税抜8,000円以上のご購入で送料&クール便無料!

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

Q.マカロンが生焼けの原因は?

湿っぽく、シートにマカロンが貼り付く

マカロンを作っていて、焼き上がったマカロンが湿っぽかったことはありませんか?
また、シートにマカロンが貼り付いてしまい剥がしにくいなども生焼けの特徴のひとつです。そんなお悩みにお答えします。

A.焼成不足

焼き不足によりマカロン生地に余分な水分が残っているため、生焼けの食感に。外側はさっくり、内側はしっとりの食感を出すためには、まずは表面を高温で焼き固め、温度を下げて中はじっくり火を通すことが重要です。

焼き加減をチェックする際には、マカロンを実際に指でつかみ軽く左右に動かしてみてください。生地が流動性を持ち、動く場合はあと1分は焼成します。
じっくり火を通すことが重要ですが、焼きすぎは焼き色をつける原因にもなります。焼き色がつきそうなときには、オーブンの温度を10度下げてみるなどの調節を。

オーブンの機種によってはレシピどおりにいかないこともあると思います。焼くたびに、焼成温度や焼成時間をメモしておき、自宅のオーブンに最適な温度・時間をチェックしましょう。

写真でチェック

生焼けマカロン
左:生焼けマカロン
右:成功マカロン

おすすめ PICK UP!

マカロンが生焼け!原因や対策方法は?

トップへ