税抜8,000円以上のご購入で送料&クール便無料!

cotta | 誰かを思う。またつくりたくなる。

Q.シフォンケーキが生焼けに
原因や対策方法は?

部分的に生焼け

シフォンケーキを作っていて、部分的に生焼けになってしまったことはありませんか?
生焼けに関するお悩みにお答えします。

A1.具材を入れている

生地に混ぜ込む具材があまりに大きいと、混ぜ込んだ食材の周りの生地の水分が多くなってしまうため生焼けになります。
空洞化の原因になることもあります。

1cm以下にカットしてから、生地に混ぜ込みましょう。
また、水分の多い食材は水分を十分に切ったり、薄力粉をまぶすことで生地への水分の流出を防ぐ必要があります。

生地の中に固形物が入ってると火通りが悪いので、プレーン生地よりも少し時間をかけて焼きましょう。

シフォンケーキの空泡化はこちらをチェック。

A2.オーブンの温度が高すぎる

オーブンの温度が高すぎると表面が焼けていても、中心まで焼けていない場合があり、生焼けの原因に。

オーブンの機種によってはレシピどおりにいかないこともあると思います。
焼くたびに、焼成温度や焼成時間をメモしておき、自宅のオーブンに最適な温度・時間をチェックしましょう。

オーブンによっては、設定温度と庫内温度に差が出てしまうことがあります。庫内温度計を使うと、オーブンの癖を把握しやすくなるためおすすめです。

A3.紙のシフォン型を使っている

紙の型は熱伝導率が低いため、設定時間どおりに焼いても中が生焼けになってしまうことがあります。
紙の型の場合は、アルミ型を使う場合よりも少し長めに焼くようにしましょう。

写真でチェック

部分的に生焼けしているシフォンケーキ

おすすめ PICK UP!

シフォンケーキが生焼けに!原因や対策方法は?

トップへ