税抜8,000円以上のご購入で送料&クール便無料!

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

Q.シフォンケーキが膨らまない
理由や対策方法は?

高さが出ない、ぺしゃんこ

シフォンケーキを作っていて、シフォンケーキがなかなか膨らまないことはありませんか?
高さが出ない、ぺしゃんこ…など、シフォンケーキの膨らみに関するお悩みにお答えします。

A1.メレンゲの泡立てが不足している

メレンゲの泡立てが不足していると、メレンゲ内の気泡は弱くなってしまいます。
弱い気泡は卵黄生地と合せるだけで消えてしまい、とろとろとしただれた生地に。
だれた生地は空気を含んでいないので膨らみません。

しっかりとしたメレンゲを作ることが大切です。

メレンゲの泡立て方・見極め方はこちらをチェック。

A2.固形物を加えている

ドライフルーツなど固形の食材を生地に加えると、食材の重さで膨らみにくくなります。
シフォンケーキを膨らませるのはメレンゲの力なので、メレンゲをしっかりと作ることがいつも以上に大切です。

メレンゲの泡立て方・見極め方はこちらをチェック。

A3.生地の混ぜ方がよくない

生地の混ぜ方がよくないとメレンゲの気泡をつぶしてしまい、シフォンケーキは膨らみません。

卵黄生地とメレンゲを混ぜ合わせる際、何度かに分けてメレンゲを加えることが大切です。
とろりとした卵黄生地とふわふわのメレンゲでは生地のかたさなどが異なるため、一度に混ぜようとするとうまく混ざりません。

まず、メレンゲの1/4量を卵黄生地に混ぜ、卵黄生地のかたさを緩めます。
そして、残ったメレンゲ生地に卵黄生地を一気に加え、ゴムベラでムラがなくなるまで混ぜます。

このように、二つの生地を混ぜ合わせる場合は、かたさなどの生地の状態を近づけてから合せることで混ぜる回数が減り、気泡をつぶさずにすみます。

A4.オーブンの火力が強すぎる

オーブンの上からの熱が強すぎる場合、表面だけが先に焼き固まってしまい膨らむ力が閉じ込められてしまう場合があります。
設定温度を低くして、焼き上がりの調整をしましょう。

オーブン温度の調節が難しい場合は、オーブン用温度計を使うこともおすすめです。

写真でチェック

左:成功しているシフォンケーキ
右:膨らみが悪く高さがでていないシフォンケーキ

おすすめ PICK UP!

シフォンケーキが膨らまない理由は?

トップへ