4,900円以上ご購入で送料無料! - 7/16(火)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

豆パンのレシピ・作り方

date
2023/09/11
writer
eri
category
パン作り

彩りも味も◎ 5種のかのこ豆が入った豆パンはいかが?

甘く煮たお豆とパン生地の相性が抜群の豆パン。
ほんのりやさしい甘さで、なんだか気分がほっこりしますよね!

今回はかのこ豆ミックスを使った豆パンのレシピをご紹介します。

パンにもお菓子にもぴったり!絶品・かのこ豆ミックス

かのこ豆ミックスは、大納言・金時豆・虎豆・うぐいす豆・大手亡(白いんげん豆)の彩り豊かな5種類の豆が入ったアイテム。

豆同士がくっつかずにバラバラになっているため、使いたいぶんだけ取り出せる点がとても便利。
冷凍保存品で日持ちするのもうれしいポイントです。

甘さがあってそのまま食べておいしいのはもちろん、パンやお菓子に使用するだけで簡単にワンランクアップした出来栄えに。
今回のように豆をメインにしたパンにふさわしいおいしさです。

おすすめのアイテム
タヌマ かのこ豆ミックス 500g

豆パンのレシピ(7個分)

ほのかに甘いかのこ豆とやわらかなパン生地の組み合わせは、万人受けする一品。
かのこ豆をたっぷり入れて、パン作りを楽しみましょう!

材料

  • 強力粉…200g
  • 砂糖…20g
  • 塩…3g
  • スキムミルク…7g
  • インスタントドライイースト…3g
  • 卵黄…1個
  • 水…122g
  • 無塩バター…25g
  • かのこ豆ミックス…210g

*水について
夏場は冷水、春秋は常温の水、冬場は40℃前後のぬるい湯と、季節によって調整してください。

作り方

  1. 粉類をホームベーカリーやこね機にセットし、卵黄と水を加えてこねをスタートする。

    8分ほど経ったらバターを投入し、さらに10分間程度こね上げる。
    *生地の表面がつるんとして、弾力がある状態までこねる。

  2. こね上がったらきれいに丸め直してボウルに入れ、ラップをかぶせる。

    30℃に設定したオーブンや発酵器で、生地が2倍程度の大きさになるまで一次発酵させる。

    *目安は40~50分間。
    季節によって発酵具合は変わるので、温度や時間は目安に。膨らんだ状態を見て調整してください。

  3. 人差し指の先に粉を付け、生地の真ん中に刺して抜く。
    指を刺した穴の跡が残る状態であれば、発酵完了(フィンガーテスト)。
  4. 手で軽く生地を押してガス抜きをする。
  5. カードで生地を7等分にカットし、はかりを使って同じ重さになるように調整する。
    *生地を細かく切り刻まないように注意!
  6. 1個あたり30gのかのこ豆を2回に分けて包む。

    分割した生地を広げて15gより少し多めにかのこ豆をのせ、生地と豆を密着させる。周りから生地を中央に集め、上から軽く押さえる。

    残りのかのこ豆をのせて豆を包み込むように丸め、とじ目をしっかりとじる。

  7. とじ目を下にして並べ、室温に15分間ほど置く(ベンチタイム)。
    *ベンチタイム後は、生地が少しふっくらする。

    ベンチタイム中は、生地の表面が乾かないようにかたく絞ったぬれ布巾をかけてください。

  8. 表面にかのこ豆が出すぎず、うっすら豆が透けて見えるくらいまで、生地をやさしく丸め直す。
  9. 成形した生地を間隔をあけて天板に並べる。

    ふたまわりくらい大きく膨らむまで、オーブンの発酵機能35℃で15~20分間かけて発酵させる(二次発酵)。

    生地の乾燥が気になるときは、霧吹きで水をかける。

    *オーブンの発酵機能で発酵させる場合は、予熱時間を考慮して早めにオーブンから室温に出す。

    後は室温で発酵させ、オーブンの予熱を180℃でスタートする。
    夏場は特に発酵が進みやすいので気をつけましょう。

  10. 溶き卵(分量外の全卵)を生地の表面にハケで塗る。
  11. 180℃に予熱したオーブンで15分間ほど焼成する。

    *焼きムラがある場合は、10分くらい経過したところで天板の奥と手前を入れ替えてください。オーブンのクセに合わせて温度や時間を調整しましょう。

  12. 出来上がり!

レシピのポイント

このパンレシピの一番のポイントは、かのこ豆の混ぜ込み方。

かのこ豆はつぶれやすいので、こねの段階で混ぜ込むのではなく、分割後に混ぜ込むのがおすすめです。

また、混ぜ込むときに2回に分けて加えることで、かのこ豆が偏るのが防げます。

成形で生地を丸め直すときは、生地をきつく丸めすぎないように注意しましょう。
きつく丸めすぎると表面にかのこ豆が出てきてしまい、焼成時に豆がはがれたり焦げたりします。

幅広い年代に愛される豆パンを作ろう

かのこ豆ミックスを使用することで、シンプルな丸いパンも彩り豊かに。
かのこ豆のやさしい甘みが楽しめる、お子さまから年配の方まで喜んでいただけるおすすめレシピです。

朝食にもおやつにもぴったりの豆パン、ぜひ作ってみてくださいね!

date
2023/09/11
writer
eri
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
eri

おいしい!楽しい!が大好き。 パンやお菓子作りを通して幸せな時間をお届けできたら。 パンお菓子教室Esweetsを主宰しています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

パウンド型で焼く、りんごと紅茶のパンレシピ

パウンド型使用で簡単!りんごと紅茶のパンを作ろうりんごがおいしい季節到来!今回はフィリングにりんごを使ったパンのレシピをご紹介します。りんごを使ったパンといえば、カスタードやシナモンを合わせて作ることが多いのではないでし...

アレンジも自由自在!イタリア生まれのグリッシーニレシピ

グリッシーニってどんなパン?グリッシーニはイタリアのスティック状のパン。パンといっても、食感はクラッカーのようにポリポリッ。ふんわりパンと違って、発酵の見極めにさほど気を使わず、難しい成形もありません。なので、パン作り初...

パーティーの主役になる!サンドイッチケーキのレシピ・作り方

パーティを華やかに彩るサンドイッチケーキサンドイッチケーキと呼ばれるメニューをご存じでしょうか。またの名前をスモーガストルタ。こちらの名前の方がなじみがないですよね。私もイメージが湧きませんでした。スウェーデン語でスモー...

モントリオールベーグルのレシピ・作り方

カナダ・モントリオールで人気のベーグルを作ろうベーグルといえば、アメリカ・ニューヨークのベーグルを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、カナダ・モントリオールもおいしいベーグルが食べられる町として有名です。今...

マスカルポーネロールパンのレシピ、「あの人気パン」の作り方

マスカルポーネを練り込んだ、人気のパンを作ろうティラミスで一躍有名になり、お菓子作りで使われることの多いチーズ「マスカルポーネ」。イタリアの代表的なチーズで、なめらかで上品な甘みと濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。今回...

おすすめ PICK UP!

豆パンのレシピ・作り方