cotta column

サントノーレ口金の絞り方、4つのサイズを比較してみた

date
2021/11/24
writer
misa
category
お菓子作り

一度は使ってみたいサントノーレ口金

「使ってみたいけど難しそう…」
そんな声を聞くことが多い口金ナンバーワンといっても過言ではない、サントノーレ口金。

今回は、サントノーレ口金の使い方を詳しくご紹介♪サイズ表記だけでは分かりにくい、大きさの比較も行いますよ!

サントノーレ口金とは

サントノーレ口金とは、丸口金に三角の切り込みを入れたような形状が特徴の口金。

cottaさんの商品ページには、絞り口・切込・高さが表記されています。
絞り口は切れ込みのない部分の直径、切込は三角の切れ込み部分の高さ、高さは口金全体の高さです。

「サントノーレ口金30」なら、絞り口15mm×切込30mm×高さ47mmとなります。

名前の由来は?

「サントノーレ」はフランス菓子の名前。そのお菓子の特徴的なクリームの絞りをするための口金なので、サントノーレ口金と呼ばれています。

日本ではおひとり様サイズのサントノーレを見ることが多いので、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんね。こちらがそのサントノーレです。

基本の絞り方

サントノーレ口金を使うとき、まず気をつけて欲しいのは、絞り袋のカットです。
深い切れ込みがある口金なので、絞り袋からしっかり全体が出るようにセットできていないと、きれいな山形になりません。

それでは絞ってみましょう!
画像は、私を正面やや左から見ている状態です。

絞り方

  1. 口金は寝かせずに立て気味に。切れ込みを真っすぐ奥側に向けて構えてください。
  2. 固定して少し絞り出すと、先端の山がきれいなカーブになります。
  3. そのまま軽く絞りながら手前に引きます。
  4. 力を抜き、すっと引っ張って切ります。

絞ったものを確認してみましょう。

クリームがやわらかいと不安定で倒れやすく、かたすぎるとすっと切れずにちぎれてしまうので、クリームのかたさが大事。

お菓子の上に絞り始める前に、必ず試し絞りをして確認しましょう。

絞り始めの口金の位置に注意!

サントノーレ口金は、口金の位置よりだいぶ奥へ絞り出すことになります。そのため、絞りたい位置のかなり手前から絞り始めるのがポイント。

目安となる線を引いて、口金の位置によってどれだけ違うか試してみました。

1. 線の真上

2. 線より少し手前

3. 2よりも手前

また、口金のクリームをしっかり切っているとき(1)と、絞った後のクリームが飛び出ているとき(2・3)では距離感が変わるので気をつけて。

私は基本的に試し絞りをして、クリームが飛び出ている状態にしてから絞っています。
試し絞りをする際に、どのくらい前に飛び出るか確認しておきましょう!

ひとつあれば、絞り方いろいろ!

絞りの長さも変えられる

同じサイズの口金でも、長さを変えたりカーブをつけたり、いろいろできます。

リボンのような曲線も

絞りながら左右に振れば、くねくねと絞ることもできます。

ホールケーキのデコレーションに

サントノーレ口金は、ホールケーキのデコレーションにもおすすめ。
絞りが見やすいように、ケーキに見立てたφ15cmの円上に絞ってみます(全てサントノーレ口金20を使用)。

ホールケーキに絞る際のコツは2つ。

  1. 間隔をそろえやすくするため、パレットナイフで8等分くらいの印を付けておく。
  2. 角度やサイズをそろえやすくするため、絞るたびに回転台を回して常に同じ場所で絞る。

比較的簡単なのは、中心に向かって真っすぐの絞り。中心に向かう直線状に絞って長さをそろえれば、きれいに仕上がります。

こちらは角度を付ける絞り。
右のように長く絞るときはカーブさせるのがポイント。ずらしていくため、気をつけないとサイズや角度が変わりやすく、難易度は高めです。

サントノーレ口金の大きさ比較

比較に使うのは、cottaさんで取り扱いのある4種。サントノーレ口金15・20・25・30です。

クリームを絞って比較してみた

比べてみると、サイズの違いをかなり感じますよ。

φ6cmの円上に絞ってみた

25と30はかなり窮屈。高さもあるので、タルトや1人分のケーキの上に絞るのには、かなり大きいかも。

φ15cm×h6cmのケーキに4サイズ絞ってみた


当然ですが、大きいサイズを使うごとにクリームの使用量は増えるので、見た目だけでなく食べた時のバランスも一緒に考える必要がありますね。太さや高さの参考にしてみてください。

絞りの大きさや長さは、中央に何をどれくらい飾るかによっても変わります。
例)ケーキ:φ15cm、サントノーレ口金:20、いちご:Sサイズ

選ぶならどれ?

4種を比較してみて、個人的に「30」は一般家庭では出番が少ないかな?という印象。

1人分のケーキやタルトに使うことが多ければ「15」か「20」。
ホールのケーキやタルト、ロールケーキなどに使うことが多ければ「20」か「25」がおすすめです。

cottaさんの商品ページでは各サイズを使用したレシピも見られるので、皆さんのお写真も大変参考になりますよ。

最後に


今回は、サントノーレ口金について詳しくご紹介しました。

まだ使ってみたことのない方も、ぜひいろいろとチャレンジしてみてくださいね!
絞り方やサイズ選びの参考になればうれしいです♪

date
2021/11/24
writer
misa
category
お菓子作り

スイーツ好き、おしゃべり好き♡お菓子教室の講師は天職だと最近感じています(笑)少しでもお役に立てるお話が出来たら嬉しいです♪

この記事にコメントを書く

コメントを残す