cotta column

材料1つ!簡単クロテッドクリームのレシピ・作り方

date
2021/06/15
writer
shizuka
category
お菓子作り

クロテッドクリームを手作りしよう!

スコーンのお供にぴったりなクロテッドクリームは、生クリームのうま味をギュッと凝縮したような、酸味のないクリーム。

とってもおいしいクリームですが、スーパーなどで手に入りにくく、諦める方も多いのでは?

今回は生クリームだけで簡単にできるクロテッドクリームのレシピをご紹介。
クロテッドクリームの活用法もお教えします!

クロテッドクリームのレシピ

材料(出来上がり量:約50g)

  • 生クリーム(乳脂肪分45%以上推奨)…200ml

作り方

  1. 清潔な耐熱ボウルに生クリームを全量入れる。
  2. ボウルの底がじゅうぶん浸るくらいに水を張った鍋を用意し、ボウルを浮かべる。

  3. 中火にかけ、生クリームの温度が90℃になるまで加熱。
  4. 90℃になったらごく弱火にし、温度を保ったまま1時間程度加熱する。

  5. 1時間経ったら火を止める。
  6. 冷めるまで室温に置き、ラップをかけて冷蔵庫で一晩冷やす。

  7. 生クリームが分離しているので、上部分の塊を網ですくい取る。
  8. スコーンに合わせると最高のクロテッドクリームの完成です!

ミルク感がしっかり感じられ、バターよりもあっさりとしていて、口の中でスッと溶けていきます。

クロテッドクリーム作りのポイント

加熱して冷やすだけで簡単にできるクロテッドクリームですが、より効率よく作るためのポイントをお教えします。

たまに黄色い膜を寄せる

加熱を続けていると生クリームに黄色い膜(クラスト)が張ってくるので、これをときどき1か所に寄せて。

そのまま加熱していても問題はありませんが、分離を手助けしてあげると◎

同じクリームでもう一度作れる

実は、一度クロテッドクリームを作った生クリームでも同じ工程を繰り返せば、再びクロテッドクリームを作ることができるんです!

一度目より取れる量は減りますが、量を増やしたい方におすすめです。

「材料ひとつ!スコーンにぴったりクロテッドクリーム」の詳しいレシピページはこちら

クリームの種類を変えて作ってみた

クロテッドクリーム作りには、高脂肪の純生クリームが推奨されています。

クリームの種類を変えるとどうなるのか、「乳脂肪分47%の生クリーム」「乳脂肪分35%の生クリーム」「植物性脂肪のホイップクリーム」の3つで検証してみました。

条件

  • 使用量…200ml
  • 加熱時間…1時間
  • 途中作業…ときどき膜を寄せ集める

乳脂肪分47%の生クリーム


出来上がり量

  • 58g

特徴

  • 黄色い油脂が目立って見られる。
  • 膜が厚めにしっかりと張っている。

乳脂肪分35%の生クリーム


出来上がり量

  • 40g

特徴

  • 加熱中の膜は薄めでもろい。
  • 47%と比べて黄色い油脂は少なめ。

植物性脂肪のホイップクリーム


出来上がり量

  • 0g

特徴

  • うっすらと膜は張るが、上手く分離しないため取ることができない。
  • 冷やした後は全体がプリンのようになる。

使用するクリームによって、大きく差が出る結果になりました。
やはりたくさんのクロテッドクリームを作るためには、乳脂肪分の高い純生クリームを使用するのが望ましいようです。

スコーンだけじゃない!クロテッドクリームのおいしい食べ方

クロテッドクリームのおいしさを、さらに引き立てるおすすめの食べ方をご紹介します!

パンに添える

スコーンだけでなく、普段のパンにバター代わりとして使うのもおすすめ!

クラッカーにのせる

塩気のあるクラッカーに、生ハムと一緒にのせてみました。程よい塩味とクリーミーなクロテッドクリームは相性抜群♪

和風アレンジも

あんこなどの和の食材とも◎クロテッドクリームのミルキー感があんこの甘さをより引き立ててくれます。

残った液体も活用できる

クロテッドクリームを取り出した残りの液体は、泡立ててもかたくなりません。ですが、牛乳の代わりにお料理やお菓子に使うことができます。

スープに混ぜたり、スコーンの仕込みに使ったり。クロテッドクリームを作った後も、余すことなく使い切りましょう!

生クリームさえあればいい♪

おうちで簡単にできるクロテッドクリームの作り方、いかがでしたか?

アフタヌーンティーのスコーンのお供に、いつもとちょっと違うリッチな食卓に。ぜひ作ってみてください!

date
2021/06/15
writer
shizuka
category
お菓子作り
shizuka

お菓子作りが大好きな、三人姉妹の母です。
おうちのキッチンでも美味しく本格的なお菓子が作れるよう日々奮闘しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す