税抜6,000円以上のご購入で送料無料 ・クール便手数料無料、税抜6,000円未満は各540円が加算されます。

薄力粉と強力粉の違いは?小麦粉の種類を徹底比較

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

人気ブロガーvivianさんが作り比べました!

小麦粉を知ってお菓子・パン作りをもっと楽しく

小麦粉徹底比較

たくさん種類があってどの小麦粉を選んで良いか分からない…。
そんなお悩みにお応えすべく、薄力粉・準強力粉(中力粉)・
強力粉を徹底比較しました。小麦粉を知ることで、
お菓子・パン作りがもっともっと楽しくなります。
お好みの小麦粉を見つけてくださいね。
人気ブロガーvivianさんの小麦粉別作り比べも必見です。

薄力粉・準強力粉(中力粉)・強力粉ってどう違うの?
タンパク質(グルテン)の質と量によって分類されます。

小麦粉は、小麦粉に含まれるタンパク質(グルテン)の質と量によって、薄力粉・準強力粉(中力粉)・強力粉に分類されます。




小麦粉を使い分けるのはどうして?
パン作りには、強力粉か準強力粉(中力粉)

イーストが発酵する際に発する炭酸ガスを外に出さないように閉じ込める役目を、グルテンが担っているため、タンパク質(グルテン)の含有量が多い強力粉や準強力粉(中力粉) がパン作りに適しているのです。
グルテンが多ければ多いほどパンが良く膨らみ、ふっくらと焼きあがるというわけです。

お菓子作りには薄力粉

タンパク質(グルテン) の量が少ない薄力粉は、強力粉に比べて粘りが出にくく、キメ(粒度) が細かいため、ふんわり、さっくりとして軽い口あたりになります。薄力粉で作ったスポンジケーキなどは、パンのようにタンパク質(グルテン) で膨らむのではなく、卵の気包やベーキングパウダーの力によって膨らみます。

灰分とは?

商品説明文に必ず書いてある「灰分」。
灰分量が少ない小麦粉の方が白く、多くなるとくすんだ色味になります。灰分は、外皮や胚芽部分に多く含まれるミネラル分のことで、灰分が多い方が小麦粉の風味が強くなります。お好みによって使い分けてみましょう。

小麦粉比較トップ   |   薄力粉比較   |   準強力粉(中力粉)比較   |   強力粉比較

おすすめ PICK UP!

トップへ