cotta column

板チョコ2枚で!簡単おいしい焼き菓子レシピ

date
2020/02/13
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

板チョコでおいしいお菓子を作りたい!

チョコレートのお菓子作りに必要なのが、製菓用のチョコレート。
でも、もっと気軽にお菓子を作りたいときもありますよね。

今回ご紹介するのは、スーパーなどで買える板チョコで作れるおいしいお菓子レシピ。
製菓用チョコレートと板チョコの違いについても解説します。

製菓用チョコレートと市販の板チョコの違い

チョコレートは、カカオから作られる「カカオマス」と「カカオバター」を含む製品のこと。
製菓用チョコレートと市販されている板チョコの主な違いは、このカカオ分の割合です。

製菓用チョコレート

製菓用チョコレートはカカオ分を多く含むので、カカオ本来の香りを楽しめてなめらかな口当たりなのが特徴。

中でも「クーベルチュールチョコレート」は、カカオ分を35%以上(カカオバター31%以上、カカオマス2.5%以上)含むものという国際規格をクリアした製品。

クーベルチュールチョコレートはカカオバターの含有率が高いので、溶かすと流動性が高く扱いやすいチョコレート。この点からもお菓子作りに適しているといえます。

市販の板チョコ

市販の板チョコは、そのまま食べたときにおいしく食べやすいよう作られている製品。
また、流通しやすい価格にするために、カカオバター以外に植物油脂などが多く加えられています。

板チョコのパッケージ裏面の原材料を見てみるとわかりやすいですね。

*メーカーやチョコレートの種類(ブラックやミルク、ホワイト)によって、原材料の割合などは異なります。

お菓子作りで板チョコを使うときに気を付けるポイント

お菓子作りで板チョコを使う場合

  • 手軽に買える
  • 薄いので手で割ったり刻んだりしやすい
  • 食べ慣れた味

のようなメリットがあります。

ただし、原材料の配合が製菓用チョコレートと異なるため、レシピをそのまま代用するのは難しいことも。
そこで、板チョコを使うときに気を付けるポイントをまとめてみました。

板チョコを使うときに気を付けるポイント

  • カカオバター以外の油脂や乳成分が多く含まれているため、高温で溶かすと分離しやすい(特にミルクやホワイト)
  • カカオ分以外の成分がたくさん含まれているので、溶かして固める場合、きれいに固まらないこともある
  • カカオバター以外の油脂や砂糖が多く含まれているため、製菓用チョコレートを使うレシピでそのまま作るとくどい味になってしまう

板チョコでお菓子を作るなら、生地にチョコレートを混ぜ込む焼き菓子(パウンドケーキやブラウニーなど)が◎
砂糖や乳成分が比較的含まれていないブラックチョコレートを使うのがおすすめです。

一度溶かして固めるお菓子(トリュフやマンディアンなど)は、クーベルチュールチョコレートで作るよりも難易度が高くなるので注意が必要。

板チョコで作れるおいしいパウンドケーキレシピ

板チョコを2枚使って、パウンドケーキを作りましょう。
1枚は溶かして生地に混ぜ込み、もう1枚は小さく刻んで加えた濃厚なチョコレートパウンドケーキです。

材料(178×80×H60mm、底寸157×65mmのパウンド型1台分)

  • 板チョコ(ブラック)…2枚(100g)
  • 無塩バター…90g
  • 砂糖…50g
  • 卵…Mサイズ2個(100g)
  • 薄力粉…80g
  • アーモンドパウダー…20g
  • ココアパウダー…20g
  • ベーキングパウダー…小さじ1(4g)
  • ラム酒…10g

下準備

  • バターと卵は常温に戻しておく。
  • 型に敷紙を敷いておく。
  • 粉類(薄力粉・アーモンドパウダー・ココアパウダー・ベーキングパウダー)を合わせてふるっておく。
  • オーブンを170℃に予熱しておく。

作り方

  1. 板チョコ1枚は手で小さく割ってボウルに入れ、湯せんにかけて溶かす。
    もう1枚の板チョコは包丁で細かく刻む。

  2. 常温に戻したバターをハンドミキサーで混ぜる。
    低速で混ぜてなめらかなクリーム状になったら、グラニュー糖を加えてさらに混ぜる。

    *白っぽくふわっとした状態になるまで混ぜましょう。

  3. 溶きほぐした卵を少しずつ加えて、その都度ハンドミキサーで混ぜる。
    *分離しないように気を付けましょう。
  4. 湯せんで溶かしたチョコレートを加えて、ゴムベラで混ぜる。
  5. 合わせてふるった粉類を加え、ゴムベラで練らないように混ぜる。
  6. 粉がなじんだらラム酒を加え、つやっぽくなるまで混ぜ合わせる。
    刻んだチョコレートを加え、全体に行き渡るようにさっと混ぜる。
  7. パウンド型に入れて、170℃で35〜40分間焼成。
  8. 焼き上がったら型から出して、ケーキクーラーの上で粗熱を取る。
    粗熱が取れたらラップに包んで1日置く。
  9. チョコレートをたっぷり感じるパウンドケーキの出来上がり。
    しっとりほろっとした生地に、刻んだ板チョコの食感がアクセントに♪

「板チョコでもおいしい!チョコパウンドケーキ」の詳しいレシピページはこちら

板チョコを使用するので、いつものパウンドケーキよりも砂糖を減らし、甘くなりすぎない配合に。

ラム酒を加えることで味に奥行きが出ますよ。
ラム酒以外に、グランマルニエなどのお好みのリキュールを使用するのもおすすめです♪

チョコパウンドケーキのラッピング

カットしたパウンドケーキをひとつずつラッピングをすれば、プレゼントにもぴったり!
箱に入れれば、まるでお店のような仕上がりに◎

「チョコパウンドケーキのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

板チョコでお菓子作りを楽しんで!

クーベルチュールチョコレートで作ったお菓子はもちろんおいしいですが、板チョコでおいしく作れるお菓子もあります。

ぜひ板チョコを使って、気軽にお菓子作りを楽しんでみてくださいね。

【おすすめの特集】バレンタインレシピバレンタインレシピの特集はこちら
date
2020/02/13
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

この記事にコメントを書く

コメントを残す

カラフルなたまごボーロのレシピ

懐かしの味 たまごボーロ 小さい頃食べた懐かしの味のたまごボーロ。 まだ歯が生えそろっていない赤ちゃんでも楽しめる、優しい味のお菓子です。 ついつい買ってしまうたまごボーロですが、少ない材料で簡単に作れます。 野菜パウダ ...