cotta column

スクエア型を使って10本分♪パウンドバトンのレシピ

date
2021/02/10
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

プレゼントにも◎スティックタイプのパウンドケーキを作ろう!

スクエア型で焼いたパウンドケーキをスティック状にカットした「パウンドバトン」。
お皿やフォークを使わなくても食べやすく、プレゼントにも最適です。

今回はパウンドバトンのレシピとラッピング方法をご紹介します♪

バニラのパウンドバトンのレシピ

今回は15cmのスクエア型を使用。幅1.3cm×長さ13cm×高さ3cmの大きさのものが10本作れます。

材料(15cmスクエア型1台分)

  • 無塩バター…100g
  • 粉糖…80g
  • 卵…100g(Mサイズ2個)
  • 薄力粉…100g
  • ベーキングパウダー…1g(小さじ1/4程度)
  • バニラビーンズペースト…2g

*ベーキングパウダーについて
入れないほうがきめ細かく仕上がるのですが、真ん中の膨らみが悪くなるので少しだけ入れています。パウンド型で作るより少量で大丈夫。

下準備

  • バターは常温に戻す。
  • 卵を常温に戻し、割りほぐす。
  • 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるう。
  • スクエア型にオーブンシートを敷く。
  • オーブンは170℃に予熱する。

作り方

  1. 常温に戻してやわらかくなったバターをボウルに入れ、ハンドミキサーの低速で2分間ほど白っぽくなるまで泡立てる。
  2. 粉糖を加えてなじませ、バニラビーンズペーストも加えてさらに低速で2分間ほど泡立てる。
  3.  
    *しっかりと空気を含ませ、ふわっとした状態に。
    ここでたっぷり空気を含ませることで、きめ細かくふっくらした焼き上がりになります。

  4. ときほぐした卵を少しずつ分けて入れ、その都度ハンドミキサーで撹拌。
  5.  
    *分離しないように、卵は10回くらいに分け、少量ずつ入れるのがポイント。
     
    入れた卵がバターと完全に乳化してから次の卵を入れてください。冷たい卵を入れたり、一気に入れたりすると分離してしまいます。

  6. ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを、再度ふるいながら加える。
  7.  
    ゴムベラで生地を底から持ち上げるようにして混ぜる。粉気がなくなり、つやが出てきたら混ぜ終わり。

  8. スクエア型に生地を入れる。
  9. *ゴムベラを使って、四隅にもしっかり生地を入れましょう。

  10. カードを使って表面をならす。
  11. 170℃に予熱したオーブンで40分間焼成。
  12. *オーブンによって、温度・時間は調整してください。

  13. 型から外し、ケーキクーラーの上で粗熱を取る。
  14.  
    表面を平らにするため、逆さにして冷ます。
    *表面にケーキクーラーの跡がつかないように、オーブンシートを敷くと◎

  15. 端を薄く切り落とす。
  16. 長めのナイフを使って、幅約1.3cmにカット。
  17.  
    *きれいに切るには、ナイフを前後に小刻みに動かし、力を入れずにカットするのがポイント。
    端を切り落とした後は大体13cm四方くらいの大きさになるので、10本分カットできます。

  18. きめの細かい、しっとりとしたスティック状のパウンドケーキの出来上がり!

スティック状だと、ワンハンドで手軽に食べられるのが魅力的ですよね。

「バニラのパウンドバトン」の詳しいレシピページはこちら

アレンジも楽しんでみて

お好みでココアや抹茶、ドライフルーツを入れたアレンジも◎

中でもおすすめの、「ココアのパウンドバトン」の詳しいレシピページはこちら

おすすめラッピング

ひとつずつガス袋に入れてレースヘッダーシールを貼れば、1本でもかわいいプレゼントに!

マンディアンを入れるのにぴったりのクラフトギフトケースは、パウンドバトンを2本入れるのにもぴったりのサイズ。ちょっとしたギフトにも最適です。

リボンとシールでアレンジしても◎

「パウンドバトンのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

プレゼントにパウンドバトンを作りませんか

一度にたくさん作ることができて、1本ずつプレゼントしやすいパウンドバトン。
食べやすいスイーツは、もらったほうもうれしいですよね♪

ぜひ作ってみてください。

【おすすめの特集】スクエア型でつくるお菓子&パンスクエア型でつくるお菓子&パンの特集はこちら
date
2021/02/10
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

この記事にコメントを書く

コメントを残す

夏のおやつに♪くず餅と黒蜜の作り方

くず餅といえば? 「くず餅」といえば、どんなお菓子を思い浮かべますか? 実はくず餅は、関東と関西で大きく違うお菓子なんです。 関東のくず餅は、ひし形に切った白っぽいお菓子。 これは乳酸菌で発酵させた小麦でんぷんを使って作...