税抜6,000円以上のご購入で送料無料 ・クール便手数料無料、税抜6,000円未満は各540円が加算されます。

お菓子を可愛くデコレーション「チョコペンの使い方・コツ」

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

チョコペン
デコレッスン

Decoration of Lessons Using Chocolatepen

チョコペンでお菓子を可愛くデコレーション。
人気ブロガーのvivianさんが、チョコペンを使って簡単可愛いデコ方法を伝授してくれます。
贈りもののお菓子をチョコペンでワンランクアップ♪

速乾タイプとソフトタイプ

チョコペンには「速乾タイプ」と「ソフトタイプ」の2種類あり、お菓子の種類によって使い分けましょう。

ソフトタイプのチョコペン

描いた後、固まらないタイプのチョコペンはパンケーキなどへのお絵描きやデザートのデコレーションに最適です。

基本のデコレーション

チョコペンをつかった基本のデコレーションをご紹介します。

チョコペンでハート模様

小さなタルト型を用意する。ソフトタイプのホワイトチョコペンをタルト型に絞り入れる。
さらにテンパリング不要チョコを[1]に入れ、固まらないうちにピンクのチョコペンでドットを描く。
ドットの中心を爪楊枝でさっとなぞるようにしてハート柄を描く。
できあがり。

チョコペンで矢羽根模様

小さなタルト型を用意する。ソフトタイプのチョコペンをタルト型に絞り入れる。その上にテンパリング不要のホワイトチョコを流し入れる。ブルーのチョコペンをコルネに入れ替えておく。
[1]が固まらないうちにコルネに入れたチョコで横線を数本引き、爪楊枝で奥から手前に縦になぞる。
その横を今度は手前から奥に縦になぞる。
できあがり。

チョコペンでレオパード模様

小さなタルト型を用意する。ソフトタイプのチョコペンをタルト型に絞り入れる。その上にテンパリング不要のホワイトチョコを流し入れる。オレンジ・茶色・白で濃い茶色と薄茶色を作り、コルネに入れ替えておく。
[1]が固まらないうちに薄茶色でいびつなドットを描く。
[2]の周りに濃い茶色で囲うようにレオパード模様を描く。
できあがり。

チョコペンでレース模様

小さなタルト型を用意する。ソフトタイプのホワイトチョコをタルト型に絞り入れる。さらにテンパリング不要チョコを入れて冷蔵庫で固める。ブルーとピンクのチョコペンをコルネに入れ替える。
[1]の上に細い弧を数本描く。チョコが少し固まりかけた時に垂らすように描くと細い線が描けます。
[2]の間を埋めるようにしてバランスを見ながらレースの模様を描く。
できあがり。

チョコペンで文字入れ

チョコペンをコルネに入れ替えておく。コルネに入れ替えて描くと綺麗に描けるので、ひと手間かかりますが、おすすめです。
チョコプレートやクッキーを用意し、描きはじめにチョコペンで小さく印をつけておくと全体にバランス良く描けます。
文字を描く時はチョコの固さに注意。柔らかすぎると字がにじんでしまうのである程度固まり始めるまで待つ。実際にクッキーやチョコプレートに描く前にoppシート等の上で練習すると良いでしょう。
文字を描いて空いた部分にハート等飾りも入れて、できあがり。

チョコペンで顔を描く

くまのクッキーを用意する。顏の真ん中にホワイトチョコペンで丸く鼻部分を描く。
チョコペンをコルネに入れ替えて目部分を描く。細かい線はコルネに入れ替えて描くと綺麗に描けるのでおすすめ。爪楊枝で描いても良いです。
口やほっぺ、などバランスを見て描き足しましょう。間違えてしまったら、チョコが乾いてから爪楊枝や針などを使って取り除き、新しく書き直すと良いです。
できあがり。

チョコペンでハート&お花モチーフ

チョコペンをコルネに詰め替え、oppシートの上に左からしずく型を描く。手前に行くほど力を抜く感じで描くと綺麗に描けます。右側に同じようにしずく型を描くとハート型に。
お花モチーフは[1]と同じ様に中心に向かって力を抜く感じで5個描く。
好きな色でいろんなモチーフを描いておき、冷蔵庫で冷やして、できあがり。
ミニカップケーキやクッキー、マカロンの上に乗せると立体的なデコレーションができます。

チョコペンで立体的な蝶モチーフ

蝶の下絵を描く。
チョコペンをコルネに入れ替え、下絵の上にOPPシートを乗せ、[1]の上からなぞって描く。
コピー用紙を2、3枚重ねたものをM字型に折り、OPPシートごと乗せてチョコを固める。
カップケーキ等の上に飾って、できあがり。

チョコペンでドット+型流し

ハートのチョコ型の側面に、チョコペンをコルネに入れ替えたものでバランス良くドット模様を描く。
テンパリング不要のミルクチョコレートを型いっぱいに入れ、冷蔵庫で固める。
型から取り出す。
リボンなどを描いてデコレーションして、できあがり。

ソフトタイプでハート模様

カップケーキを用意し、小さめのクッキー型などで中心を押さえる。
型にそって生地を押し込み、ハート型にする。
ソフトタイプのチョコペンを[2]の中に絞り、小さなヘラ等で表面を整える。
周りにデコレーションして、できあがり。

ソフトタイプでカップケーキデコ

ミニカップケーキを用意する。
ソフトタイプのチョコペンをくり抜いた部分に絞る。
周りにソフトタイプのチョコペンで小さく丸く絞る。
上にチョコで作ったお花等を飾る。左はソフトタイプのチョコペンを小さめの金口をセットした絞り袋に入れ替え、[2]の上からぐるぐると絞ったものです。
できあがり。

ハロウィンにぴったりデコレーション

チョコペンをつかったハロウィンデコレーションをご紹介します。

ハロウィンモチーフのチョコパーツ

チョコパーツを作る1.5センチ四方位の下絵を描く。
[1]の上にOPPシートを乗せ、チョコペンで輪郭をなぞり下地を作る。
[2]が固まったら、チョコペンをコルネに入れ替えて細かい部分を描き足して冷蔵庫で固める。
コーンにチョコレートケーキ生地を入れて焼き、紫色のバタークリームを絞り、[3]を飾ってできあがり。
クッキーに使っても可愛いです。

ブラックココアクッキーにデコ

ブラックココア入りのクッキー焼く。
レシピはアイシングクッキー用型抜きクッキーの薄力粉を10gのブラックココアパウダーで置き換えました。
チョコペンそのままでも描けますが、細い線等はコルネに入れ替えて描いた方が描きやすいのでコルネに入れ替えます。
それぞれ、クッキーに合わせて輪郭を描く。
さらに細かい模様や表情を付け加えて、できあがり。
アイシングクッキーよりも簡単にできます。チョコで作ったパーツを付けるとさらに可愛いです。

ミニカップケーキにデコ

ミニカップケーキを用意する。凸部分をカットし、速乾性のホワイトチョコペンで表面を塗ります。
[1]が固まったら、チョコペンをコルネに入れ替え、放射線状に細い線を描く。
蜘蛛の巣の様に横の線を細かく描く。
アレンジとして[1]の上にガイコツの顔を描いたものも作って、できあがり。

おすすめ PICK UP!