5,900円以上ご購入で送料無料! - 4/19(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

見た目そっくり!プリンパンのレシピ

date
2024/02/22
writer
an
category
パン作り

おやつに食べたい!プリンそっくりなパンを作ろう

おうちで手作りする方も多いプリン。いつも使うプリンカップを活用して、プリンのような形のパンを作ってみるのはいかがでしょう。

今回は、見た目だけでなく味もプリンそっくりなプリンパンのレシピをご紹介します。

プリンパンのレシピ(6個分)

中にカスタードクリームを入れて仕上げにキャラメルクリームをかけた、プリンのようなクリームパン。

2種類のクリームは、パン生地を発酵させている間に作るとスムーズです。

使用プリンカップのサイズ

  • 口径57×底径40×高さ54mm・容量100cc
おすすめのアイテム
18-8プリンカップ No.3

パンを焼く

材料

  • 強力粉…130g
  • 薄力粉…20g
  • ドライイースト…1.5g
  • 塩…2.5g
  • 砂糖…15g
  • 水…95cc
  • 無塩バター…10g

下準備

  • 水を約30℃に温める。

  • バターは押すと指がすっと入る程度のやわらかさにしておく。

  • 発酵用のボウルに薄く油脂を塗る。

  • プリンカップに分量外のバターを塗るか、オイルスプレーを吹き付ける。

作り方

  1. ボウルに強力粉・薄力粉・ドライイースト・砂糖・塩を入れてさっと混ぜ、水を加える。

    *イーストの働きが鈍るため、混ぜ合わせるまでは塩とドライイーストが触れないようにします。

  2. 手で合わせ、まとまってきたらバターを混ぜ込む。
    台の上でたたいて返すように、表面がなめらかになるまで15分間程度こねる。

    *こねる作業はホームベーカリーの機能を使ってもOK。

  3. 生地をボウルに入れ、乾燥しないようラップなどをかぶせる。
    約2倍の大きさに膨らむまで一次発酵(目安:30℃で40分間前後)。

  4. ガス抜きし、6等分して丸める。
    全体に軽く霧吹きで水をかけるなど、乾燥しないよう注意して10分間休ませる。

  5. 表面が張るように丸めなおし、底をしっかりつまんでとじる。
    きれいな面が底になるようにプリンカップに入れ、型に沿うよう軽く押さえ付ける。

  6. 型の8分目ほどの高さに膨らむまで、30℃で40分間ほど二次発酵する。
    途中、表面が乾いているようであれば霧吹きで水をかける。

  7. オーブンを180℃に予熱する。
    プリンカップの上にオーブンシートを挟んで天板をのせ、400g程度の重石を広げる。

  8. 予熱が終了したオーブンへ手早く入れる。
    180℃で5分間、150℃に下げて9〜10分間焼く。

  9. 型を返してそっと取り出し、網の上で冷ます。
    *型の材質によって焼き色の付き方は変わります。

カスタードクリームを作る

材料

  • 卵…40g
  • グラニュー糖…40g
  • 薄力粉…5g
  • 牛乳…130g
  • バニラ…3cm
  • 無塩バター…3g
おすすめのアイテム
cotta バニラビーンズ 2本入

作り方

  1. 薄力粉はふるい、グラニュー糖をよく混ぜ合わせる。そこに卵を加えて溶き伸ばす。

  2. 牛乳を少しずつ加えながら溶き伸ばす。

  3. 2をこしながら小鍋に入れる。

  4. バニラのさやを開いてナイフでそぐようにバニラビーンズを取り出し、小鍋に加える。

  5. 絶えず耐熱ゴムベラで鍋底を混ぜながら、焦がさないように弱火~中弱火(とろみがついてきたらふつふつと軽く煮立つくらいの火加減)でゆっくりと加熱。
    しっかりととろみがついたら火を止める。

  6. バターを加え、溶けてよく混ざったらバットに移す。

  7. 表面にぴったりとラップを貼り付け、保冷剤を置くなどして急冷する。

  8. 粗熱が取れたら、保冷剤をのせたまま冷蔵庫でよく冷やす。
    *成功していれば冷やしたクリームがラップに付かず、きれいにはがれます。

  9. なめらかになるまで混ぜ、シュークリーム口金を付けた絞り袋に入れる。
    使うまで冷蔵庫に入れておく。

キャラメルクリームを作る

材料

  • グラニュー糖…40g
  • 水…5g
  • 生クリーム…40g

作り方

  1. グラニュー糖と水を小鍋に入れ、中火にかけて鍋を回し、揺すりながら色付くまで熱する。
    *直接混ぜると結晶化しやすいので、揺するのがコツ。

  2. 紅茶のような色になったら常温に戻した生クリームをすぐに加える。
    揺すって混ぜ合わせ、火を止める。

  3. ぶくぶくとした泡立ちが落ち着いたらゴムベラで混ぜ、小さめの容器に移して粗熱を取る。

仕上げ

作り方

  1. パンの上部に箸などで穴を開け、カスタードクリームを入れた絞り袋の口金をさし込み、ゆっくりと注入する。

  2. キャラメルクリームをパンの上面に塗り、完成。

中にはカスタードクリームがたっぷり!

レシピのポイント

このレシピのポイントは、カスタードクリームとキャラメルクリーム。
2つのクリームの気をつけるべき点をチェックしましょう。

カスタードクリームについて

カスタードクリームは作った当日中に消費しましょう。

パンは冷やすとかたくなりやすいので、食べるときに注入するのがおすすめです。

キャラメルクリームについて

キャラメルクリームは、前日に作って冷蔵保存できます。

使うときは少し温め、流動性を持たせてから塗ると◎
フォークや箸など、先が細めのものを使うと塗りやすいですよ。

卵不使用で作りたいなら

卵不使用で仕上げたい場合におすすめなのが、「正栄食品 カスタードパウダー」。

水を混ぜるだけでカスタードクリームが作れるというお手軽アイテム!
卵不使用の材料で作られているので安心して使えます。

今回のレシピなら、「カスタードパウダー50g+水110cc」くらいが目安です。

水を混ぜるだけと簡単・時短♪忙しいときにも活躍します。

プリン好きさんに贈る絶品レシピ

プリン型を使って作る、見た目も味もプリンそっくりな菓子パンのレシピをご紹介しました。

カスタードクリームを後入れすることで焼成中に生地からはみ出る心配がなく、包むよりも多めに詰めることができます。

お気に入りのパン生地でも作れますよ!
おやつや朝食に、ぜひ試してみてくださいね。

date
2024/02/22
writer
an
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
an

自家焙煎珈琲専門店にて、焼き菓子作りやレシピ作成等を担当中。コツやポイントの理由を明確にしたレシピ作成を心がけています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

フーガスのレシピ、人気のベーコン&ハーブで基本を押さえよう

葉っぱのようなフォルムが目を引く「フーガス」を作ろう楕円形や長方形の平たいパン生地に切り込みが入った、葉っぱや仮面のようなフォルムがユニークなパン「フーガス」。今回は生地にフィリングを練り込んで作る、基本のフーガスのレシ...

パンに塩を入れる理由は?塩入りと塩なしで焼き比べてみた

パン作りの基本的な材料パン作りの基本的な材料は何かご存知ですか?粉・酵母・塩・水。リーンなパンは、たったのこれだけでできています。粉と水、そしてパンを膨らませる酵母も必要なのはわかるものの、必ずと言っていいほど「塩」を入...

マフィン型を使った、簡単ピザロールレシピ

マフィン型。マフィンを作るだけではもったいない!!一つの型でいろんなお菓子やパンが作れたらうれしい。買ったかいがある気がしますよね。マフィン型はお菓子作りをするにあたって、まずそろえたくなる型の一つだと思います。コロンと...

マフィン型で作るバターあんぱんのレシピ

きのこ形のあんぱんを作ろう!あんぱんといえば、丸い形で中央におへそのようなくぼみがあり、ケシの実やごまが付いているものが主流ですよね。今回ご紹介するのは、ちょっと懐かしいいつものあんぱんとは違った見た目のあんぱん。マフィ...

抹茶と相性抜群!ホワイトチョコクリーム入りちぎりパンのレシピ

人気食材を組み合わせてパンを作ろう!幅広い世代に人気がある抹茶のスイーツやパン。今回は、抹茶と相性の良いホワイトチョコレートを合せた“ちぎりパン”のレシピをご紹介します。抹茶とホワイトチョコクリームのちぎりパンのレシピ(...

おすすめ PICK UP!

見た目そっくり!プリンパンのレシピ