5,900円以上ご購入で送料無料! - 5/22(水)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

簡単ゼリーシャーベットのレシピ

date
2021/08/12
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

アガーでゼリーもシャーベットも楽しもう!

つるんとなめらかなゼリーが作れるアガー。
アガーを使ったゼリーを凍らせると、口どけの良いやわらか食感のシャーベットに大変身♪

今回はゼリーでもシャーベットでも楽しめる、ゼリーシャーベットのレシピをご紹介します。

100%フルーツジュースで作るゼリーシャーベットのレシピ

ジュースで手軽に作れる、ゼリーシャーベット。
ひとくちサイズのモールドに入れて凍らせれば、暑いときにポイっと口に入れたくなるおやつの完成です♪

材料(シリコンモールド2つ分)

  • 100%フルーツジュース…200g
  • 砂糖…10g
  • アガー…5g

作り方

  1. アガーとグラニュー糖はあらかじめ混ぜておく。
  2. ジュースを入れた小鍋に1を少しずつ振り入れ、ダマにならないように泡立て器でかき混ぜて溶かす。

    小鍋を火にかけ、かき混ぜながら加熱する。
    沸騰したらさらに1分間加熱する。

  3. 火から下ろし、シリコンモールドに注ぎ入れる。

    *計量カップなどに移して注ぐと、こぼさずにシリコンモールドに注ぎやすいのでおすすめ。

  4. 粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる。
    *アガーの凝固温度は30〜40℃なので、すぐに固まります。
  5. ゼリー状に固まったらモールドごと冷凍庫に移し、2時間ほど冷やす。
  6. 凍ったらモールドから外して出来上がり!
    保存は、フタ付きの容器やフリーザーバッグなどに入れてください。

ジュースはお好みのものでOK。さっぱり爽やかなオレンジジュースも◎

アガーで簡単!一口フルーツシャーベット」の詳しいレシピページはこちら。

カップに入れてゼリーとして食べても、つるんとおいしく♪

カップゼリーをそのまま冷凍庫で凍らせれば、カップ入りシャーベットに。
同じレシピでゼリーもシャーベットも作れます!

抹茶でほろ苦!ゼリーシャーベットのレシピ

抹茶ゼリーを凍らせるだけでシャーベットに。甘すぎずほろ苦い味わいが楽しめます。

材料(115mlカップ3個分)

  • 抹茶…5g
  • アガー…5g
  • グラニュー糖…40g
  • 水…200g
  • 粒あん(好みで)…適量
  • きなこ(好みで)…適量

作り方

  1. 抹茶とアガーとグラニュー糖を混ぜる。
  2. 水を入れた小鍋に1を少しずつ振り入れ、ダマにならないように泡立て器でかき混ぜて溶かす。
  3. 小鍋を火にかけ、かき混ぜながら加熱する。沸騰したらさらに1分間加熱する。
  4. 火から下ろして、容器に等分に注ぎ入れる。
    粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる。
  5. 固まったらお好みであんこときなこをのせれば、抹茶ゼリーの出来上がり。
    *きなこに砂糖を加えても〇
  6. ゼリーはつるんとした食感♪

  7. 抹茶ゼリーを冷凍庫で約2時間冷やしたら、抹茶シャーベットの出来上がり。

    5分間ほど室温に出しておくと、スプーンですくえるかたさに。かたすぎず、口どけの良い仕上がりです。
    あんこもすぐにやわらかくなりますが、薄めにのばしておくと早く解凍できますよ。

アガーで両方楽しめる!抹茶ゼリー&抹茶シャーベット」の詳しいレシピページはこちら。

アガーで作るシャーベットの特徴

冷凍庫にすぐ入れられる

アガーは常温で固まるので、冷凍庫にもすぐ入れられます。
後は凍るまで待てばOK!

口どけがなめらか

アガーを使うと、ジュースを凍らせただけのシャーベットよりも、口どけがなめらか。
シャリシャリした食感ではなく、やわらかい食感になります。

アガーではなくゼラチンでも作ることができますが、こちらはアガーよりもちょっとかための仕上がり。
アガーのほうがすっと歯でかめて、口に入れたときに溶けやすいように感じます(どちらが良いかは好みにもよります)。

アガーで作るシャーベットの注意点

今回ご紹介したのは、ゼリーからシャーベットにするレシピ。
シャーベットにしたものをゼリーに戻すことは想定していません。

一度凍らせたものをゼリーに戻すと、離水してしまい食感が多少悪くなります。

シャーベットにしたものをゼリーにして食べたい場合は、解凍後の離水を抑えられるアガーを使用するのがおすすめです。

アガーでゼリーとシャーベット両方楽しんでみて!

途中でかき混ぜる工程のあるシャーベットは、作るのがちょっと大変なイメージ。
でも、アガーを使えば簡単に作ることができます。

暑い夏、アガーを使ってゼリーとシャーベット両方を楽しんでくださいね。

date
2021/08/12
writer
よーちんママ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

必要なときに必要な分だけ!サワークリームパウダーの使い方

意外と出番の多いサワークリーム卵やバターのような頻度では使いませんが、お菓子作りをするときに意外と出番が多いサワークリーム。でも、使い切ることができず、中途半端に残ってしまうなんてことも。そんなときにもってこいなのが、今...

余ったドライフルーツを活用!漬けこみフルーツで美味しく冬支度

ドライフルーツ、つい余らせちゃったりしませんか?僕は材料はつい大容量サイズを買ってしまうんですが、皆さんはどうですか?すぐに使い切れるサイズを買えばいいと分かっているのですが、やっぱり大容量の方が割安でお得だからついつい...

話題沸騰!ガトー・インビジブルを作ってみた!

「ガトー・インビジブル」をご存知ですか?「ガトー・インビジブル」、直訳すると、「見えないケーキ」。野菜や果物を薄くスライスしたものを生地と一緒に焼いていくのですが、その際に、具材が生地と一体化して、「あんなにたくさんもの...

小麦粉(薄力粉)と米粉は置き換えできる?スポンジ・パウンドケーキ・クッキーで比較してみた

話題の米粉の使い勝手を大検証!体に優しいお菓子作りでも大活躍の米粉。使ってみたいけど、薄力粉のレシピをそのまま置き換えるだけでうまく作れるのでしょうか?今回は、cottaさんでも取り扱いのある製菓用の米粉「ミズホチカラ」...

タルト生地を型に敷き込む「フォンサージュ」のコツ

きれいなタルトを焼きたい!タルト生地を型に敷き込むことをフランス語で「フォンサージュ」といいます。この「フォンサージュ」、苦手と感じている方が多いのではないでしょうか。でも、ポイントをしっかりと押さえておけば、フォンサー...

おすすめ PICK UP!

簡単ゼリーシャーベットのレシピ