5,900円以上ご購入で送料無料! - 6/19(水)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

コッペパン・揚げパン・パインパン 懐かしの給食パンレシピ

date
2020/08/17
writer
森嶋マリ
category
パン作り

懐かしい味!給食のパンを再現しよう

大人にとっては懐かしの味で、子どもにとっては今もおいしい給食パン。
給食パンの思い出は、地域や年代によって、ずいぶん違うようです。

それでも、コッペパンの時代が長かったせいか、給食といえばコッペパンを思い浮かべる方も多いはず。
今回はコッペパンをベースに、揚げパンとパインパンのレシピもご紹介します。

【基本】給食のコッペパンのレシピ(5本分)

材料

  • 強力粉…200g
  • 砂糖…10g
  • インスタントドライイースト…3g
  • スキムミルク…10g
  • 塩…3g
  • 水(冬はぬるま湯) …130g
  • 無塩バター…10g(常温にしておく)

下準備

  • 無塩バターを常温に戻します。
  • オーブンを190℃に予熱します。

作り方

  1. ボウルに強力粉から水までを入れて混ぜ、こねます。
  2. 粉気がなくなったら台に出して、こねます。
  3. ある程度なめらかになったら無塩バターを加え、さらにこねます。
  4. つややかになったら丸めてボウルに入れ、ぬれ布巾をかけて暖かい場所で一次発酵させます。
  5. 2倍に膨らんだら、発酵終了です。
  6. 5等分して丸め、ぬれ布巾をかけて15分間休ませます。
  7. なまこ形に成形してオーブンシートを敷いた天板に並べ、霧吹きで水をかけて二次発酵させます。
  8.  
    <成形方法>
    とじ目を上にして生地を置き、楕円形にのばします。
    長いほうの辺の上下を中央に向かって折り、生地の表面が張るように真ん中で合わせ、とじ目をしっかりとじます。
    優しく転がして、長さ20cm程度にのばします。

  9. ふっくらしたら、発酵終了です。
  10. 190℃に予熱したオーブンで15分間焼けば、出来上がり。

アレンジ1.揚げパンのレシピ

給食の揚げパンは、素朴な風味のコッペパンを揚げて作ります。

揚げパンが登場したのは、60年以上も前のこと。長い歴史のある揚げパンは今も給食の献立に登場し、変わらず子どもたちに大人気のパンです。

高温の油でさっと揚げれば、大人の胃にもやさしい、すっきり揚げパンの完成。
仕上げは、グラニュー糖でもきな粉でも、お好きなほうをまぶしてくださいね。

材料

  • グラニュー糖…適量
  • きな粉…適量
  • 砂糖…適量
  • 揚げ油…適量

作り方

  1. グラニュー糖、または、きな粉+砂糖をトレイに広げておきます。
  2. *きな粉と砂糖の割合はお好みで、1:1~2:1。
    5本分の参考量:きな粉大さじ4と砂糖大さじ2など。

  3. 190℃に熱した油で、コッペパンを揚げます。
  4. コッペパンが熱いうちに、グラニュー糖、または、きな粉+砂糖をまぶせば出来上がり。

揚げパン作りのポイント

おいしい揚げパンを作るポイントは2つ!
新しい揚げ油を使うことと、高温の油でコッペパンの表と裏をそれぞれ1分弱ずつ揚げたら、油をしっかり切ること。

揚げたてを食べるのも、おいしさの秘訣です。

「給食のコッペパンと揚げパン」の詳しいレシピページはこちら

アレンジ2.パインパンのレシピ

揚げパンと並んで人気のあるパインパン。
ご紹介するレシピは、普通のコッペパンよりほんのり甘くて、やわらか。そこにドライパインをたっぷり入れました。

材料(6個分)

  • 強力粉…200g
  • 砂糖…20g
  • インスタントドライイースト…3g
  • 塩…3g
  • 牛乳…140g(冬は人肌に温める)
  • 無塩バター…20g
  • ドライパイン…80g

下準備

  • 無塩バターを常温に戻します。
  • ドライパインが大きい場合は、1cm角ぐらいにカットします。
  • オーブンを190℃に予熱します。

作り方

  1. ボウルに強力粉から牛乳までを入れて混ぜ、こねます。
  2. 粉気がなくなったら台に出し、こねます。
  3. ある程度なめらかになったら無塩バターを加え、さらにこねます。
  4. つややかになったらドライパインを入れ、全体に均一に混ざるように揉み込みます。
  5. 生地を丸めてボウルに入れ、ぬれ布巾をかけて暖かい場所で一次発酵させます。
  6. 2倍に膨らんだら、発酵終了です。
  7. 6等分して丸め、ぬれ布巾をかけて15分間休ませます。
  8. なまこ形に成形して、オーブンシートを敷いた天板に並べ、霧吹きで水をかけて二次発酵させます。
  9.  
    <成形方法>
    とじ目を上にして生地を置き、楕円形にのばします。
    長いほうの辺の上下を中央に向かって折り、生地の表面が張るように真ん中で合わせ、とじ目をしっかりとじます。
    優しく転がして、長さ20cm程度にのばします。

  10. ふっくらしたら、発酵終了です。
  11. 190℃に予熱したオーブンで15分間焼けば、出来上がり。

パインパンは、もともとは関西を中心にした学校給食の人気パン。ですが、最近は関東の給食の献立でも見かけるようになりました。

給食でパインパンを食べたことがない!という方も、ぜひ作ってみてください。感激の味ですよ。

「パインパン・懐かしの給食パン」の詳しいレシピページはこちら

作って楽しい、食べておいしい給食パン


素朴で懐かしい給食パン。
子どもの頃を思い出しながら楽しく作って、おいしく味わってくださいね。

date
2020/08/17
writer
森嶋マリ
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

パンとお菓子作りが趣味の翻訳家。食べてくれた家族や友人が「おいしい」と笑顔になるのが、何よりも幸せ。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

生クリームの活用法としても◎ ホテルブレッドのレシピ

種類豊富な食パン“食パン”と一言でいっても、いろいろな種類がありますよね。型にふたをして焼き上げる「角食」や、ふたをせずに焼き上げる「山食」。形の違いだけではなく、生地の配合にもさまざまな違いがあると思います。今回は、食...

バゲットとバタールの違いは?フランスパンの種類を知ろう!

フランスパンの違い、知ってる?バゲットやバタールをはじめとしたフランスパンには、さまざまな種類があるのをご存じでしょうか。ひとつの生地から、形や大きさの違うパンが作られており、それぞれに名前が付けられているのです。そして...

クロフィンのレシピ・作り方【冷凍パイシートとマフィン型で簡単♪】

話題のクロフィンを作ってみよう!バター香る、さくさくふんわり食感がおいしいクロフィン。今回は冷凍パイシートを使っておうちで作れる、お手軽クロフィンのレシピをご紹介します。クロフィンとはクロフィンとは、クロワッサンとマフィ...

余った生クリームの活用にも!生クリームを使ったリッチなパンレシピ

生クリーム入りのパンを作ろうお菓子作りでは、ムースやガナッシュ、デコレーションにと頻繁に使われる生クリーム。パンに使う場合は、フルーツサンドのように後からトッピングするものを想像する方が多いのではないでしょうか?そんな生...

チョコ生地×チョコチップで♪ダブルチョコベーグルのレシピ

風味豊かなチョコベーグルを作ろう肌寒くなり、チョコレートが恋しくなってきましたね。今回は、今からの季節にぴったりなチョコベーグルのレシピをご紹介します。風味豊かなココアパウダーを使った生地に、チョコチップを巻き込んで。ダ...

おすすめ PICK UP!

コッペパン・揚げパン・パインパン 懐かしの給食パンレシピ