーオイルを薄く塗ってください。


おすすめレシピ

シリコンゴム

【特長】
焼き菓子・冷菓・チョコレートなど幅広く使え、柔軟性があるため型離れがとても良いことが特長です。
金属製に比べ熱伝導率が低いため、焼き色は少し付きづらくなります。

【メリット】
・用途が広い。
・汚れが落ちやすく、最初の空焼きも不要のため、お手入れが楽。
・金属ではないため、さびない。

【デメリット】
・熱伝導率が低く、焼きむらができやすい。
・焼き色が付きづらい。

【お手入れ方法】
使用後は柔らかいスポンジで汚れを落とし、よく乾燥させてから保管してください。

商品一覧

※ 数量により、価格が異なる場合がございます。

おすすめレシピ

アルミ

【特長】
軽さと熱伝導率の高さが特長のアルミ製。
特にシフォンケーキは、熱伝導率が良いことでメレンゲの膨らみを助け、さらに側面に生地がくっつくため洗浄可能なアルミ製がおすすめ。

【メリット】
・熱伝導が良く、焼き色がきれいに付きやすい。
・軽くて扱いやすい。
・さびにくい。
・空焼き不要。

【デメリット】
・衝撃に弱い。
・強い酸やアルカリに弱いため、酸性・アルカリ性のものを長時間入れないように注意が必要。

【お手入れ方法】
使用後は柔らかいスポンジで汚れを落とし、よく乾燥させてから保管してください。

ステンレス

【特長】
熱伝導率が低くさびにくいため、冷菓や湯せん焼きに向いているステンレス。
硬くて丈夫なため、耐久性に優れています。

【メリット】
・酸に強く、さびにくい。
・強度があり、丈夫で長持ちする。
・空焼き不要。

【デメリット】
・熱伝導率が低く、型に生地がくっついたり、焼きむらができるため焼き菓子には不向き。

【お手入れ方法】
使用後は柔らかいスポンジで汚れを落とし、よく乾燥させてから保管してください。

耐熱ガラス

【特長】
加熱も冷却も可能なため、焼き菓子にも冷菓にもお使いいただけます。
透明な器は見栄えも良いため、そのままテーブルに出したり容器ごとラッピングしても◎


【メリット】
・オーブンを使った焼き菓子にも、冷蔵庫で冷やす冷菓にもどちらも使用可能。
・透明なため、調理中の中身の様子を見ることができる。
・そのまま器として使える。
・空焼き不要。

【デメリット】
・金属に比べ熱伝導率はやや低い。
・重さがある。

【お手入れ方法】
使用後は柔らかいスポンジで汚れを落とし、よく乾燥させてから保管してください。

ブリキ

【特長】
鉄(スチール)にスズメッキ施した素材で、美しい焼き色が付くことが特長です。
比較的安価でヘビーユースに耐えられますが、お手入れが難しいため多くは業務用として用いられています。
油がなじみやすいため、使い込むほどにさびにくく型離れが良くなります。

【メリット】
・こんがりとした美しい焼き色が付く。
・比較的安価。

【デメリット】
・水分に弱くさびやすいため、湯せん焼きや冷菓には不向き。
・最初に空焼きの手間がかかる。

【空焼きの方法】
1.使用する前によく水洗いします。
2.型に何も塗らず、150℃で20分間空焼きします。
3.粗熱が取れたら、温かいうちにショートニングまたはスプレーオイルを薄く塗り、200℃で10分間焼きます。
※こちらは一例です。また空焼き不要の型もございますので、お手持ちの型の説明書をご確認ください。

【お手入れ方法】
熱の残ったオーブンに入れて完全に水気を飛ばしてください。新聞紙や耐油紙などに包んで保管するすとさびづらくなります。

おすすめ PICK UP!

素材別製菓型選び

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税抜
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る