cotta column

今話題!ゴロゴロドリンクレシピ

date
2018/08/21
writer
えみ
category
お菓子作り

飲んで食べる、冷たいスイーツ♪

毎年夏になると、口をそろえていう言葉がこれ。
「暑くて、オーブンを使ったお菓子は作りたくない!」ではないでしょうか?
今年は例年に比べ異常な暑さが続いたので、そんな方も多いはず。

作る気力も、食欲も落ちるこの季節。
それでも何か作りたいし食べたいというときは、食べ始めたら止まらない、ひんやり冷たいゼリードリンクはいかがでしょう。

今回は、飲んで食べる『ゴロゴロドリンクレシピ』をテーマにご紹介したいと思います。

抹茶ミルクのゼリードリンクレシピ


買ったはいいけど、全て使い切るまで時間がかかる製菓材料ってありませんか?
我が家には、そんな材料がたくさん…。その中から今回は、「抹茶パウダー」を使ったレシピを考えてみました。

温めて、溶かして混ぜて、冷やすだけの簡単レシピなので、ぜひお試しください。

材料(330mlのグラス×3個分)

  • 牛乳…400g
  • 抹茶パウダー…大さじ2
  • 上白糖…50g
  • アガー…15g
  • *ゼラチン、寒天でもよいですが、その場合は使う商品によって凝固性が違うので、説明書きを見ながら分量には気を付けてご使用ください。

    *ストローで吸いながら食べるので、気持ちやわらかめが丁度よいです。

  • 牛乳…100g
  • 練乳…大さじ1

下準備

  • 上白糖とアガーをしっかり混ぜ合わせる。
  • *アガーはそのまま水分に加えるとダマになりやすい性質があるため、ここでしっかり砂糖と混ぜておきます。

  • 牛乳100gの中に練乳を入れ、なじむまで混ぜておきます。

作り方

  1. 鍋に牛乳400gを入れて沸騰直前まで温め、火を止めます。
     
    牛乳の一部を少しずつ抹茶パウダーの中に入れ、泡立て器でダマがなくなるまでよく混ぜて抹茶クリームを作ります。
  2.  
    *沸騰直前とは、液体が鍋肌にぷつぷつと沸いてきた状態です。温めすぎると牛乳の表面に膜が張ってしまうので、火加減に気を付けてください。

    *しっかりと混ぜてダマをなくしておかなければ、最後までダマが残ってしまい、きれいな仕上がりにならないので、ここはしっかりと混ぜてください。

  3. 1でダマがなくなるまでしっかり混ぜた抹茶クリームを、牛乳の鍋に戻してかき混ぜながら抹茶ミルクを作ります。
  4.  
    *ゆっくり作業すると温めた牛乳が冷めてしまい、次の工程のアガーが溶けなくなってしまう原因となるので、手早く混ぜます。

  5. 抹茶ミルクに合わせておいたアガーと砂糖を加え、ホイッパーでダマができないようにしっかりと混ぜながら溶かし、バットなどの容器に移します。
  6.  
    *アガーは常温でも固まり出すため、この作業も手早く行い、容器へ移す際も手早く行ってください。

    *急いだのに固まってしまった場合は、もう一度弱火で温め直してください。このときも、沸騰させないように気を付けてください。

  7. 冷蔵庫で固まるまで冷やします。
  8. 冷やし固めたゼリーを、フォークやスプーンで好みのサイズに砕いていきます。
  9.  
    *手持ちのストローの穴のサイズに合わせてゼリーを砕かなければうまくストローで吸えないので、砕くサイズは調整してください。

  10. 砕いたゼリーをグラスの7分目くらいまで入れて、下準備で混ぜておいた牛乳と練乳を注けば完成です。

抹茶に合う食べ物は何だろう?と考えて、もっと豪華に変身させてみました。

グラスにゼリーを入れるときに、あんこを間に挟んでいき、最後にアイスクリームをのせたら、抹茶ゼリーパフェの出来上がりです!

このときに使用するあんこは、粒あんだとストローで吸いづらいかもしれないので、こしあんの方が向いていると思います。

アイデア次第でアレンジ自在

いかがでしたか?
他にも、栗や白玉をのせてもおいしそう!
アイデア次第でもっといろんな楽しみ方があるはずです。

せっかくだから、色んなアレンジをいっぱい楽しんでみてくださいね。

【おすすめの特集】アガー・ゼラチン・寒天・ペクチンの違いアガー・ゼラチン・寒天・ペクチンの違いの特集はこちら
date
2018/08/21
writer
えみ
category
お菓子作り

お菓子や料理をつくる時間、食べる時間を楽しむ会社員。
日本だけではなく世界中のおいしい料理、お菓子、それにまつわる文化を勉強中です。

この記事にコメントを書く

コメントを残す