cotta column

型不要!簡単、型なしタルトの作り方

date
2019/06/21
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

気軽に作れる型なしタルト

「タルト」というと作るのが難しそう…というイメージがあるかと思います。
それは、型に敷き込む作業があるからではないでしょうか。

型を使わないで作れば、タルト作りのハードルはぐんと下がるはず。

そこで今回は、「型なしタルト」の成形方法を2種類ご紹介します。
SNSなどでも話題の、型を使わない素朴なタルトに挑戦してみましょう!

型なしで作る洋梨タルトの作り方

タルト生地とアーモンドクリームを作る

タルト生地の材料(直径約20cmのタルト1台分)

  • 薄力粉…120g
  • 砂糖…30g
  • 無塩バター…60g
  • 全卵…20g

*タルト生地に粉糖を使うとサクホロ感が出ますが、型なしタルトの場合はブラウンシュガーやきび砂糖などを使って、素朴な風味を楽しむのもおすすめ。

タルト生地はフードプロセッサーを使って簡単に♪お好みのレシピで作ってもらっても構いません。

生地ができたら丸くまとめて、冷蔵庫で1時間ほど休ませておきましょう。

アーモンドクリームの材料

  • 無塩バター…50g
  • 砂糖…50g
  • 全卵…50g
  • アーモンドパウダー…50g

アーモンドクリームは、材料を順番に加えて混ぜるだけで作れます♪
分離しないように気を付けて。

タルト生地とアーモンドクリームの詳しい作り方は、レシピページをご覧ください。

成形~焼成

材料

  • 洋梨の缶詰…半割2個
  • ナパージュまたはアプリコットジャムをのばしたもの…適量
  • ピスタチオダイス…適量
  • 泣かない粉糖…適量

下準備

  • 洋梨はキッチンペーパーで水気を拭き取り、3~4mmにスライスしておく。
  • オーブンを180℃に予熱しておく。

作り方

  1. 休ませておいた生地を台の上で伸ばす。
    一方向だけに伸ばさず、90度ずつ回転させながら、丸くなるように伸ばすのがポイント。
  2. 厚さ4mm、直径24cmくらいの大きさになったらOK。
  3. オーブンシートの上に生地をのせ、底面になる部分にフォークでピケをする。
  4. アーモンドクリームを丸く広げる。
    *生地の端は折りたたむので、広げ過ぎないこと。
  5. カットした洋梨を並べる。
  6. 生地を端から内側に折りたたんでいく。
    折りたたむ回数は、8~10回くらいがおすすめ。
    折る回数によって雰囲気が変わるので、自由に折りたたんでみてください。
    *きっちり等分に折れなくても、気にせずにラフな仕上がりを楽しみましょう♪
    *生地がだれてきたら、一度冷蔵庫で冷やすと扱いやすくなります。
  7. 天板にのせ、180℃に予熱したオーブンで30分間焼成。
  8. 粗熱が取れたら、ケーキクーラーに移して冷ます。
    *焼きたてはタルト生地がやわらかく割れやすいので、天板の上に置いたままで粗熱を取りましょう。
  9. 仕上げにナパージュまたはアプリコットジャムをのばしたものを塗って、つや出しする。
    ピスタチオダイスをのせ、周りに泣かない粉糖をかける。
  10. 出来上がり♪

折り返したタルト部分がザクザクとした食感に♪型を使わなくても、おいしいタルトが楽しめます。

洋梨をりんごやオレンジなどのフルーツに変えたり、スイートポテトを包んで焼いたりするのもおすすめです。

「型なしで作る洋梨のタルト」の詳しいレシピページはこちら

大きさや成形をアレンジ

お好みの大きさでタルトを作り、空焼きしてからフィリングを入れる方法をご紹介します。

下準備

  • オーブンを180℃に予熱しておく。
  • タルト生地を作り、丸くまとめて冷蔵庫で1時間ほど冷やしておく。

作り方

  1. 伸ばした生地に作りたい大きさの丸い型を置き、ひとまわり大きくナイフでカットする。
  2. 丸い型を軽く押し、目印を付けておく。
  3. 目印の線までクルクルと縁を丸める。
  4. 底面にフォークでピケをする。
  5. 180℃に予熱したオーブンで、15分間焼成。
    焼けたらオーブンから出し、粗熱を取る。
  6. お好みのフィリングを入れて、出来上がり。
    今回は、生チョコを入れて冷やし固めました。

フィリングは、プリン生地やレアチーズ生地のような緩いものよりも、生チョコやカスタードクリームなどがおすすめ。

このレシピでは、重石を使わずに空焼きするため生地が膨らみます。
フィリングはたくさん入らないので、この点を考慮して作ってみてください。

型なしタルトの良いところ

今回二つの成形方法をご紹介した「型なしタルト」。
型を使うタルトとは違う、型なしタルトならではの魅力をまとめてみました。

  • タルト型がなくても作れる
    タルト型を持っていない方でも挑戦できます。
    オーブンシートがあればOK!
  • タルト型の下準備が不要
    タルト型を使う場合、型にバターを塗り、粉を薄く振っておくという下準備が必要。

    型なしタルトならこの作業をスキップできるので、お手軽にできちゃいます♪

  • 生地を型に敷き込む作業がない
    生地のかたさや厚さを調整しなくてはならないので、型に敷き込む作業は難しいですよね。
    これがうまくできないと、仕上がりに差が出てしまうことも。

    型なしタルトは、この一番失敗しやすい工程がありません。

  • 素朴でおしゃれな仕上がりになる
    型なしタルトは、生地を折りたたむだけのラフな仕上がり。
    型を使うタルトの美しさとは違った、おしゃれな雰囲気になります。
  • お好みの大きさでタルトが作れる
    型を使う場合は、持っているタルト型の大きさしか作れません。
    型なしタルトなら、お好みの大きさのタルトを作ることができます。
  • 型外しの失敗がない
    型を外す段階で、タルトが割れてしまったことのある方は多いのでは?
    型なしタルトはそうした失敗がありません。

型なしタルトは普段のおやつにぴったり!


型を使うタルトのような華やかさはありませんが、気軽に作れる型なしタルトは普段のおやつにおすすめです。

難しそうと身構えずに、気楽にタルト作りを楽しんでみてください♪

【おすすめの特集】タルトレシピタルトレシピの特集はこちら
date
2019/06/21
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

この記事にコメントを書く

コメントを残す

皮を器に♪グレープフルーツゼリーの作り方

果肉ゴロゴロ、グレープフルーツゼリーを作ろう 暑くなると見かける、フルーツの皮を器にしたゼリー。 果肉をくり抜いた皮が器になっていて、中には果肉もゴロゴロ。見た目もそそられますし、フルーツをそのまま食べている感もあります ...

しょうがを使ったお菓子レシピ

体に良いしょうが しょうがは、体に良い!そんなイメージが強いですよね。 風邪をひきかけたら、しょうがをいっぱい食べて暖かくして寝よう、とよく口にしている気がします。 今回は、しょうがを使ったお菓子レシピを2種類ご紹介しま ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。