5,900円以上ご購入で送料無料! - 2/26(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

春休み、親子で挑戦したい野菜のお菓子

date
2017/03/27
writer
mamiko
category
お菓子作り

子どもと一緒に簡単お菓子作り

今日は、ニンジンを使ったケーキのレシピをご紹介します。
このレシピ、作り方がとっても簡単!

材料を入れる順番さえ守れば、あとはぐるぐる混ぜるだけ。
小さなお子さんと一緒に作ってもらいたくて考えた、渾身のレシピです。
20170319_mamiko_1

レシピの生い立ち

野菜が嫌いなお子さん、苦手なお子さん、いますよね。
でも実は、食わず嫌いでそうなっている子も少なくないはず。

「嫌いな野菜もおいしいおやつにしちゃえば食べられる!」
「自分で作ったお菓子ならなおのこと!」

ジュニア野菜ソムリエと製菓衛生士、両方の資格を持つ私。
お菓子作りが子どもの野菜嫌い克服のきっかけになれば、と、自身が子育てを始めた頃に、いくつかの野菜のお菓子を考えだしました^^
(ちなみに幸い我が子はニンジン大好きでしたが(笑))
お子さんがニンジン嫌いでお困りのお母さん、必見です~^^

ニンジンケーキの材料と作り方

材料(90mlの紙コップ9個分)

20170319_mamiko_2
卵・・・2個(約120g)
きび砂糖(もしくは三温糖)・・・100g
塩・・・小さじ1/4
菜種油(もしくはサラダ油)・・・50g
人参・・・140g
薄力粉・・・110g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
シナモン・・・小さじ1/2*
ナツメグ・・・小さじ1/2*
レーズン・・・60g+α
*ナツメグとシナモンはニンジンと相性が良く、ニンジン独特の青臭い香りを消してくれます。上記のレシピは結構な量が入っていますので、スパイスが苦手な方は、少し減らしていただいても構いません。完全に除去するとやはり、ニンジン独特の香りが残ってしまいますので、少量でも入れることをお勧めします。

下準備

・卵を常温に戻しておく。
・薄力粉、ベーキングパウダー、シナモン、ナツメグは合わせてふるっておく。
・人参は使う直前にすりおろす。
・オーブンを170℃に予熱する。

作り方

1.最初にお伝えした通り、このケーキはとにかく混ぜるだけ!

2.材料を上から順に、書いてある通りに加えて、泡だて器でぐるぐると均一な状態になるまで混ぜていくだけで大丈夫です^^
20170319_mamiko_3
20170319_mamiko_4

3.粉を入れた後は、泡だて器からゴムベラに持ち替えて切るように混ぜてください。でも、お子さんが挑戦して、「切るように混ぜる」が難しくてぐるぐる混ぜちゃっても大丈夫!多少もっちりしますが、それはそれで美味しく仕上がります^^
20170319_mamiko_5

4.レーズンまで入れたら、スプーンなどで紙コップに入れていきます。

5.最後に分量外のレーズンを飾りに散らしてもOK^^
20170319_mamiko_6

6.170℃で20~25分焼いてください。取り出して、竹串を刺してみて、なにもついてこなければ焼きあがりです^^
20170319_mamiko_7

作り方次第で、ワンランクアップ!

上記のレシピでも十分に美味しいのですが、もし大人だけで作る、ワンランクアップしたいという方には、以下の作り方もお勧めです。

1.上記材料のベーキングパウダーの量を、半量に減らす。
2.卵をボウルに割りほぐす。砂糖を加え、泡だて器で卵液を常に撹拌させながら、ボウルを湯煎につける。
3.卵液の温度が人肌になったら湯せんから外し、ハンドミキサーの高速で一気に泡立てる。充分にキメの細かい泡がたち、かつボウルの底の熱が取れていたら、泡立て終了。
4.以下の手順は、上記同様。

ニンジン豆知識!

御存じだとは思いますが、ニンジンには、「カロチン」という栄養素が多く含まれています。表皮のすぐ下に最も多く含まれているので、ぜひ、このケーキを作るときには、皮ごとすりおろしてください。油と一緒に取ることで吸収率を上げてくれるので、レシピの油も省略せずに入れることをお勧めします!

スーパーでニンジンを選ぶ時は、やはりまず、オレンジ色が強く鮮やかであるものを。茶色いのは古くなっているもの、緑色の部分は日に当たって固くなっている部分ですので、綺麗なオレンジ色は美味しさの目安です!
そして、葉を切り取った茎の切り口がなるべく細いものを選んでください。切り口が大きいものは、芯が太く味が落ちると言われています。

ニンジン嫌いなお子さんを持つお母さん、ぜひこの春休みを利用して、お子さんと一緒に作ってみてくださいね!

date
2017/03/27
writer
mamiko
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

ブログ「mamikono。~ハレの日のお菓子~」主宰。ハレの日を彩るような、かわいくておいしいお菓子を作っています^-^

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

冷やしておいしい焼き菓子を作るポイントは?夏のマフィンレシピ

ひんやり冷たい焼き菓子が食べたい!暑い夏は冷たいお菓子がおいしく感じる季節。焼き菓子を冷やして食べたい!という方もいらっしゃるのでは?でも実は、常温保存するべき焼き菓子を冷蔵庫に入れてしまうと、ぱさついてしまったりかたく...

冷凍パイシートで作るショソン・オ・ポムのレシピ

フランスのアップルパイをおうちで作ろう!フランスのアップルパイ「ショソン・オ・ポム」をおうちで楽しんでみませんか?冷凍パイシートを使えば、手軽で簡単♪りんごのコンポートはバニラやシナモン、洋酒を加えたりバターでソテーした...

耐熱&一体型!cotta シリコンヘラがおすすめの理由

お菓子作りに欠かせない道具、ゴムベラ生地を混ぜたり、ボウルについた生地をきれいに取ったり、かき混ぜながら煮詰めたり。ゴムベラは、お菓子作りにおいて必要な道具のひとつ。使う頻度が多いからこそ、使い心地の良いものを選びたいで...

みかんを使ったお菓子レシピ

冬の果物といえば「みかん」日本人が冬に食べる定番の果物、みかん。みんな大好きですよね。だけど、他の果物と比べてお菓子に使うことが少ないような気がします。皮をむいてそのままパクリ。確かに、これが一番手軽でおいしい食べ方なの...

パウンド型で作る錦玉羹(きんぎょくかん)のレシピ

夏に楽しみたい!涼やかな錦玉羹を作ろう透明感のある涼しげな姿から、夏向けの和菓子としてお店に並ぶことが多い錦玉羹。色を付けたり、羊羹(ようかん)や練り切りと合わせたりすることで、さまざまな世界観を作れるのも面白いところで...

おすすめ PICK UP!

春休み、親子で挑戦したい野菜のお菓子