cotta column

モンブラン以外にも♪モンブラン口金を使ったデコレーションアイデア

date
2019/11/27
writer
nyonta
category
お菓子作り

モンブラン口金をデコレーションに使おう

小さな穴がたくさん開いた独特の形の「モンブラン口金」は、他の口金では表現できない絞りを演出してくれる口金。

モンブランを作るのに欠かせない道具ですが、モンブランにしか使えないというわけではないんです。

今回は、モンブラン口金を使ったデコレーションアイデアをご紹介。
いろいろなお菓子の仕上げをモンブラン口金で行うと、デコレーションの幅を広げることができますよ♪

大きさは3種類!モンブラン口金

モンブラン口金のサイズを大きく分けると、「小」「中」「大」の3種類。
ここでは、それぞれの特徴を解説しますね。

「小」サイズ

ミニタルトなど小さなお菓子にぴったりなサイズ。
細く繊細な絞りをしたいときに活躍します。

「中」サイズ

王道のモンブランに最も使いやすいサイズ。
さまざまな大きさのお菓子に使いやすい大きさです。

「大」サイズ

大きなホールケーキのデコレーションにおすすめのサイズ。
絞り口も大きいので絞りやすく、ボリュームのある絞りをすることができます。

どの大きさを選ぶかは、作るお菓子の種類や大きさによってお好みで使い分けOK。
どのサイズがいいか迷ったときは「中」サイズをおすすめします!

モンブラン口金を使っていろいろなケーキにデコレーション♪

モンブラン口金「中」を使って、ショートケーキ・ロールケーキ・シフォンケーキにデコレーションしてみましょう。

いつものケーキとはちょっと違った表情に仕上げることができますよ。

ショートケーキにデコレーション

王道のショートケーキも、モンブラン口金で2色のクリームを絞ると華やかな印象に。
今回は、さつまいもと紫いものクリームでデコレーション。

クリームをただ真っ直ぐに絞るだけですが、力の入れ加減でゆがんだり、切れてしまったり。真っ直ぐ絞るのも、慣れないうちは大変。
何度も絞っていくうちに、どんどんきれいに絞れるようになりますよ!

もしクリームが切れてしまっても大丈夫!切れた部分にトッピングをのせると、きれいに仕上げることができます。

「さつまいもモンブランショートケーキ」の詳しいレシピページはこちら

ロールケーキにデコレーション

意外に悩むロールケーキのデコレーション。
今回は、鮮やかなかぼちゃのクリームを絞ってみましょう。

例えば、モンブラン口金をグルグルと動かしてらせんを描くように絞り、丸口金でシャンティをサイドに。
他の口金と合わせて使用すると、アレンジは無限大。

ロールケーキ全体を覆うように絞ったり、真ん中に1列絞ってみたりするのもおすすめです。

また、ロールケーキをカットした後に絞るのも◎
お花のように絞ると華やかでかわいい印象に♪クリームが余ったら、お皿に絞ってみても!

「かぼちゃのモンブランロール」の詳しいレシピページはこちら

シフォンケーキにデコレーション

ふわふわのシフォンケーキには、たっぷりの生クリームを合わせたいですよね!
そんなときにも、モンブラン口金はボリュームある絞りができるのでぴったり。

いちごクリームやシャンティなど、生クリームがベースのクリームは詰まりにくく、やわらかいので絞りやすいですよ。

一つ気を付けたいのは、クリームのかたさ。
生クリームをモンブラン口金で絞るとボソボソになりやすいので、注意してくださいね。
植物性クリームを混ぜると、作業性が良くなるためおすすめです。

たっぷりのクリームが魅力のシフォンサンドも♪

「クリームたっぷり♪苺のマーブルシフォン」の詳しいレシピページはこちら

モンブラン口金を使うときのポイント

モンブラン口金を使いこなすポイントは四つ。
ポイントを押さえて、モンブラン口金を使いこなしましょう。

1.絞るときはテンポ良く

仕上げのクリームを絞るときってドキドキしますよね!
ゆっくり絞りたいところですが、モンブラン口金は出てくるクリーム1本1本がとても細いので、手の振動が伝わりやすいんです。

あまり慎重になりすぎると、クリームがゆがんだり途中で切れたりする原因に。
絞った後をイメージしながら、テンポ良く絞りましょう♪

2.ダマ厳禁!裏ごしてなめらかなクリームで

モンブラン口金を使用するときに最も注意したいのが、クリームのダマ。
ダマが残っていると穴に引っかかって、クリームが出てきません。

バターやペーストを混ぜるクリームは、一度裏ごしして使いましょう。

3.クリームのかたさ

クリームがかたすぎると絞るのに一苦労だったり、途中でブツブツ切れやすかったり。
逆にやわらかいと、つながって団子のようになってしまうことも。

かたさは、クリームの温度、空気や水分の量によって変わってきます。

クリームを絞り袋に入れたら、一度ボウルの中に試し絞りをして、絞りやすいかたさになっているか確認すると良いでしょう。

4.絞り袋に入れる量

生クリームなどに比べてかたいモンブランクリーム。絞り袋にたくさん入れると、出口に圧がかかり、口金が袋から抜けてしまうことが…!

使い捨てタイプの絞り袋を使用するときは、クリームの量は多くても絞り袋の半分程度までに。
かためのクリームを絞るときは、布製の絞り袋の使用がおすすめです。

モンブラン口金でデコレーションを楽しんで♪

「モンブラン口金」はモンブランだけでなく、いろいろなケーキのデコレーションを楽しむことができます。

クリームをたっぷり味わいたいケーキを作るときは、ぜひモンブラン口金を使ってみてくださいね♪

date
2019/11/27
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

カラフルなたまごボーロのレシピ

懐かしの味 たまごボーロ 小さい頃食べた懐かしの味のたまごボーロ。 まだ歯が生えそろっていない赤ちゃんでも楽しめる、優しい味のお菓子です。 ついつい買ってしまうたまごボーロですが、少ない材料で簡単に作れます。 野菜パウダ ...

秋が旬!イチジクのおやつレシピ♪

外はしっとりジューシー、中は粒々の食感が楽しいイチジクは秋が旬。 あの独特の味や香りに世界中の人々が魅了されています。   今回はその旬なイチジクを使ったおやつレシピを2つご紹介します。 イチジクとマスカルポー ...

ひんやりスイーツを持って出かけよう♪

冷たいスイーツを持って出かけるために 夏は海に出かけたり、キャンプに出かけたりなど、アウトドアで楽しむイベントがたくさんある季節ですね♡ せっかくのアウトドアイベント。焼き菓子ではなく、冷たいスイーツを持っていけたらさら ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。