5,900円以上ご購入で送料無料! - 3/1(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

おいしく使うための正解は?ナッツのロースト方法

date
2020/05/20
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

ナッツのロースト、どこまでやってる?

お菓子作りやパン作りで使うことの多いナッツ類。
生のまま入れたらいけないの?
ローストする温度や時間はどのくらい?
そんな疑問を持つことはないでしょうか。

今回は、普段はあまり意識することがないナッツのローストについて解説します。

ナッツはどうしてローストが必要なの?

ローストしてから使うことが多いナッツ。生地に混ぜ込んで焼けば熱は通りそうなもの。
事前にローストするのはなぜなのでしょう。

ローストする大きな理由は、おいしさのため。
生のナッツは水分量が多く、しっとり。ローストすることで水分が抜けてカリッとした食感になり、香ばしさが加わったり甘みが増したりするのです。

よりナッツのおいしさを感じるためにもローストの一手間が大切なのですね。
*「生食OK」と記載がされていないナッツは、必ずローストしてからご使用ください。

ナッツごとのロースト温度と時間

ナッツをローストするときに悩むのが、「どこまでローストすればよいのか?」ということではないでしょうか。
今回はオーブンを使用して、いろいろなナッツのロースト具合を比較してみましょう。

オーブンでのロースト方法

天板にナッツを広げましょう。
このとき、ナッツ同士が重ならないように広げるのがポイントです。

アーモンド(ホール)


適正ロースト時間:160℃10〜12分間(目安)

外側の見た目はそれほど変わりませんが、断面を見てみると中の色付き具合に違いが。

160℃10分間だと、カリッとした食感でアーモンドの甘みも◎
180℃10分間は甘みよりも香ばしさが強い印象。ただ、苦すぎるというほどではありません。

アーモンド(スライス)


適正ロースト時間:160℃5分間(目安)

スライスされたアーモンドは薄いので、ロースト時間は短めに。
ローストしすぎると、かなりこんがりと色付いてしまいます。

アーモンドスライスはトッピングに使うことも多いため、うっすら色付くくらいが見た目にもきれい。
ローストしすぎると苦みが全面に感じられ、アーモンドの風味が消えてしまいます。

くるみ


適正ロースト時間:160℃8〜10分間(目安)

180℃10分間だと色付きすぎてしまっています。
ローストしすぎると香ばしいというよりは渋みを強く感じてしまい、くるみの風味や甘さが感じられません。

くるみは、あまり高温でローストしないほうがよいでしょう。

カシューナッツ


適正ロースト時間:160℃10分間(目安)

カシューナッツは甘みが特徴的なナッツ。
180℃10分間だと、甘みよりも香ばしさのほうが強くなってしまいます。

カシューナッツは白いナッツなのでほんのり色付いたくらいが見た目にもきれい。
甘み・見た目ともに160℃10分間くらいが最適でしょう。

ピスタチオ


適正ロースト時間:160℃3〜5分間(目安)

濃い緑色のピスタチオ。外側の見た目はどれもあまり変わりませんが、中の色付き具合に違いが。
160℃だとほんのり色付く程度。
180℃だと茶色みが強く、色の鮮やかさがなくなってしまいます。

刻んで仕上げのトッピングにのせることが多いピスタチオは、鮮やかな色を残しておきたいもの。
ロースト時間は他のナッツに比べ、短めにするのがおすすめです。

ロースト時に気を付けたいこと

温度と時間は目安に

上記で示したロースト温度と時間、また各レシピに記載されている温度と時間はあくまで目安。
各ご家庭のオーブンによって熱の上がり方に差があるので、ローストが足りなかったり、焦げてしまったりすることがあるかもしれません。

ひとつ手に取って割ったり食べたりして、各ご家庭のオーブンに合わせて調整してみてください。

ロースト完了後はすぐに天板から取り出す

ナッツをオーブン庫内に入れっぱなしにしておくと、熱がどんどん入っていってしまいます。
ローストが完了したらすぐにオーブンから取り出し、天板から外して冷ましましょう。

あらかじめローストしておく

お菓子やパン作りに使うときは、あらかじめローストして冷ましておくことが大切。
ナッツが温かいうちに生地に入れてしまうと、生地温度が上がってしまいます。

特にパン生地は、生地温度が高くなってしまうと過発酵になってしまうこともあるので、気を付けましょう。

用途によってロースト時間を短くすることも考える

ナッツを生地に混ぜ込むのか・表面にのせて焼くのか・仕上げのトッピングに使うのかによって、温度と時間を調整しましょう。

ちょうどよくローストしたナッツを表面にのせてさらに加熱すると、ローストのしすぎで焦げてしまうことがあります。

ナッツをおいしくローストしましょう!

簡単そうに見えて、加減が難しいナッツのロースト。
ナッツをローストする際の参考にしてみてください。

【おすすめの特集】アーモンドのお菓子・パンのレシピアーモンドのお菓子・パンのレシピの特集はこちら
date
2020/05/20
writer
よーちんママ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

ゼリーで野菜をとろう!Part1〜トマト

暑い夏こそ栄養のあるおやつが大事!夏になると食欲がなく、冷たいものばかり食べたくなりませんか?ついついゼリーやアイスなどを食べてしまいがちですが、それならゼリーに野菜を入れて少しでも栄養をとっちゃおう!ということで、今回...

かため?やわらかめ?おすすめプリンの作り方

どんなプリンが好きですか?今も昔もプリンはおやつの王道。シンプルだからこそ、こだわりのある人は多いのではないでしょうか。あなたはかため派ですか?やわらかめ派ですか?今回は、かためプリンとやわらかめプリンのレシピと、最後に...

トーストやヨーグルトのお供に♪とっておきのジャムのレシピ4選

おうちで手作りジャムを作ってみませんか?果物のおいしさがギュッと詰まったジャムは、トーストに塗ったり、ヨーグルトに入れたり、時にはお菓子作りに使ったりと大活躍!今回は、とっておきのジャムのレシピを厳選してご紹介します。手...

寒い日に食べたい♪あったかスイーツレシピ4選

あったかスイーツで寒い冬を乗り切りたい!気温がグッと下がり、寒い日が増えてきましたね。そんなときにぴったりなのが、食べると心も体も温まるあたたかいスイーツ。そこで今回は、出来たてアツアツがおいしい、あったかスイーツのレシ...

脱酸素剤の使い方、「あり」と「なし」で効果を検証してみた

脱酸素剤の効果を検証!手作りしたお菓子をプレゼントするとき、できるだけおいしい状態で食べて欲しいですよね。そのために使うのが、乾燥剤や脱酸素剤などの鮮度保持剤。今回は、脱酸素剤について詳しく解説します。「どんなお菓子に使...

おすすめ PICK UP!

おいしく使うための正解は?ナッツのロースト方法