5,500円以上ご購入で送料無料! - 2/22(木)16:00まで

 

 

ハードパンの仕上がりを大きく左右するクープ。
専用のクープナイフは、ハードパンの仕上がりをぐっとレベルアップさせてくれます。

美しいクープの要は、専用の道具

普通のナイフなどで代用している方も多いアイテムですが、専用の道具は切れ味もよく、クープの仕上がりをぐっと引き上げてくれます。

今回ご紹介する商品はこちら

※ 数量により、価格が異なる場合がございます。

クープを入れる
3つの理由

1.パン生地を膨らませる

シンプルな材料で作るハードパンは膨らむ力が弱く、焼成すると膨らむ前に周りが焼き固まってしまいます。
クープを入れると、生地内部の湿った部分が表面に現れ、焼成時にその切り込み部分が水分の蒸発とともに伸び、パン生地が膨らみます。
クープを入れることは、パン生地が膨らむ助けとなります。

2.火の通りをよくする

生地に含まれる水分がクープの部分から蒸発していくので、火の通りがよくなります。

3.見た目を良くする

クープを入れることで、生地はそこから開き、きれいな形に膨らみます。
大きなパンは特に、とじ目などからランダムに生地が裂けて膨らみ、いびつな形になってしまいます。

「ナイフ型」と「カミソリ型」

クープナイフのタイプは、大きく分けて「ナイフ」と「カミソリ」の2種類。それぞれ自分に合った使いやすいものを選びましょう。

クープ初心者さんにおすすめ
ナイフ型

普段使っている包丁やナイフ感覚で使えるナイフ型。
扱いやすいので初めてクープナイフを持つ方におすすめです。

切れ味抜群のVICTORINOX

薄いブレードの先端が波刃になっていて、スムーズに切れます。
ナイフと柄に継ぎ目がないので、お手入れしやすいのもうれしいポイント。

VICTORINOX ベーカーズブレード(ストレート)

¥1,232   税込  20%OFF

カートに入りました

使ってみました!~お客様の声~

・スーっと切れて感動しました。
・凹凸がないので、お手入れが楽チンです。

最初の1本に選びたい貝印

初めてのクープナイフに選ばれる方が多いのがこちら。
普通のナイフと同じように持てる扱いやすさと、リーズナブルな価格が特徴です。

クープナイフ

¥468   税込  30%OFF

カートに入りました

使ってみました!~お客様の声~

・持ちやすく安定感があるのでクープ入れのコツが掴みやすいです。
・最初はうまく切れなかったけど、慣れるとよく切れるようになりました。

ワンランク上を目指したい人に
カミソリ型

カミソリ型はより薄い刃でスパッと美しいクープが入れられます。
より美しいクープを目指したい、中・上級者さんにおすすめです。

パン焼きさんに人気
シンプルなカミソリ

薄い刃で柔らかい生地をしっかりカットでるのがポイント。
刃を交換できるので、切れ味をキープできます。

また、専用のホルダーも一緒に使うのがおすすめです。
ナイフのように持ってカットできるので、単体で使うより扱いやすくなります。

両刃カミソリ刃(10枚入) ES-2

¥987 税込 

カートに入りました

プラ柄カミソリ刃ホルダー ES-1

¥1,811 税込 

カートに入りました

使ってみました!~お客様の声~

・生地にひっかりにくく滑りがいいです。
・適度に刃を反らせられるので浅く削ぐようにクープを入れられます。

プロも愛用する
マトファの専用道具

プロに愛される確かなブランド・マトファのクープ用カミソリ。
カミソリ刃とホルダーが一体になっているので手軽に使えます。

マトファ ベーカーブレード

¥2,592 税込 

カートに入りました

使ってみました!~お客様の声~

・練習は必要だけど、慣れたらうまく切れるようになりました。
・キャップがついていて収納しやすい。

動画で学ぼう!
クープ入れのコツ

道具を手に入れたら、あとは練習あるのみ。
クープ入れのコツをチェックして、どんどん切ってみましょう。数を重ねるごとに上達していくはず。

左はクープ成功例、右が失敗例。
均一なクープでないと、うまく開かずいびつになってしまいます。
切れ味が良いクープナイフなら、一定の深さで一気に切れて美しいクープに仕上げることができます。

こちらの特集もチェック!

詳しくはこちら

今回ご紹介した商品はこちら

※ 数量により、価格が異なる場合がございます。

こちらもおすすめ

デザイン性と小回りの良さを兼ね備えた、木製のクープナイフです。

※ 数量により、価格が異なる場合がございます。

おすすめ PICK UP!

ハードパンをプロ級の仕上がりに 今、使ってほしいクープナイフ