cotta column

型抜き・アイスボックス・スノーボール♪クッキー3種のラッピング

date
2021/02/04
writer
わかな
category
お菓子作り

クッキーをかわいく贈りたい♪

クッキーにはたくさんの種類があり、出来上がりの形状もさまざま。
種類によって、どんなラッピングにするか悩みますよね。

今回はクッキーの中でも人気の、型抜き・アイスボックス・スノーボールの3種類にぴったりなラッピングをご紹介します。

型抜きクッキーのラッピング


型抜きクッキーは、大きさや枚数によって入れられる袋が変わります。
意外と見落としがちなのが、生地の厚さ。大きさだけを考えて袋を選ぶと、クッキーが入らないなんてことに。

袋を選ぶ際には大きさと厚さを考慮しましょう。
マチ付きの袋もあるのでチェックしてみてくださいね。

シンプルな型抜きクッキーには、かわいい模様のガス袋を使うのも◎

今回使用したクッキー型は6cm。厚さ3mmの生地を型抜きしています。

使用アイテム

ラッピング工程

  1. クッキーを袋に入れてシーラーで封をし、後ろに折ってテープで留める。
  2. 袋の左側で紙糸を一周巻き、シールで留める。
  3. 写真のように斜めにリボン結びをして完成。

ポイントは、紙糸を左側に寄せて斜めに結ぶこと。袋を斜めに置くと、結びやすいのでおすすめです。

クッキーを隠さず、かわいく仕上げることができますよ。

「型抜きクッキーラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

アイスボックスクッキーのラッピング


焼き上がりの直径が約2.5cm 厚さ1.2cmのアイスボックスクッキーを袋に4つ入れて。
このままプチギフトに渡したり、ギフトボックスに入れたりするのにもぴったりなラッピングです。

使用アイテム

ラッピング工程

  1. クッキーを袋に入れてシーラーで封をし、後ろに折ってテープで留める。
  2. *セロハンテープなどでもOK。

  3. 袋の中心に寄せて、2か所にシーラーテープを巻く。
  4. 真ん中にフレーバーシールを貼る。
  5. 今回はいちごフレーバーなのでいちごのシールを。フレーバーシールにはさまざまな種類があります。

このラッピングのポイントは、シーラーテープの貼り方。巻き終わりがきっちり重なるように丁寧に貼りましょう。

表がかわいくても、裏側にシワやずれがあるとちょっと残念な仕上がりに。
細いテープは注意して巻いてくださいね。

シールを貼るだけで完成する簡単かわいいラッピングも、細かな部分まで気にかけると完成度が上がります。

「アイスボックスクッキーのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

スノーボールのラッピング


スノーボールは粉糖をまぶしているので、粉が飛び散りやすいお菓子。透明の円筒ケースに入れると、食べやすさの面でも◎
手土産にもぴったりですよ。

今回使用したケースには、8gに分割したスノーボールが13個入りました。

使用アイテム

ラッピング工程

  1. スノーボールを円筒ケースに入れ、ふたをする。
  2. シーラーテープをぐるりと一周巻き、ふたを留める。

  3. ふたにシールを貼る。
  4. リボン結びにした紙糸をケースの左上にのせ、シーラーテープで留める。

円筒ケースを活用したこのラッピングはとても簡単♪
完成度を上げるポイントは、透明シールに空気を入れず、きれいに貼ること。
ケース表面のほこりなども確認すると◎

「スノーボールラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

かわいくラッピングしてクッキーを贈ろう!


今回ご紹介した3つのラッピングは、色をピンク系にまとめてみました。

ギフトボックスなどにいろいろなクッキーを詰めて贈るときには、ラッピングに統一感があると素敵。
シーラーテープの色を変えるのもワンポイントになります。

シンプルなクッキーだからこそ、ラッピングでかわいく贈りましょう。

【おすすめの特集】クッキーのラッピングクッキーのぴったりラッピングの特集はこちら
date
2021/02/04
writer
わかな
category
お菓子作り

お菓子作りと猫と写真が大好きです!趣味でお菓子作りをしています。
美味しく可愛く笑顔になれるお菓子を目指しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

OPP袋とガス袋の違い

OPP袋とガス袋の使い分け方 お菓子をラッピングする際、どんなデザインの袋にするか迷いますよね。 ラッピングに使える袋には、デザインだけでなくいろいろな素材があり、目的に応じて選ぶことが大切。 「OPP袋」や「ガス袋」と...