cotta column

クーベルチュールチョコレートとは?市販の板チョコとの違い

date
2021/02/01
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

クーベルチュールチョコレートについて知ろう!

お菓子を作るときに使うクーベルチュールチョコレート。
市販の板チョコよりも価格が高いというイメージですが、実際は何が違うのでしょうか?

今回はクーベルチュールチョコレートについて解説し、板チョコとの違いもお教えします。

クーベルチュールチョコレートとは


クーベルチュールチョコレートとは、

  • カカオ分35%以上(カカオバター31%以上、カカオマス2.5%以上)
  • カカオバター以外の代用油脂が使われていない

という国際規格を満たした製菓用のチョコレート。
カカオ分が多いためカカオ本来の味を楽しむことができ、さまざまなお菓子に加工して使用します。

「couverture(クーベルチュール)」という言葉はフランス語で、「毛布」「カバー(覆い)」といった意味。

カカオバターを多く含むクーベルチュールチョコレートは、溶かしたときに流動性がよく、固まるとつややかで口どけも◎
ボンボンショコラなどの上掛けに使うと、薄くパリッとしたコーティングができるのです。

*製菓用チョコレートでも、カカオ分35%以上ではないものはクーベルチュールチョコレートとは呼びません。

市販の板チョコはなにが違う?

市販の板チョコは、そのまま食べたときにおいしく食べやすいように作られている製品。

食べやすさとあわせて流通しやすい価格にするために、砂糖やカカオバター以外の油脂などが多く加えられています。
パッケージの原材料表を見てみると分かりやすいかもしれませんね。

*メーカーやチョコレートの種類(スイート・ミルク・ホワイト)によって、原材料の割合などは異なります。

流動性の違いを検証

クーベルチュールチョコレートと市販の板チョコで、流動性を比較してみました。
*両方とも約32℃の状態。

クーベルチュールチョコレートはツヤがあり、サラサラと流れるよう。
板チョコは少しドロっとしていて粘度があり、若干ゆっくりと落ちていきます。

実際に手に伝わる感触では、写真以上に違いを感じることができますよ。

ボンボンショコラをコーティングしてみた

同じ大きさのセンターにコーティングして比べてみましょう。

並べてみると、違いは一目瞭然!仕上がりの大きさがだいぶ変わっていますね。

クーベルチュールチョコレートは流れるように落ちていくので薄く。板チョコは濃度があるため厚みが出ます。

パリッとしたチョコレートの食感を楽しむなら、やはりクーベルチュールチョコレートがおすすめです。
作業性も、クーベルチュールチョコレートのほうが◎

味の違い

カカオ分の違いは、味の違いにもつながります。

口に入れると、カカオの風味を強く感じることができるクーベルチュールチョコレート。
カカオ分が高くなるほど、甘みよりも苦味やカカオの香りがアップします。

一方、口に入れた瞬間に甘みが広がり、食べやすいおいしさがあるのが板チョコ。
そのため、クーベルチュールチョコレートを使うレシピに使用すると、甘みが強くなったり、カカオの風味が弱くなったりという違いが出ることがあります。

板チョコはお菓子作りには使えない?

お菓子作りにはクーベルチュールチョコレートの使用がおすすめですが、板チョコでも作ることはできます。

板チョコを使うなら、マフィン・パウンドケーキ・ブラウニーなど、チョコレートを生地に混ぜ込む焼き菓子がおすすめ。

その際には、甘くなりすぎないように砂糖の量などに注意してくださいね。

「板チョコでもおいしい!チョコパウンドケーキ」の詳しいレシピページはこちら

クーベルチュールチョコレートの良さを実感してみよう

クーベルチュールチョコレートは、「高価で購入しにくい」「細かく刻むのが面倒」というイメージがあるかもしれません。

ですが今は、買いやすいお値段のものや、そのまま溶かせるタブレット状のものもあり、手軽にチャレンジできるアイテムがたくさん!

メーカーさんによって、いろんな味わいのクーベルチュールチョコレートがあるので、お気に入りを見つけたり、お菓子によって使い分けたりして、ぜひ楽しんでもらえればと思います。

【おすすめの特集】チョコレートの基礎知識チョコレートの基礎知識の特集はこちら
date
2021/02/01
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

ひまさん

2021/02/08 11:50

記事を読ませていただき、勉強になりました(^^♪
クーベルチュールチョコは以前から知っていましたが、
板チョコとの違いは知らなかったので・・・
画像と共に良く解りました、ありがとうございます!
今年は手作りしようかと思います(^^)

よーちんママさん

2021/02/09 08:25

ひま様
コメントありがとうございます。記事を喜んでいただけてとても嬉しいです(^ ^)
板チョコでもお菓子は作れますが、クーベルチュールおすすめですよ!手作りチョコ成功すると良いですね。

はるかさん

2021/02/21 01:05

初めて、知りましたありがとうございます‼️

よーちんママさん

2021/02/24 20:44

はるか様
コメントありがとうございます!
なかなか知る機会ないですよね。お役に立てたら嬉しいです♪
板チョコもクーベルチュールもそれぞれ良いところがあるので、特徴を知ってお菓子作りに生かしてみてください(^-^)

さやママさん

2021/07/18 14:56

市販チョコでクッキーを作るとラッピングのときに袋に油脂?が着いて気になっていました。油脂に違いがあるんですね!ありがとうございます。クーベルチョコ使ってみます。

よーちんママさん

2021/07/19 15:59

さやママ様
コメントありがとうございます。
市販のチョコも便利ですが、クーベルチュールで作るとおいしいのでぜひ試してみてください!
板チョコには油脂が含まれているので、そのせいでクッキーの焼き上がりに油が出てきてしまうのかもしれませんね。
クーベルチュールで作ったクッキー、おいしくできるといいですね^ - ^♪

この記事にコメントを書く

コメントを残す

クリームたっぷり♪シフォンサンドの作り方

シフォンサンドを作ろう シフォンケーキをカットして、サンドイッチのようにクリームなどをサンドしてデコレーションするシフォンサンド。 食べやすくて見た目にも華やかなので、よく作るという方も多いのではないでしょうか。 サンド...

おうちで作る本格オランジェットのレシピ

一度は作りたいオランジェット オランジェットは、かんきつ類の皮を砂糖漬けにしたもの(コンフィ)にチョコレートをかけたフランス生まれのお菓子。 果肉ごと輪切りにしたものや、皮だけを細長くカットしたものなど、見たことがある方...

大人の味♪香り豊かな抹茶スイーツレシピ5選

抹茶スイーツは大人のおやつタイムにぴったり 豊かな香りと絶妙なほろ苦さ、そして濃厚な風味が大人気の抹茶スイーツ。 抹茶を使うことで、見た目も鮮やかなグリーンになり、華やかで美しく仕上がるのも魅力ですよね。 今回は、ちょっ...

失敗スポンジケーキのリメイク活用術

失敗スポンジケーキを活用しよう! お菓子作りで誰もが通る道、失敗。 目を背けて見ないふりや、心をオニにして失敗生地の残骸をゴミ箱に…なんてこと、あると思います。 そんな事が何度かあったら、もう作りたくない!なんてことにも...

敬老の日に贈りたい、栗ようかんレシピ

秋の味覚を使った和菓子 老人を敬愛し、長寿を祝う国民の祝日『敬老の日』。 今回は、そんなハレの日に贈りたいお菓子を考えてみました。 気取り過ぎず、みんなでおしゃべりをしながら、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に食べること...