cotta column

ワックスペーパーを使った焼き菓子のラッピング

date
2019/06/12
writer
わかな
category
お菓子作り

ラッピングにワックスペーパーを使おう

ワックスペーパーとは、ろうやパラフィンワックスを染み込ませる加工を施した紙のこと。

耐水・耐油性なので、お菓子を包んだりお弁当の仕切りにしたりと、さまざまな用途に使えるんです。

今回は、ワックスペーパーを使ったラッピングをご紹介します。

さまざまなデザインがあるワックスペーパー

ワックスペーパーは多くのお店で販売されていて、そのデザインもさまざま。
シンプルなものやかわいいものなど、自分好みのデザインを選ぶことができます。

今回使用するワックスペーパーは、「デザインWAXペーパーワイド(クレムブラン)」。

一箱に50枚も入っていて、お値段もお手頃♪
白い文字で英字が入ったシンプルなデザインは、使いやすくておすすめです。

焼き菓子を包んでラッピング

ワックスペーパーは耐油性なので、焼き菓子をそのまま包むのにピッタリ。

レモンケーキをワックスペーパーでクルクル巻いてキャンディ包みに。
簡単にできるラッピングですが、見た目もかわいくおすすめです。

ワックスペーパーはしっかりした素材なので、ねじっても破れにくいのがうれしいポイント。

焼き菓子を包むときは、ワックスペーパーをぴったりと添わせながらクルクル巻いてくださいね。
緩いと、よれたり隙間ができたりしてしまい、見た目もかわいくなりません。

このままでもじゅうぶんかわいいのですが、ワンポイントにシールを貼っても♪
今回はベージュカラーのシールを使用して、ナチュラルな雰囲気に仕上げました。

お気に入りのシールを貼って、オリジナリティを出すのも楽しいですよ。

レモンケーキ以外にも、マドレーヌやフィナンシェを包むのも◎!

行事などでたくさんの数をプレゼントしたいときも、コストを押さえてラッピングすることができます。

「ワックスペーパーを使ったレモンケーキのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

円筒ケースをラッピング

PET素材の円筒ケースをワックスペーパーで包むのもおすすめです。

クッキーなどを円筒ケースに入れれば、割れる心配がなく安心。

今回使用した円筒ケースは、「デザインWAXペーパーワイド(クレムブラン)」で包むのにちょうどよいサイズ。
白字でフランス語が書かれていて、ケース自体もとってもかわいいんですよ!

円筒ケースを包むときのポイントは、折り目を付けながら丁寧に包むこと。
そうすれば、きれいなフォルムに出来上がります。

仕上げに小さなドライフラワーや造花を添えると、一味違うラッピングに。

特別な方へのプレゼントにいかがでしょう。

「ワックスペーパーを使ったクッキーのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

アイデア次第で使い道が広がります


耐水・耐油性のワックスペーパーは、さまざまな用途に使えてコスパ抜群。

今回ご紹介したワックスペーパーを使えば、50個のレモンケーキがラッピングできちゃいますよ!!(笑)

ぜひ一度、使ってみてください。

date
2019/06/12
writer
わかな
category
お菓子作り

お菓子作りと猫と写真が大好きです!趣味でお菓子作りをしています。
美味しく可愛く笑顔になれるお菓子を目指しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

おうちで作るクレープシュゼット

フランス生まれのおしゃれなデザート クレープシュゼットとは、クレープをオレンジソースで煮た温かいフランスのデザートです。目の前で作ってくれる特別感やフランベの青い炎が浮かび上がる幻想的な雰囲気。私も初めてお店で食べた時に...

極上の塩で楽しむ♪塩キャラメルの作り方

おいしい塩で塩キャラメルを作ろう! 暑い夏の塩分補給にもぴったりな塩スイーツ。 しょっぱさだけでなく甘みも感じられる、ちょっとリッチなおいしい塩で作ってみるのはいかがでしょう。 今回は希少性の高い塩、「フルール・ド・セル...

カラメルをつくって砂糖の違いを比較してみた

お菓子に欠かせないのが、お砂糖。さらさらしたグラニュー糖、塊になりがちな上白糖、ふわふわした粉砂糖に茶色いきび砂糖・・・お砂糖には様々な種類があります。しかし、お菓子のレシピには「砂糖」と書かれていたり、「グラニュー糖」...

お菓子生地の「比重」とは?

比重を詳しく解説します! お菓子生地がうまくいかないとき、『比重を量ってみましょう』という言葉を聞いたことがありませんか? たとえ、混ぜる回数や時間がレシピに書いてあっても、混ぜ方が違えば同じ生地にはなりません。そんなと...