5,500円以上ご購入で送料無料! - 7/22(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

ハッロングロットルのレシピ、北欧のジャムクッキーの作り方

date
2023/06/02
writer
nozomi
category
お菓子作り

北欧菓子とフィーカ

北欧には「Fika フィーカ」と呼ばれるお茶と会話を楽しむ文化があります。
食べたり飲んだりするだけではなく、誰かと一緒に過ごす時間を大切にするとってもすてきな習慣です。

フィーカに欠かせないのが甘いお菓子。

今回は、フィーカの定番スイーツの一つであるハッロングロットルのレシピをご紹介します。

混ぜて丸めるといった簡単な工程でできるので、お菓子作り初心者さんにもおすすめです。
基本の丸い形だけでなく、少し変わった模様の付け方もお教えしますね。

ハッロングロットルとは

ハッロングロットルとは、生地の真ん中にラズベリージャムがたっぷり入った、おいしくてかわいい見た目のジャムクッキー。

バターたっぷりの生地はサクッと軽い食感で、ほろっとやさしい口どけが楽しめます。

名前はスウェーデン語で、「ハッロング=ラズベリー」「ロットル=洞窟」という意味。
「ラズベリーの洞窟」という名前までかわいいお菓子です。

ハッロングロットルのレシピ(12個分)

甘酸っぱいラズベリージャムと程よい甘さのクッキー生地は、コーヒーと相性抜群。

作る際は、底の直径が3〜3.5cmくらいの型やマフィンカップをご用意ください。バターたっぷりの生地なので、型に入れずに焼くと広がってしまいます。

12個取のミニマフィン型を使用すると、サイズも個数もちょうどぴったり!

材料

  • 無塩バター…100g
  • 粉糖…40g
  • 薄力粉…100g
  • コーンスターチ…20g
  • アーモンドプードル…10g
  • ラズベリージャム…適量

  • トッピング用粉砂糖…お好みで

下準備

  • フードプロセッサーを使う場合は、バターを直前まで冷やしておく。
    フードプロセッサーを使わない場合は、バターを暖かい室温に置いてやわらかくしておく。

  • マフィン型にグラシンケースを敷くか、型に薄く油を塗っておく(型に直接生地を入れても大丈夫です)。型がない場合は、小さめのマフィンカップが便利。

  • オーブンを170℃に予熱する。

作り方

  1. フードプロセッサーを使う場合
    バターからアーモンドプードルまでの材料を全て入れ、粒状になるまで攪拌する。
    →工程5へ

  2. フードプロセッサーを使わない場合
    ボウルにやわらかくしたバターと粉糖を入れて混ぜる。

  3. 粉類を全てふるい入れる。

  4. 粒状になるまで、ゴムベラで切るように混ぜる。

  5. 12個に分割して丸める。

  6. 型やカップなどに入れ、指やスティックなどで中央にくぼみをつける。
    *生地がくっついてしまう場合は、少量の強力粉をつけるのがポイント。

  7. 絞り袋やスプーンを使い、ラズベリージャムをくぼみに入れる。

  8. 170℃に予熱したオーブンで20分間前後、焼成。
    *焼き色を付けすぎないように注意。

  9. 完成。

    そのままでも粉糖でお化粧しても、どちらでもお好みでOK。

ハッロングロットル」の詳しいレシピページはこちら。

アレンジ提案

丸いくぼみにラズベリージャムを入れるのが定番デザインのハッロングロットル。
くぼみの形を変えれば、キュートな仕上がりにできます。

指やスティックを使う

マジパン用のものなど、細工用のスティックを使えばさまざまなデザインが可能に。箸でも代用できます。

大きな丸の上に小さな丸をいくつか作れば、肉球の出来上がり。

指やスティックでハート形を作ってもかわいい♪

クッキー型を使う

クッキーの抜き型を使うのもおすすめです。

分解したスタンプクッキー型をギュッと押し付けてみてください。
生地にくっつく場合は、少量の強力粉を型に付けて使いましょう。

お花の形のハッロングロットルの出来上がり♪

おすすめのアイテム
抜き型(フラワー 4個セット)

ラズベリージャムを他のジャムに変えても楽しめそう!
いろんな形や味に挑戦してみてください。

フィーカに欠かせない定番菓子・ハッロングロットル

今回は、フィーカ(お茶の時間)に人気のスイーツ「ハッロングロットル」をご紹介しました。

人と人とのコミュニケーションを大切にする北欧の文化や習慣は、とってもすてきですよね。
家族やお友達とのフィーカのテーブルに、手作りのハッロングロットルを添えてみませんか。

思いたったらすぐに作れる手軽なレシピなので、ぜひ一度作ってみてください。

date
2023/06/02
writer
nozomi
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

かわいいスイーツ大好きなnozomiです。 スイーツコーディネーターとしてお菓子作りのお仕事をしています。 お菓子教室開催しています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

カラフルにかわいく!ひとつの絞り袋で多色のクリームを絞り出す方法

カラフルなクリームをひとつの絞り袋で絞りたい!海外で大人気の、カラフルなクリームがグラデーションになったかわいいスイーツ。何色ものクリームをどうやって絞り出しているのか、気になりませんか?今回は作りやすいクリームのレシピ...

「ブランシール」とは?卵黄を白っぽくなるまで混ぜる理由

卵黄を白っぽくなるまで混ぜるのはなぜ?「卵黄に砂糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜましょう」。お菓子作りの工程で、誰もが目にしたことのある一文ではないでしょうか。でも、これって何のため?どこまでやればいいの?今回はそんな...

クレームブリュレだけじゃない♪カソナードを使いこなそう!

カソナードって何?フランス産のお砂糖「カソナード」。あまり聞き慣れないお砂糖ですが、クレームブリュレの上のキャラメリゼによく使われるお砂糖といえば、なんとなく分かるでしょうか?グラニュー糖を使うのとどう違うの?クレームブ...

マフィン型活用♪フロランタンサンドのレシピ

みんな大好き♪フロランタンがサンドクッキーに!?今回ご紹介するのは、フロランタンをサンドクッキー仕立てにしたレシピ。アーモンドのあめ部分(ヌガティーヌ)とクッキー生地を別々に作って、プラリネチョコクリームをサンドしました...

冷凍パイシートとマフィン型で作る!簡単フロランタンのレシピ

パイシートでフロランタンを作ろうキャラメルヌガーとナッツのザクザク感がおいしいフロランタン。クッキー生地の上にキャラメルナッツを流し込み、しっかりと焼き上げるお菓子です。とってもリッチで人気のお菓子ですが、少し手間がかか...

おすすめ PICK UP!

ハッロングロットルのレシピ、北欧のジャムクッキーの作り方