税抜6,000円以上のご購入で送料216円 ・クール便手数料216円、税抜6,000円未満は各648円が加算されます。

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

Q.マカロンの乾燥時間は?

ピエが出ない、パサパサと固くなる

マカロンを作っていて、乾燥の見極めに迷ってしまったことはありませんか?
乾燥に失敗するとピエが出なかったり、パサパサと固くなってしまったりと失敗の原因に。そんなお悩みにお答えします。

乾燥時間

30分~60分乾燥させる。(湿度によっては90分かかることも)

乾燥の見極め

表面を指で触った時に生地がついてこず、やや固さを感じるくらいが乾燥終了の目安です。このとき、表面には薄い膜ができています。
室温や湿度によっても時間差がかなりあるので必ず触って見極めましょう。

乾燥が失敗すると…

【乾燥が足りない】
・割れる
・ピエが出ない

【乾燥しすぎる】
・皮が厚いマカロンに
・パサパサで固くなる
・空洞ができる

どうしても生地が乾かないとき

時間を置いても、どうしても生地が乾かない。そんなときは乾燥以外の原因がある可能性があります。

【生地の水分量が多い】
色素を溶く水の量にも注意が必要です。生地の水分量が多くなると、生地は乾きにくくなってしまいます。

【マカロナージュをしすぎた】
マカロナージュをしすぎると生地がサラサラと液状化してしまうため、乾きにくくなります。
マカロナージュのやり方・コツ・見極め方はこちらをチェック。

【部屋の湿度が高すぎる】
部屋の湿度が高すぎると、なかなか乾きません。その際には、エアコンの除湿を使用したり、扇風機の風を軽く当てることによって、乾きやすくなります。
しかし、湿度が65%を越えるとエアコンや扇風機を使用しても乾きにくいです。マカロンづくりを行う前に湿度をチェックして、高い湿度のときには避けることをおすすめします。

おすすめ PICK UP!

マカロンが乾燥しない!乾燥時間や見極めはどのぐらい?

トップへ