cotta column

成形時にアレンジ!基本の生地から作る2種のベーグルレシピ

date
2020/02/20
writer
chiyo
category
パン作り

ひとつの生地から2種類のベーグルを作ろう

ベーグルは、いろいろな味やフィリングで楽しめる人気のパン。
今回のコラムでは、シンプルなプレーン生地を成形時にアレンジをして、2種類のベーグルを作るレシピをご提案。

フィリングやトッピングを変えれば、お総菜系とスイーツ系のベーグルを一緒に作ることができます。
成形もいつものベーグルとちょっと変えて、見た目も楽しみましょう。

基本のベーグル生地

材料

  • 強力粉…200g
  • イースト…2g
  • 塩…4g
  • 砂糖…15g
  • 水…115g

作り方

  1. こね機やホームベーカリーに材料を入れてこねる。
  2. *お使いの機械によってこね時間は違いますので、調整してください。

    もちろん手ごねも可能です。
    ベーグルは水分量が少ないので、他の生地に比べるとこねるときに多少力が必要。ですが、べたつく感じはないのでこねやすいと思います。

  3. こね上がったらボウルに移してラップをかけ、室温で30〜40分間一次発酵。
  4. *室温によって前後します。

基本の生地作りはこれで完成。
分割から、工程を2種類に分けて解説します。

ウインナーベーグル

ウインナーを巻き込んでチーズをトッピングしたベーグル。
伸ばしにくいベーグル生地でも、簡単に成形できるようにしています。

材料(6個分)

  • 基本のベーグル生地…上記の分量
  • ウインナー…6本
  • 溶けるチーズ…適量

下準備

  • 大きめの鍋にケトリング (ベーグルをゆでる工程のこと) 用のお湯をたっぷり沸かし、はちみつか砂糖を大さじ1(分量外)入れておく。

作り方

  1. 基本のベーグル生地を6分割する。
  2. パンマットの上に丸め直した生地を置いてぬれ布巾をかぶせ、15~20分間ベンチタイムを取る。
  3. 手で軽く押さえて空気を抜いたら、めん棒を上下にかけて長さ12cm程度の面長に伸ばす。
  4. 上部にスケッパーで切り込みを4か所入れる。
  5. ウインナーを置く。
  6. 生地を下から巻き、とじ目をしっかりととじる。
  7. パン生地よりも大きくカットしたクッキングシートを用意する。
  8. 成形後の生地をのせ、約35℃で20分間ほど二次発酵。

  9. ケトリング。
  10. 発酵後の生地をクッキングシートごとお湯に入れ、表裏それぞれ30秒間程度ゆでる。

  11. オーブンシートを敷いた天板に生地を置き、チーズをのせて焼成。
  12.  
    ガスオーブン、200℃で10~12分間。
    電気オーブン、210℃で11~13分間。
    *焼成温度や時間は、お使いのオーブンによって調整してください。

  13. 出来上がり。

トッピングしたチーズで切り込みは見えませんが、食べやすいのでぜひ入れて成形してみてください。

小豆入りのまん丸ベーグル

かのこ小豆が入った、まん丸成形のベーグルです。

材料(10個分)

  • 基本のベーグル生地…上記の分量

  • かのこ小豆…50g
  • きなこ…適量
  • 粉糖…適量

下準備

  • 大きめの鍋にケトリング (ベーグルをゆでる工程のこと) 用のお湯をたっぷり沸かし、はちみつか砂糖を大さじ1(分量外)入れておく。

作り方

  1. 基本のベーグル生地を10分割する。
  2. パンマットの上に丸め直した生地を置いてぬれ布巾をかぶせ、15~20分間ベンチタイムを取る。
  3. 手で軽く押さえて空気を抜いたら、めん棒を上下にかける。
  4. 生地の向きを90度変え、めん棒を上下にかけて丸い形にする。

  5. かのこ小豆を5gずつのせる。
  6. 生地を真ん中にもってくるようなイメージでとじ、丸い形に整える。
  7.  
    *ベーグル生地はとじ目が外れやすいので、しっかりとじてください。ここでとじが甘いと、ケトリング時に開いてかのこ小豆がこぼれることがあります。

  8. パン生地よりも大きくカットしたクッキングシートを用意する。
  9. 成形後の生地をのせ、約35℃で20分間ほど二次発酵。

  10. ケトリング。
  11. 発酵後の生地をクッキングシートごとお湯に入れ、表裏それぞれ30秒間程度ゆでる。

  12. オーブンシートを敷いた天板に生地を置き、焼成。
  13.  
    ガスオーブン、200℃で8~10分間。
    電気オーブン、210℃で9~11分間。
    *焼成温度や時間は、お使いのオーブンによって調整してください。

  14. 焼き上がり後、きな粉と粉糖を1:1で合わせたものをまぶしたら出来上がり。

仕上げのきな粉がおいしさの鍵!たっぷりかけてお召し上がりください。

アレンジベーグルを一緒に焼成♪

ご紹介した2種類の作り方なら、焼成温度が同じなので一度に焼くことも◎
小ぶりな「小豆入りのまん丸ベーグル」は早く焼き上がるので、タイミングを見て先に出してくださいね。

定番の成形よりも簡単にできるので、ベーグルの成形が苦手な方にも楽しんでもらえるのではないでしょうか。

「1つの生地で2種のアレンジベーグル」の詳しいレシピページはこちら

 
もちろん、この生地で定番のベーグルの形にもできますよ。
詳しい成形方法は、「むっちり黒糖ベーグル」のレシピページを参考にしてみてください。

ベーグルもアレンジして楽しもう!

基本のプレーン生地からさまざまなアレンジができるベーグル。

味だけでなく形も変えれば、見た目にも楽しめます♪
ぜひいろいろ試しみてください。

【おすすめの特集】ベーグルレシピベーグルレシピの特集はこちら
date
2020/02/20
writer
chiyo
category
パン作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

いろいろな具で楽しもう!カルツォーネのレシピ

カルツォーネを作ろう カルツォーネは、ピザの材料を包んで焼いたイタリアの包み焼きピザ。 イタリア風ホットサンドと呼ばれることもありますね。 朝食・ランチ・おやつ・お酒のおつまみなど、さまざまなシーンで活躍するカルツォーネ ...

パンが腰折れしてしまうのはなぜ?

パンの腰折れについて考えよう パン作りには、発酵不足・過発酵・クープが開かないなど、さまざまな問題があります。 私も今までパン作りをしてきて、思ったような仕上がりにならず何度も頭を抱えてきました。 その中でも特に難しく感 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。