税抜8,000円以上のご購入で送料&クール便無料!

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

Q.パウンドケーキのキメが粗い
気泡が目立つ理由は?

キメの細かいパウンドケーキにするために

パウンドケーキを作っていて、焼き上がったパウンド生地の目が粗いことはありませんか?
キメの細かいパウンドケーキにしたい…、そんなお悩みにお答えします。

A1.バターと砂糖の混ぜ合わせ不足

パウンドケーキはバターと砂糖をしっかりと混ぜ合わせ、空気を含ませることでふんわりと焼き上げるお菓子です。
生地に取り込んだ空気には、オーブンの熱で膨張し、生地を膨らませる役目があります。
バターと砂糖の混ぜ合わせが足りないと生地中の空気が不足してしまい生地は膨らまず、キメが粗い焼き上がりになる原因に。
バターと砂糖を混ぜ合わせる際は、必ず、バターが白っぽくなり、全体のかさが増すまで混ぜることが大切です。

A2.バターと卵が乳化していない

バターと卵が滑らかにつやがある状態に混ざり合うことを乳化といいます。
生地が乳化していないと、バターの油分と卵の水分が分離してしまっているので、滑らかな生地にはならず、キメの粗い生地になります。
バターに卵を加える際は、少量ずつ加え、その都度乳化したのを確認してから作業を進めることが大切です。

A3.小麦粉の混ぜ合わせ不足

小麦粉を入れたあとの混ぜが足りないと、生地の繋がりが悪く、キメが粗い焼き上がりになり、舌触りも悪くなります。
つやのある状態まで混ぜることにより、ふんわりとやわらかい弾力のある焼き上がりになります。
小麦粉を入れたら、ヘラを使って粉が見えなくなるまで切るように混ぜ、滑らかでつやのある状態を見極めましょう。

写真でチェック

左:目の粗いパウンドケーキの断面
右:キメの細かいパウンドケーキの断面

おすすめ PICK UP!

パウンドケーキのキメが粗い!気泡が目立つ理由は?

トップへ