税抜8,000円以上のご購入で5%OFF!

7/13(月)16:00まで

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

Premium Lesson 02

モーントルテ

by 金井史章

難易度
31
47分

ウィーンの伝統菓子であるモーントルテの意味は、「ケシの実のケーキ」。通常丸いマンケ型で焼くことが多いですが、今回はスリムパウンド型を使い、スタイリッシュでモダンな姿に仕上げていきます。小麦粉が入らない配合なので、非常にジューシーに焼き上がります。

Introduction of lessonレッスンの紹介

サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像
サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像 サンプル画像

こんな方におすすめ

・伝統菓子をモダンに仕上げるアイデアをお探しの方
・しっとり感を残す焼き加減を知りたい方
・あんずジャムの適切な煮詰め加減を知りたい方

レッスンのポイント

  • 1粉が入らない配合

    ジューシーな食感を楽しむため、小麦粉は入れません。それでも形を保てるよう、生地をつやが出るまで混ぜていくシーンがあります。ここで泡をつぶしすぎてはNG。絶妙なさじ加減に注目です。

  • 2生焼けではなく、パサつきもしない

    せっかくのジューシーな生地なので、水分量を保ちつつ、しっとりと焼き上げたいですね。生焼けにならない見極め方法をお見逃しなく。焼いている最中は、ヘーゼルナッツやシナモン、オレンジのフレーバーに癒されますよ。

  • 3モダンに仕上げる

    伝統的なマンケ型のモーントルテもいいですが、やはりスリムパウンド型で焼くとデザインがより洗練されますね。仕上げシーンでは、あんずジャムの適切な煮詰め加減や、センスのいいデコレーションテクニックを学びましょう。

Messageシェフからのメッセージ

サンドするあんずジャムの量や仕上げの姿などはお好みで変えていただくのもいいですね。ぜひチャレンジしてみてください。

cottaスタッフ

私たちがつくってみました!

by cottaスタッフ

モーントルテ

モーントルテの作り方に加えてシェフが豆知識を話してくださるので、楽しくて47分間があっという間でした。完成品はけしの実のプチプチ感とアプリコットの甘酸っぱさが絶品でした。通常のモーントルテとは少し違い、スタイリッシュなスリムパウンド仕上げなのでプレゼントにぴったりだと思います。モーントルテを食べたことがない友人にぜひプレゼントしたいです。

Commentsこのレシピを作ったら、ぜひコメントを投稿してね!

5|1件
100%
0%
0%
0%
0%
さん
cottaからの返信
その他のコメントを見る

おすすめ PICK UP!

モーントルテのレッスン by 金井史章

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税抜
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る