5,900円以上ご購入で送料無料! - 6/26(水)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

かわいいつくしんぼパンの作り方

date
2019/04/27
writer
ぷちみみん
category
パン作り

春に作りたいつくしの形のパン

春の散歩道で見つけるとちょっぴりうれしい気分になる「つくし」。あの人形のようなフォルムは親しみを込めて「つくしんぼ」と呼びたくなりますよね。

今回はそんな「つくしんぼ」をモチーフにした、ジューシーなアスパラベーコンパンの作り方をご紹介します。

春から旬を迎えるアスパラガスを丸ごと1本包み込んだ、長さ30cmのビックサイズな総菜パンです。

つくしんぼパンの作り方(長さ30cmのもの3個分)

パン生地を作りましょう

材料

  • 強力粉…180g
  • 全粒粉…20g
  • スキムミルク…5g
  • インスタントドライイースト…3g
  • きび砂糖…16g
  • 塩…3g
  • 全卵…20g
  • 水…105g
  • 無塩バター…16g

作り方

  1. 材料をこねてパン生地を作り、ふっくらと2倍の大きさになるまで一次発酵させる。
  2. ガス抜きした生地を分割。
  3. つくしんぼの軸部分として、50g×3個を取り分ける。
    残りの生地を頭部分として、3分割にする。

  4. それぞれ丸め直したらぬれ布巾をかけて10分間ほど休ませる。

成形しましょう

材料

  • アスパラガス(23cm程度のもの)…3本
  • ベーコン(20cm程度のもの)…3枚
  • ウインナー(8cm程度のもの)…3本
  • 全卵…適量

下準備

  • アスパラガスは軸の下部を3cmほどカットしてはかまを取り、フライパンを使って軽く塩ゆでしておく。

作り方

  1. 軸部分の生地を、6×20cmの長方形にめん棒で伸ばす。
  2. 生地の手前にベーコンとアスパラガスを置く。
    アスパラガスを芯にして、手前からくるくると巻いていく。

  3. とじ目をしっかりととじ、具材が見えないよう両サイドも包み込む。
  4. 頭部分の生地を10cmほどの円形に伸ばし、真ん中にウインナーを置く。
  5. 手前から生地を持ち上げ、くるくると巻いてウインナーを包む。

  6. とじ目をしっかりととじたら、ころころと転がし形を整える。
  7. 10cm幅にカットしたオーブンシートを敷いた天板の上に、とじ目を下にした頭と軸の生地を1セットずつ並べる。
  8.  
    頭と軸のつなぎ目部分の生地を指でつまみ、頭と軸をくっつける。
    *生地の裏側も忘れずにつまみましょう。

  9. 頭の付け根部分より5cmほど下から、キッチンバサミで切込みを入れる。等間隔に、合計3カ所。
  10.  
    全体に霧吹きをして、ふっくらと一回り大きくなるまで二次発酵させる。
    オーブンの発酵機能を使用する場合は、35℃で20分間程度。

  11. 溶き卵を生地全体にはけで塗り、180℃に予熱したオーブンで15分間程度焼成する。
  12. こんがりとした焼き色が付いたら焼き上がり。

  13. *天板から取り出すときに頭が取れやすいので、注意してください。

    オーブンシートにのせたまま、頭と軸の付け根部分にフライ返しを差し込み、軸先端のオーブンシートを持って取り出すと安心です。

デコレーションしましょう

焼き上がったパンの粗熱が取れたら、デコレーション。

材料

  • スライスチーズ…1枚
  • チェダースライスチーズ(またはハムでもOK)…1枚
  • 焼きのり…全形1/4枚
  • ケチャップ…適量
  • マヨネーズ…適量

作り方

  1. 6cmの丸形でスライスチーズを3枚抜く。
  2. 頭部分の下寄りに抜いたチーズをのせ、軽く押さえてフィットさせる。
  3. のりパンチなどで、目と口になるよう焼きのりを抜く。
  4. ピンセットを使い、好みの位置にのせる。

  5. 小皿にケチャップを少量出し、箸の先でほっぺの位置にちょんとのせる。
  6. 小さなハート型でチェダースライスチーズを6枚、細めのストローなどで3~5mmほどの小さな丸を3枚抜く。
  7. 顔の斜め上部分にハートのチーズを2枚、ちょうちょのように並べるリボンの形にする。
  8. リボンの真ん中に小さな丸いチーズをのせる。

    少量のマヨネーズをつまようじなどで裏に塗り、パンに貼り付けたら出来上がり。

「アスパラベーコンのつくしんぼパン。」の詳しいレシピページはこちら

 
ほんのり甘いふんわり生地に、ジューシーなアスパラベーコンとウインナー。満足感とインパクトのある総菜パンです。

ボリューム満点でインパクト抜群なつくしんぼ♪

具材をパン生地で包んでいくと、自然とつくしんぼのような形に。
お顔も型抜きとのりパンチを使えば、どなたでも手軽にかわいく仕上げられますよ。

アスパラガスのおいしい季節に、ぜひお試しくださいね。

date
2019/04/27
writer
ぷちみみん
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

パンやお菓子作りが日々のリフレッシュタイム。おいしい・かわいい・たのしいモノが大好き。気軽に作れるかわいいパンやお菓子のアイディア。楽しみながら共有していけたら。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

ひとくち食べれば幸せ気分♪クリームパンレシピ4選

みんな大好き!クリームパン大人も子どもも大好きなクリームパン。ふわふわでやさしい甘さのパン生地になめらかなクリームが見事にマッチしていて、ほっぺたが落ちそうなほどおいしいですよね!そこで今回は、定番の作り方からさまざまな...

スクエア型で作るキャラメル×ナッツのパンレシピ

キャラメル×ナッツが香ばしい♪焼き菓子風のパンを作ろうキャラメルの優しい味に包まれたカリッと香ばしいナッツは、お好きな方も多いのではないでしょうか。今回はキャラメルナッツを主役にした、焼き菓子風のパンレシピをご紹介。ナッ...

とかち野酵母とは?使用量や使い方、おすすめパンレシピまで

酵母起こし不要で使える天然酵母・とかち野酵母北海道で生まれた野生酵母「とかち野酵母」をご存じでしょうか。とかち野酵母は、“酵母起こし”が不要で手軽に使える天然酵母として人気。今回のコラムでは、とかち野酵母について解説し、...

パン生地の副材料とは?砂糖・油脂・乳製品・卵の役割や効果を知ろう!

パン作りで知っておきたい!副材料を加える意味パンを手作りするうえで、材料一つ一つに役割があることを、ご存じでしょうか?メインとなる主材料に副材料をプラスすることで、さまざまな効果を生み出すことができるパン。今回はパン作り...

牛乳・全脂粉乳・脱脂粉乳・バターミルクパウダーの違い

パン作りに欠かせない、牛乳と粉乳パン作りの材料としてよく使われる、牛乳や脱脂粉乳(スキムミルク)などの粉乳。パン作りにおいて、これらにはどのような役割があるのでしょうか?今回は、液体の牛乳と粉末の粉乳、それぞれの違いや置...

おすすめ PICK UP!

かわいいつくしんぼパンの作り方