5,900円以上ご購入で送料無料! - 2/26(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

バニラビーンズペーストとは 使い方やエッセンス・オイルとの違いも解説

date
2021/03/17
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

バニラビーンズペーストの魅力を知ろう!

お菓子に少量加えると、甘い香りが楽しめるバニラ。
本格的なバニラビーンズや、手軽に使えるエッセンス・オイルといったフレーバーなど、さまざまなものがあります。

その中でも、今回は「テイラー&カレッジ オーガニックバニラビーンズペースト」の魅力をご紹介。
使い方や、エッセンス・オイルとの違いも説明します。

テイラー&カレッジ オーガニックバニラビーンズペーストってどんなもの?


「テイラー&カレッジ オーガニックバニラビーンズペースト(以下、バニラビーンズペースト)」は、上質なバニラビーンズの香りを抽出し、種を加えて使いやすいペースト状に加工したもの。

原材料のバニラビーンズは、有機栽培されたマダガスカル産ブルボン種とタヒチ産バニラタヒテンシス種を厳選してブレンドしています。

お手頃価格なのもgood!

バニラビーンズペーストはそのお値段も魅力のひとつ。
バニラビーンズは高価なので、なかなか気軽に使えないですよね。その点、バニラビーンズペーストは気兼ねなくいろいろなお菓子に使うことができる価格なのもうれしいポイント。

バニラビーンズペーストの使い方

使用するときに、さやを割って中身を取り出すバニラビーンズ。
その際に、手や包丁・まな板にビーンズがついてしまうことも…。

バニラビーンズペーストはスプーンですくったり、チューブを絞ったりするだけで加えることができるので、手間を省くとことができます。

どのくらいの量を使えばいいの?

バニラビーンズペースト50gの中に入っているバニラビーンズは、8.5本分相当。

計算すると、バニラビーンズ1本分は約5.8gに。
おおよそ6gと考えると、レシピにバニラビーンズ1/4本と書いてあれば1.5g、1/3本と書いてあれば2g程度入れればよいでしょう。

バニラエッセンスやバニラオイルとの違いは?

手軽にバニラの香りをつけるものといえば、バニラエッセンスやバニラオイルなどもありますよね。

バニラエッセンス
アルコールにバニラの香り成分を抽出したもの。
アルコールは高温で揮発するため、熱を加えるものにはあまり向きません。冷菓に使用するのが◯

バニラオイル
オイルにバニラの香り成分を移したもの。
オイルなので油脂の多い生地になじみやすく、焼き菓子に使用するのが◯

上記2アイテムと、バニラビーンズペーストとの主な違いは2つ。

  1. バニラビーンズペーストには種が入っているので、香りだけでなく見た目も本格的になる。
  2. バニラビーンズペーストは冷菓にも焼き菓子にも使える。

こんなお菓子に!バニラビーンズペーストの使い道

バニラビーンズを使うお菓子なら、同様にバニラビーンズペーストを使うことができます。

カスタード・プリン・クレームブリュレなど王道レシピはもちろんのこと、クッキー・パウンドケーキ・シフォンケーキ・マフィンなどの焼き菓子にも◎

種が見えるので、バニラビーンズを使ったものと、見た目の違いはわかりません。
しっかり香りもつくので、遜色ない味わい♪

おすすめの活用法

簡単にバニラビーンズペーストを活用できる方法として、りんごのコンポートのレシピをご紹介します。

材料(小さめりんご2個分)

  • りんご…小ぶりのもの2個

  • 水…400ml
  • グラニュー糖…80g
  • バニラビーンズペースト…2g
  • レモン果汁…大さじ1/2

作り方

  1. りんごの皮を剥き、8等分に切って芯を取る。
  2. 鍋に水からレモン果汁までの材料を入れ、煮立てる。
  3. グラニュー糖が溶けたら、りんごを入れる。

  4. 弱火で15〜20分間煮て、火を止める。
  5. *りんごが浮いてくるので、オーブンシートで落としぶたをして煮てください。

  6. そのまま鍋で粗熱が取れるまで冷ます。
  7. 冷めたら密閉容器に入れ、冷蔵庫で冷やせば出来上がり。

りんごは煮るだけでもおいしいコンポートになりますが、バニラの香りがするとまた違った味わいを感じることができて◎

そのまま食べてよし、生クリームやアイスクリームを添えてもよし!

バニラビーンズの粒が見える煮汁は、ゼリーにしても楽しめます。

「バニラ香る♪りんごのコンポート」の詳しいレシピページはこちら

便利なバニラビーンズペーストを活用しよう!

バニラビーンズよりも気兼ねなく使えるからこそ、いろいろなお菓子に加えてその香りを楽しめるバニラビーンズペースト。

お菓子作りが好きな方は、持っていて損はない一品ではないでしょうか。
ぜひお試しください。

date
2021/03/17
writer
よーちんママ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

封緘(ふうかん)テープとは?セロハンテープとの違いを比べてみた

クッキー缶に巻いてある“あのテープ”の正体、知ってる?最近、いろいろなお店でよく見かけるクッキー缶。本体とフタの間にぐるりとテープが巻かれていますよね。他にも、お菓子の入ったプラスチックケースなどに巻いてあることも。皆さ...

メレンゲは砂糖を変えても作れる?グラニュー糖・上白糖・きび砂糖・てんさい糖で比較してみた

砂糖の種類でメレンゲの立ち方に違いはある?お菓子でメレンゲを作るとき、レシピではグラニュー糖を指定していることが多いですよね。では、グラニュー糖以外の砂糖ではメレンゲを作ることはできないのでしょうか?今回のコラムでは、グ...

マドレーヌとフィナンシェの違い

詳しく知ろう!マドレーヌとフィナンシェ魅力的なフランス菓子「マドレーヌ」と「フィナンシェ」。日本でもとても親しみがあり、多くの人に愛されている焼き菓子ではないでしょうか。実はこの2つ、お菓子作り初心者さんからは違いがよく...

【おうちで旅気分】世界の国々の伝統菓子コラム5選

世界の伝統菓子で、おうちにいながら旅気分日本の伝統的なお菓子といえば和菓子ですが、世界にも魅力的な伝統菓子が数多くあります。そこで今回は、世界中の伝統的なお菓子に関するコラムをご紹介。一つひとつ手作りしてゆっくり味わえば...

バリエーションいろいろ♪濃厚&リッチなガトーショコラのレシピ4選

おうちで本格的なガトーショコラが食べたい♪濃厚な味わいとしっとりとした食感が魅力のガトーショコラは、組み合わせる素材次第でアレンジも楽しめるスイーツ。おうちでいろいろな味のガトーショコラが楽しめたら最高ですよね!そこで今...

おすすめ PICK UP!

バニラビーンズペーストとは 使い方やエッセンス・オイルとの違いも解説