5,500円以上ご購入で送料無料! - 4/22(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

和風シュトーレンのレシピ・作り方

date
2020/12/09
writer
saori
category
パン作り

まるで和菓子のようなシュトーレン

ウキウキ心躍るクリスマスが、いよいよ近づいてきましたね。

クリスマスのパンとしてすっかりなじんできたシュトーレン。
最近ではスタンダードなものから、いろいろなフレーバーのシュトーレンも多く見かけるようになりました。

今回は和素材を使った、まるで和菓子のようなシュトーレンをご紹介。
お酒やスパイスは使わず、小さなお子さまから大人までどなたでも食べやすい上品なお味に仕上げています。

ほうじ茶と和三盆のシュトーレンレシピ(20cmほどのもの2台分)

フィリングを準備する

材料

  • 大納言小豆…60g
  • クランベリー…40g
  • くるみ…40g

作り方

  1. クランベリーは5mm角に切って熱湯でさっと湯通しをしてザルにあげ、余分な水分をキッチンペーパーで除く。
  2. くるみは180℃のオーブン(予熱なし)で10分間ローストし、5mm角に砕く。
  3. クランベリーとくるみを合わせておく。
  4. 大納言小豆は計量し、室温に戻しておく。

ほうじ茶ローマジパンを作る

材料

  • アーモンドプードル…40g
  • 和三盆糖…20g
  • ほうじ茶パウダー…4g
  • 卵白…10g

作り方

  1. ボウルに卵白以外の材料を計量し、ゴムベラで混ぜ合わせる。
  2. 卵白を加え、ひとまとまりになるまで練り合わせる。
  3. まとまったら2分割し、14cmの棒状に整え、それぞれラップで包む。
  4. 使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

パン生地を作る

材料

  • 強力粉(春よ恋)…160g
  • アーモンドプードル…40g
  • ほうじ茶パウダー…6g
  • インスタントドライイースト…3.5g
  • 和三盆糖…10g
  • 卵黄…1個
  • 塩…3.6g
  • 牛乳…120g
  • 無塩バター…40g

下準備

  • 卵黄・無塩バターは室温に戻しておく。
  • 牛乳は人肌程度に温めておく。

作り方

  1. 強力粉から牛乳までの材料をボウルであわせたら、台の上でこねる。
  2. 生地がある程度つながってきたら、無塩バターを加えてさらにこねる。
  3. こね上がったら生地を分割。
  4. 成形時に本生地を包む用、70g×2個。
    フィリングを入れる用、残りの生地全て。

  5. フィリングを入れる用の生地にクランベリーとくるみを混ぜ込む。
  6. *ここまでの工程は、ホームベーカリーやこね機を使ってもOK。

  7. クランベリーとくるみが均一に混ざったら、生地を20cm角ほどに広げる。
  8. 大納言小豆を広げて手前から巻き、縦置きにしてさらに手前から巻き、巻き終わりを下にする。

  9. 一次発酵。
  10. 30℃で2倍の大きさになるまで発酵させる。

  11. フィンガーテストをして発酵状態が良ければ、ガス抜き。
  12. 包む用の生地は再度丸め直し、フィリングの入った生地は2分割して丸め直す。

    ラップまたはぬれ布巾をかけて、10分間ほどベンチタイムを取る。

  13. 成形。
  14. 包む用の生地は、とじ目を上にしてガス抜きめん棒でタテ15cm・ヨコ18cmにのばす。
    フィリングの入った生地は、とじ目を上にしてガス抜きめん棒でタテ12cm・ヨコ14cmにのばす。

    ほうじ茶ローマジパンをフィリングの入った生地の中央に置き、くるりと巻く。
    巻き終わりが上の状態で、包む用の生地の中央に置いて包み込む。

  15. 二次発酵。
  16. とじ目を下にして天板に置く。ラップとぬれ布巾をかけて、30℃でひとまわり大きくなるまで発酵させる。

  17. 焼成。
  18. 220℃に予熱したオーブンを200℃に設定し、17~20分間焼く。
    *ご自宅のオーブンの火力にあわせ、様子を見てください。

仕上げる

材料

  • 無塩バター…20g
  • うぐいすきな粉…大さじ2
  • 和三盆糖…小さじ2

作り方

  1. 無塩バターは耐熱容器に入れて湯せんするか、焼成中のオーブンの上に置いて溶かしておく。
  2. 生地が焼き上がったら、すぐにハケで上澄みのバターを塗る。
  3. 粗熱が取れたら、うぐいすきな粉と和三盆糖を混ぜ合わせたものを茶こしでたっぷりふるいかけて完成。
  4. カットして召し上がれ♪

「和香る♪ほうじ茶と和三盆のシュトレン」の詳しいレシピページはこちら

 
ご紹介したシュトーレンは、日持ちがしないふんわりパンタイプ。2~3日のうちにお召し上がりくださいね。

クリスマスだけでなくお正月にも

和素材をふんだんに使った和菓子のようなシュトーレンは、お正月の席にもぴったり。
温かい日本茶ともよく合うと思います。

おうちで手軽に作れるレシピなので、ぜひ焼いてみてくださいね♪

【おすすめの特集】シュトーレンのレシピ特集シュトーレンのレシピ特集はこちら

date
2020/12/09
writer
saori
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

パン焼き大好き♡おしゃべり大好き♡
かわいい♪おいしい♪おもしろい♪がたーっぷりつまった手ごねパン教室をしています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

ロングセラーの渦巻きデニッシュ再現レシピ【折り込みなしで簡単】

お手軽生地でサクふわデニッシュを作ろう♪サクふわのバター風味生地に、トッピングのお砂糖がマッチした渦巻きデニッシュパン。あの大人気のロングセラー菓子パンがおうちでも楽しめたらうれしいですよね。今回は折り込み作業不要で手軽...

パン成形の基本!「丸め」を学ぼう

パン作りに欠かせない作業「丸め」パン作りで避けて通れない作業のひとつに、パン生地の「丸め」があります。今回は、パン成形の基本中の基本ともいえる「丸め」の方法をおさらいしてみましょう。意外と多い丸め作業パン作りの中で、丸め...

パン作り初心者さんにおすすめ!初めに読むべきコラム5選

パン作り初心者さんへのおすすめコラムパン作りを始めてみたいけれど、どんな材料が必要なの?パン生地ってどうやって作るの?パン作りには、お菓子作り以上にわからないことがたくさんあるのではないでしょうか。今回のコッタコラムでは...

おうちで食パンスライスのコツ

食パンのスライスどうしてますか?おうちでパンを作ったとき、パン屋さんでスライスしていない食パンを買ったとき。自分でパンをスライスする機会がありますよね。特に、食パンは厚さが変われば、食感も用途も変わってきます。みなさんは...

冬のパン生地発酵方法。寒い季節もふっくら仕上げよう

寒い季節のパン作り本格的に寒くなる季節。発酵という工程があるパン作りには、湿度を含め、とても影響のある季節です。暖かい季節は室温でよかった発酵も、対応が必要になってきますね。今日は、寒い季節の発酵方法を、パン作りで注意し...

おすすめ PICK UP!

和風シュトーレンのレシピ・作り方