5,900円以上ご購入で送料無料! - 3/6(水)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

いちごパウンドケーキのレシピ・作り方

date
2023/04/07
writer
nozomi
category
お菓子作り

いちごが香る春のパウンドケーキ

今回のコラムでは、いちごをふんだんに使ったパウンドケーキのレシピをご紹介!

シンプルなパウンドケーキをパッと華やかにするデコレーション方法を2つお教えするので、お好きな仕上げで作ってくださいね。

生地を分離させないポイントや、きれいなマーブル模様の作り方についても解説しています。

いちごパウンドケーキのレシピ(17cmパウンド型1台分)

いちごの甘さと酸味が楽しめる、香り豊かなレシピです。

いちごジャムを作る

材料

  • いちご…100g
  • 砂糖(グラニュー糖)…50g
  • レモン汁…5g

作り方

  1. いちごのヘタを取って洗う。

  2. 鍋にいちご・グラニュー糖・レモン果汁を入れて火にかける。

  3. 中火から強火で15分間くらい煮つめ、器に移して冷ましておく。

シロップを作る

材料

  • 砂糖(グラニュー糖)…5g
  • 水…10g
  • モナン ストロベリーシロップ…5g

作り方

  1. グラニュー糖と水を耐熱容器に入れてレンジで沸騰させた後、粗熱がとれたらストロベリーシロップを入れて混ぜる。

パウンド生地を作る

材料

  • 無塩バター…100g
  • 砂糖(グラニュー糖)…70g
  • 全卵…100g
  • 薄力粉…80g
  • アーモンドパウダー…10g
  • ストロベリーパウダー…7g
  • ベーキングパウダー…3g
  • いちごジャム…70g程度
  • 食用色素…適量(お好みで)

下準備

  • バターと卵を常温にする。
  • 粉類をふるう。
  • パウンド型敷き紙を敷く。
  • オーブンを180℃に予熱する。

作り方

  1. ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。

  2. 卵を数回に分けて加え、その都度しっかりハンドミキサーで混ぜる。

  3. ふるった粉類をあわせ、ゴムベラで混ぜる。

  4. 生地の1/3を取り分け、いちごジャムを混ぜる。

  5. 生地の色を見て、お好みで食用色素を加える。

  6. 二つの生地を軽くあわせ、型に入れる。

  7. 型を台に打ちつけて空気を抜き、表面をならす。

  8. 180℃に予熱したオーブンで10分間焼いて取り出し、表面にナイフで切り込みを入れる。

  9. 170℃に温度を下げ、25~30分間さらに焼く。

  10. 焼き上がりすぐに型から取り出して敷紙を剥がし、シロップをうって冷ます。

仕上げる

材料

  • マスカルポーネ…50g
  • 砂糖(グラニュー糖)…15g
  • 生クリーム…100g
  • 食用色素…お好みで

  • いちご…5個
  • チョコで作った飾り…お好みで

作り方

  1. マスカルポーネ・グラニュー糖・生クリームをあわせ、ツノが立つまで泡立てる。
    *お好みで、食用色素を加えてピンクに着色しても◎

  2. 18mmの丸口金でパウンドケーキの上に絞り、いちごやチョコレートの飾りをのせれば完成。

  3. カット面に、顔のパーツをくっつけてもかわいい♪

いちごのパウンドケーキ」の詳しいレシピページはこちら。

仕上げをアレンジ:チョコレートバージョン

ストロベリーチョコを使ったデコレーションは持ち運びやすく、カットして個包装するのにもぴったり!

材料

  • ストロベリーチョコレート…50g
  • フリーズドライストロベリーなどの飾り…お好みで

作り方

  1. ストロベリーチョコレートを湯せんにかけて溶かし、冷ましたパウンドケーキにかける。

    チョコレートが固まる前に、フリーズドライストロベリーなどをトッピングすれば出来上がり。

レシピのポイント

材料を混ぜていくだけの簡単な工程のはずが、意外と失敗が多いパウンドケーキ。
ポイントを押さえれば、お店のようなふわっと軽い口どけに仕上がります。

ポイント1.生地を分離させない

生地作りの最大のポイントは、バターと卵をあわせるときに乳化させること!

ざらついているのは、分離した状態。分離した生地で焼いたパウンドケーキは、油っぽく膨らみも悪くなります。

分離させないためには、バターをやわらかい状態にしてから作業をはじめるのがコツ。
ゴムベラで簡単につぶれるくらいまでやわらかく。かたいようならレンジで数秒間ずつ温めて、その都度ほぐしてください。

また卵が冷たいとバターが冷え固まるため、分離しやすくなります。
卵は冷蔵庫から出して常温に戻しておきましょう。溶いた卵を容器ごと湯せんに当て、20℃くらいに調整するのでもOK。

卵は5回くらいに分けて入れ、その都度よく混ぜて!少しずつ加えるこの方法が、分離しにくくおすすめです。

ポイント2.粉の混ぜすぎに注意

粉類を加えてから混ぜすぎてしまうと、小麦のグルテンが形成されてかたく締まった生地になってしまいます。

粉を合わせるときはゴムベラでさっくり混ぜ、練らないように注意!
粉っぽさがなくなったら、混ぜるのをやめましょう。

いちごジャムや食用色素を合わせる際も、手早く混ぜてくださいね。

きれいな見た目に仕上げるには?

おいしいだけでなく見た目もきれいなパウンドケーキを目指すには、ちょっとしたコツが必要です。

きれいなマーブル模様にしたい

ボウルの中でマーブル模様にしてしまうと、型に生地を入れる際にさらに混ざってしまい、マーブル模様がきれいに出ません。

2種類の生地をあわせた後に混ぜるのは、底から大きく2回だけ!

ゴムベラで大きく生地をすくって5回くらいで型に移すと、いい感じのマーブル模様に仕上がります。

きれいな形に焼き上げたい

オーブンに入れてから10分くらい経ったところで表面にナイフで切り込みを入れると、切り込みに沿ってきれいに割れてくれます。

また混ぜ込んだいちごが表面に出ていると、焼成時にその周辺の生地が沈みやすくなります。きれいに膨らませたい場合は、つまようじなどを使用して押し込みましょう。

いちごがごろごろと表面に出ている様子はおいしそうでもあるので、そこはお好みで。

おいしくてかわいい、春色のパウンドケーキを作ろう

フレッシュいちごのジャムをたっぷり加えた、いちご風味満点のパウンドケーキ。
デコレーション次第でパッと華やかになるので、シーンにあわせてお楽しみください♪

ポイントに気をつけて、お店みたいなパウンドケーキを作りましょう。

【おすすめの特集】いちごスイーツレシピいちごスイーツレシピの特集はこちら

date
2023/04/07
writer
nozomi
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

かわいいスイーツ大好きなnozomiです。 スイーツコーディネーターとしてお菓子作りのお仕事をしています。 お菓子教室開催しています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

失敗なしでチョコレート生クリームを作るポイント

失敗しやすいチョコレート生クリーム生クリームの泡立ては加減が難しく、緩すぎたりかたくなってしまったりと、失敗しがちです。ただでさえ難しい生クリームの泡立て。そこにチョコレートも加えると、さらに難易度がアップすると思いませ...

新ショウガでジンジャーシロップ作り

8月までが旬の新ショウガ初夏から旬が始まり、店先に陳列される新ショウガもだいぶ見慣れてきた頃かと思います。 年中出回っている皮の茶色い「ひねショウガ」(写真の左側)に比べ、新ショウガ(写真の右側)は香りや辛味が...

ドライクランベリーを使った2種の焼き菓子レシピ

ドライクランベリーはお好きですか?ドライフルーツとして人気のクランベリー。深い赤色をした美しい見た目と、甘酸っぱい味が印象的ですよね。今回は、ドライクランベリーを使った焼き菓子を2種類ご紹介します♪ドライクランベリーの特...

上品な大人の味、オペラのレシピ

フランス発祥の高貴なケーキ、オペラオペラはフランスの代表的なお菓子。名前からして、優雅で高級なイメージを持つこのお菓子は、一体どのようにして生まれたのでしょう。今回は、ケーキのオペラにまつわる逸話やレシピをご紹介します。...

マンディアンのレシピ、マフィン型で作るチョコレート菓子

手軽に作れるかわいいチョコ菓子・マンディアンバレンタインの手作りチョコレートとして人気のマンディアン。トレーに流したチョコレートに好みのトッピングをするだけなので、手軽に楽しく作れるのが魅力のひとつ♪今回は、トレーの代わ...

おすすめ PICK UP!

いちごパウンドケーキのレシピ・作り方