税抜6,000円以上のご購入で送料無料!

5/27(月)16:00まで

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

教えて!
「私のマスト・バイ」アイテム

vol.83 『フランスパン・ピザ取り板』

83回目はvivianさんです。写真からもパリパリと音が伝わってきそうな、かっこいいハードパンを焼くvivianさん。日頃からパンを焼いているvivianさんからのリクエストで、cottaオリジナルの取り板を作りました!商品の開発から携わってくれたvivianさんに、取り板の魅力を語ってもらいます!

ハードパンやピザ作りの強い味方!

ハードパンをよく焼く私は常日頃から思う事がありました。
ハードパンを焼く時に便利な平天板もある、熱々の平天板に滑り込ませる繰り返し使えるオーブンシートもある。
でも、オーブンシートを乗せる為のスリップピール(取り板)は丈夫な段ボールを使っていた!(何だかとっても焼いているところを見られるのがはずかしい笑)
どうせならこんな感じのスリップピールもお願いできませんか?とcottaさんに頼んでみたら…とってもおしゃれで使いやすいものを頂きました。
スリップピールだけでなく、バゲットに使う取り板やピザ用のものまで!さすがcottaさん。痒い所に手が届くー!という事で今回はcottaオリジナル取り板について語らせて頂きました♪

便利で使いやすい!

専用の板があれば作業がスムーズになります。

商品はこちら♪

※ 数量により、価格が異なる場合がございます。

ハードパン焼きの必需品

ハードパンを焼く時の必需品として、平天板、オーブンシート、クープナイフ等があげられますが、スリップピールや取り板もなくてはならないものです。高温で予熱した天板にさっと生地を滑り込ませる事により、パリっとしたハードパンやピザが焼けるのはみなさんご存知ですよね。
cottaオリジナル取り板があれば、素早く生地を滑り込ませたり、焼けた生地を素早くオーブンから取り出したりとやけどの心配もなく生地を移動できるんです。それぞれ取り板の端が薄く斜めにカットしてあるので作業もスムーズです。

バゲット生地を移動する時に

水分が多く、デリケートなバゲット生地を移動する時は「フランスパン取り板 小」がとても使いやすいですよ。薄さや大きさにもこだわり、使いやすく機能的な作りとなっています。

熱々の天板に生地を滑り込ませる時に

家庭でハードパンを焼く時はオーブンシートごと熱々の天板に滑り込ませた方が失敗なく焼く事ができます。
シートがないと水分の多いハードパン生地がつっかえてしまうからです。そのシートごと滑り込ませる時には大きめの「フランスパン取り板 大」の出番です。
板も薄く、軽く出来ているので片手でも楽々持つ事ができますよ。バゲットだけでなく、小さなパン生地を一度に窯入れするのにも便利です。
バゲットも斜めに置けば、天板を大きく使う事が出来て長いバゲットが焼けますよ♪

ピザを焼く時やオーブンが小さい場合に

ピザを焼く時は「ピザ取り板」がコンパクトで使いやすいですよ。あつあつのピザはとにかく作業を素早くしなければなりません!窯入れや窯出しも横幅がコンパクトなのでとってもスムーズです。横の長さは30cm弱なので小さめのオーブンをお持ちの方にもおすすめです。 とっても便利で使いやすい取り板シリーズ、まだ段ボールを使っている方!是非このおしゃれなcottaオリジナル取り板を使ってみてくださいねー!!

気になる取り板を今すぐチェック♪

※ 数量により、価格が異なる場合がございます。

いかがでしたか?
熱々に予熱した天板の上にスッと生地を滑らせることができるので、外はパリッと中はもちもちのハードパンが焼けるんですね♪ハードパンやピザに限らず、日ごろのパン作りにも役立つアイテムになりそうなcottaオリジナル取り板をぜひチェックしてみてください!
vivianさんのレシピ一覧はこちら
vivianさんのブログはこちら「vivianオフィシャルブログ」
vivianさんのInstagramはこちら「carlos_vivian」

おすすめ PICK UP!

『フランスパン・ピザ取り板』教えて!「私のマスト・バイ」アイテム

トップへ