cotta column

NY発のおしゃれスイーツ!クッキーショットの作り方

date
2019/09/06
writer
Megumi
category
お菓子作り

クッキーショットとは

クッキーショットとは、ショットグラスの形にしたクッキーに牛乳を注いで食べるNY発のスイーツ。

外側はサクサク、内側はしっとり♪
今回はそんなクッキーショットのレシピをご紹介します。

クッキーショットに使う型

まず、クッキーショットにはどのような型が使えるのでしょうか?

オーブンでも使える耐熱性のある陶製のカップと金属製のプリンカップに、クッキー生地を入れて焼いてみました。

焼き比べの方法

ショットグラスのような形にしたいので、どちらのカップも高さ5cm程度のものを用意。

  • 陶製のカップ…クッキングシートを敷き、生地を入れて焼成。
  • 金属製のプリンカップ…バターを塗り、生地を入れて焼成。

焼き上がりは?

  • 陶製のカップ…全体的に焼きムラが出た。底もきれいに焼けなかった。
  • 金属製のプリンカップ…形も焼き色もきれいに焼けた。

陶製のカップよりも金属製のプリンカップのほうが、きれいに焼けることがわかりました。
では、プリンカップを使って、クッキーショットを作ってみましょう。

クッキーショットのレシピ

クッキーを作る

材料(プリンカップ5個分)

  • バター…75g
  • 砂糖…65g
  • 全卵…20g
  • バニラペースト…適量
  • 塩…ひとつまみ
  • 薄力粉…150g

下準備

  • バターを常温に戻しておく。
  • 薄力粉はふるっておく。

作り方

  1. バターをホイッパーでやわらかくする。
  2. 砂糖を加えて混ぜる。
  3. 溶きほぐした全卵・バニラペースト・塩を加えて混ぜる。
  4. ふるった薄力粉を加えて、生地をまとめる。
  5. ラップに包み、20分間冷蔵庫で休ませる。
  6. ビニール袋の端を折り、幅が16cmになるようにテープで留める。
  7. 生地を袋に入れて、ルーラーを使って3mmの厚さに伸ばす。
  8. 冷蔵庫で1時間程度休ませる。
  9. プリンカップにバターを塗る。
    *塗り残しがないように、しっかりと塗ってください。
  10. 休ませていた生地を冷蔵庫から出し、ビニール袋の端を切ってめくる。
    幅16cm×高さ6cmの生地が5枚できるように、6cmずつカットする。
  11. 生地を立てて筒状にしてカップに入れ込む。
    重なり合った部分はナイフで切り落とす。

    *生地のつなぎ目をしっかり合わせるのがポイント。

  12. 余った生地で直径2cmくらいのボールを作り、プリンカップの底に敷く。
    *プリンカップの底の角にしっかりと生地を入れましょう。
  13. はみ出た生地をパレットナイフで落とす。
  14. フォークで底に数か所穴を開ける。
  15. オーブンを180℃で予熱開始する。
  16. プリンカップの内側の側面と底に合わせて、クッキングシートを長方形と円に切る。
  17. 生地を敷き込んだプリンカップにクッキングシートを入れて、タルトストーンを入れる。
  18. 180℃で20分間焼成する。
    20分間焼成したら、タルトストーンとクッキングシートを外し、さらに20分間焼く。
  19. 焼けたら型から外す。
  20. 上部をゼスターグレーターで削って整える。

仕上げ

材料

  • ルセーラスイートチョコ(コーティング用)…100g

作り方

  1. チョコを50℃のお湯で湯せんして溶かす。
  2. クッキーの内側にチョコを入れて、回しながらコーティングする。
    冷蔵庫に入れて、固める。
  3. 出来上がり!牛乳を注いで召し上がれ♪

「クッキーショット」の詳しいレシピページはこちら

【応用編】クッキーショットで作るタルトパフェレシピ

クッキーショットをデコレーションして、かわいいタルトパフェを作ってみませんか?

ジェノワーズを焼く

材料

  • 全卵…60g
  • 砂糖…35g
  • 薄力粉…37g
  • バター…10g
  • 牛乳…8g

下準備

  • 5号の丸型にクッキングシートを敷く。
  • オーブンを170℃に予熱する。

作り方

  1. 全卵・砂糖をボウルに入れ、ホイッパーでよく混ぜながら、湯せんに当てる。
    37℃くらいまで温まったら、湯せんから外す。
  2. 別のボウルにバター・牛乳を入れ、湯せんで溶かす。
  3. 1をハンドミキサーの高速で泡立てる。
  4. 生地がもったりとしてきてハンドミキサーの羽で持ち上げて筋が残るようになったら、低速にして1分間きめを整える。
  5. ふるった薄力粉を加え、ゴムベラで底からすくい上げるようにして混ぜる。
    *練らないように注意してください。
  6. 2に5をひとすくい加えよく混ぜたら、5のボウルに戻してさっくりと混ぜる。
  7. 型に生地を流し入れ、170℃で25~27分間焼く。
  8. 焼き上がったら、ケーキクーラーの上に逆さまに出して冷ます。

仕上げ

材料(5個分)

  • クッキーショット…5個
  • ルセーラスイート…30g
  • カラースプレー…30g
  • 生クリーム…100g
  • 砂糖…7g
  • お好みのフルーツ…適量

作り方

  1. チョコを湯せんで溶かす。
  2. カップの飲み口部分にチョコを付け、カラースプレーを付けたら、冷蔵庫で固める。

    今回は、クッキーショットの余った生地で作った持ち手も付けてみました。
  3. 冷めたジェノワーズを1cmの厚さに2枚スライスし、3cmの円を15枚くり抜く。
    *クッキーショット1個につき3枚使用します。
  4. 生クリームに砂糖を入れて泡立てる。
  5. ジェノワーズ・フルーツ・生クリームの順に2回重ね、最後にジェノワーズをのせる。
  6. お好みのフルーツを飾って出来上がり!

「タルトパフェ」の詳しいレシピページはこちら

クッキーショットを作ってみよう!

生地にチョコチップやココアを入れたり、デコレーションを変えてみたり♪

アイデア次第でアレンジは豊富。
クッキーショット、ぜひ作ってみてください!

date
2019/09/06
writer
Megumi
category
お菓子作り
Megumi

小さい頃からお菓子作りをはじめ、製菓専門学校に進学し製菓衛生師の資格を取得。

現在は、家庭でお菓子作りを楽しんでいます。

sinsinshingoonoさん

2019/09/08 08:15

めちゃめちゃ美味しそう‼️????????????????
アイデアの数々‼️尊敬してます‼️????????

この記事にコメントを書く

コメントを残す

イタリアの伝統菓子、アマレッティレシピ

崩れるような食感のアマレッティ カリッと軽く、サクッと?ジャリッと?ホロっと?表現が難しいですが、崩れるような独特の食感。 甘さはしっかりしているのに、口いっぱいに広がるアーモンドの香ばしい風味とビターアーモンドの独特の ...

メレンゲにまつわるエトセトラ

口当たりのよいムース、ふわふわなシフォンケーキ、サクサクとしたマカロン。どのレシピにも欠かせないモノ・・・それはメレンゲ。お菓子を作る人であれば必ず作ったことがあるはずのメレンゲについて、今回クローズアップしてみました。 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。