cotta column

焼き型にもラッピング資材にも♪パニボアを使ってみよう

date
2019/10/10
writer
わかな
category
お菓子作り

ポプラ材でできた型・パニボア

ポプラ材を使った「パニボア」という商品をご存じですか?
木肌を生かしたナチュラルな見た目は、いろんなお菓子に合いそう。

今回はパニボアのおすすめポイントをご紹介し、ラッピングアイデアをお教えします♪

パニボアとは?

パニボアとは、ポプラ材でできた枠にベーキングシートがセットになったもの。
ラッピングの資材としておすすめなだけでなく、焼き型としても使える優れものの商品なんです。

パウンド型のような見た目は、型としての使い勝手も良さそう♪
でも、木製なのに焼き型にできると聞いて、驚いた方もいらっしゃるのでは?
焦げないのかな…とちょっと心配ですよね。

お菓子の生地を入れて、焼成前と焼成後の写真を比べてみましょう。
今回はマドレーヌの生地を入れて焼いてみました。
左が焼成前、右が焼成後。

焦げていません…!
オーブンで焼いてもパニボアのかたさが変わってしまうこともなく、形も崩れていません。

もちろんマドレーヌはしっかり焼けていましたよ。

こんなにナチュラルでかわいい見た目なのに焼き型にもなるなんて、どんなお菓子を焼こうかワクワクしてしまいますよね♪

cottaで取り扱いのあるパニボアは全部で3種類。
大きさが異なるので、作りたいお菓子やパンにぴったりなサイズを探してみてください。

裏面にはアルファベットでパニボアについての解説が。私の隠れたおすすめポイントです◎

パニボアを使ったラッピング

ポプラ材の見た目がかわいいパニボアは、シンプルなラッピングでもじゅうぶん魅力的に。
今回はもっとも小さな「パニボア トンプース」を使ったラッピングをご紹介します。

パニボアを二つ一緒に贈るなら…

小ぶりのパニボアなら、二つ一緒に袋に詰めてラッピングするのはいかがでしょう。

ポプラ材の木枠があるので、リボンとシールを貼るだけでも凝ったラッピングに見えますよ。
今回はヘッダーシールをポイント使いに♪
半分にカットして四隅を切り取ると、雰囲気が変わります。

このシールは、ヘッダーにするだけじゃなく、普通にシールとして使ってもかわいいのがうれしいポイント。

「パニボアを使った焼き菓子ラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

パニボアを一つ贈るなら…

パニボアを一つだけラッピングするなら、ナチュラルな見た目と形を生かしたラッピングに。

「パニボア トンプース」は、ミニサイズのマドレーヌやクッキーを詰めるのにちょうどいい大きさ。

シンプルなワックスペーパーと組み合わせることで、パニボアのナチュラルな雰囲気が引き立ちます。

「ナチュラルかわいいパニボアラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

 
今回ご紹介したラッピング方法2種をかごに詰め合わせても♪
パニボアを使うことで、全く違うラッピングのものを詰め合わせても統一感が出ますね。

パニボアの活用方法

パニボアは焼き型やラッピング資材にするのもいいですが、実は、雑貨などを入れて部屋に飾ってもかわいくておすすめなんです。

マスキングテープを「パニボア トンプース」に入れると、サイズぴったり♪

焼き型に、ラッピング資材に!パニボアを使いこなそう


いかがでしたか?
ポプラ材のナチュラルな見た目がかわいいパニボア。
焼き型に、ラッピング資材にといろいろな使い方ができます。

ぜひ自分好みの使い方を見つけてくださいね。

date
2019/10/10
writer
わかな
category
お菓子作り

お菓子作りと猫と写真が大好きです!趣味でお菓子作りをしています。
美味しく可愛く笑顔になれるお菓子を目指しています。

ももさん

2019/10/14 11:33

作っても使っても素敵な商品ですね。環境にも優しそうだし。ただ、マドレーヌの生地を入れて何度のオーブンにいくつ入れたか、どの位の時間か書いてあると試す気にはなりますがいかんせんお値段が張るので失敗を恐れずチャレンジする気には私はなりません。

わかなさん

2019/10/15 10:49

ありがとうございます。
今回のマドレーヌは200度に余熱したオーブンを190度にさげて25分焼きました。
どのマドレーヌもだいたい20分~30分以内だと思います。
全く色はかわらずそのままですので30分焼いても平気です。
お時間と温度がわかればチャレンジしやすいですね意見ありがとうございました。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

手土産におすすめのスイーツレシピ

手土産にするお菓子に何を作る? このコラムを読んでくれている方はきっと、普段から誰かのためにお菓子を作ってプレゼントすることがあると思います。 年末年始といえば、何かと人が集まる機会が多いので、何を作ろうか悩みますよね? ...

卵の美味しさを感じるお菓子

お菓子作りに欠かせない卵 お菓子を作る時、全卵としてだけでなく、卵黄と卵白に分けて使うことも多いかと思います。 卵黄はコクを与えてくれてサクッとした食感を生み出してくれます。卵白はふっくら感と弾力をあたえてくれます。 卵 ...

カラメルをつくって砂糖の違いを比較してみた

お菓子に欠かせないのが、お砂糖。さらさらしたグラニュー糖、塊になりがちな上白糖、ふわふわした粉砂糖に茶色いきび砂糖・・・お砂糖には様々な種類があります。しかし、お菓子のレシピには「砂糖」と書かれていたり、「グラニュー糖」 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。