cotta column

一種類の生地で作るお総菜パン&菓子パンレシピ

date
2019/06/19
writer
ぶんちゃん
category
パン作り

一種類の生地でお総菜パンも菓子パンも楽しもう

一種類の生地でいろいろなパンが作れたら、パン作りがもっと楽しくなりますよね。

今回はお総菜パンにも菓子パンにも使える、リッチなパン生地のレシピをご紹介します。
一種類のパン生地から、ハムマヨコーンやシナモンロールを作りましょう!

ふわふわやわらか♪基本のパン生地

材料

  • 強力粉(春よ恋)…200g
  • イースト…3g
  • 砂糖…20g
  • スキムミルク…6g
  • 塩…3g
  • 全卵…25g
  • 無塩バター…25g
  • 水…105g

下準備

  • 卵とバターは室温に戻しておく。
  • 水は30~35℃に温めておく。

作り方

  1. ボウルに強力粉から全卵までの材料を入れる。
    *イーストと砂糖は隣同士に。卵はくぼみを作って、他の材料と離して入れる。
  2. 水をイーストめがけて一気に加え、木べらで混ぜる。
  3. ひとまとまりになったら、台の上に出してこねる。
  4. 2~3分間こねたら、バターを加えてさらにこねる。
    生地を伸ばして薄いグルテン膜ができれば、こね上がり。
  5. 丸めてとじ目を下にし、ボウルに入れる。
  6. 30~35℃の場所で40~45分間ほど発酵させる。
    2~2.5倍の大きさになればOK。

これで基本の生地は出来上がり♪
この生地を使って、いろいろなパンを作りましょう!

ハムマヨコーンを作ってみよう


ハムを巻き込んだパン生地にコーンがたっぷりのった、かわいらしいハムマヨコーン。
難しそうに見えますが、実はとっても簡単なんです!

見栄えも良く、小さなお子さまや男性にも人気のあるハムマヨコーンを作ってみましょう。

材料(8個分)

  • 基本のパン生地…上記の分量
  • ハム…8枚
  • 仕上げ用の卵
  • コーン…120g
  • マヨネーズ…適量
  • パセリ…適量

下準備

  • ハムはキッチンペーパーで水気を拭き取っておく。
  • コーン缶を使う場合は、ザルにあけて水気を切っておく。
  • オーブンを200℃に予熱しておく。

作り方

  1. 上記の手順で基本のパン生地を作る。
  2. ガス抜きをして、8等分し丸め直す。
  3. とじ目を下にして、15分間生地を休ませる。
  4. とじ目を上にして、生地をハムよりも少し大きめの円形に伸ばす。
  5. ハムをのせて手前から巻き、巻き終わりをとじる。
  6. とじた部分を上にして、半分に折る。
  7. 画像のように、折った生地の長さの半分ほどまでスケッパーで切り込みを入れる。
  8. 切り口を広げてアルミカップの上にのせる。
  9. 35℃の場所で30~35分間、二次発酵。ひとまわり大きくなったらOK。
  10. 生地の表面にはけで仕上げ用の卵を塗り、コーンをのせてマヨネーズをかける。
  11. 200℃に予熱したオーブンを190℃に下げ、15~18分間焼く。
  12. パセリを振って、完成♪ 

コーンの代わりにたまごサラダをのせて、ハムたまごパンにしてもおいしいですよ。

シナモンロールを作ってみよう

材料(6個分)

  • 基本のパン生地…上記の分量
シナモンクリーム
  • シナモンパウダー…3g
  • 無塩バター…45g
  • グラニュー糖…45g
  • ラム酒(お好みで)…3g
フロスティング
  • クリームチーズ…60g
  • 無塩バター…30g
  • 粉糖…80g
  • 塩…少々
仕上げ
  • アーモンドスライス…適量
  • 仕上げ用の卵

下準備

  • オーブンを200℃に予熱しておく。
  • バターを室温に戻し、やわらかくしておく。
    *バターがかたいときれいに混ざらないので、やわらかくしておくのがポイント。

作り方

  1. 上記の手順で基本のパン生地を作る。
  2. ガス抜きをして、分割せずに丸め直す。
  3. とじ目を下にして、15分間生地を休ませる。
  4. 生地を休ませている間に、シナモンクリームとフロスティングを作る。
    それぞれ全ての材料をボウルに入れ、よく混ぜればOK。
  5. 休ませていた生地のとじ目を上にして、めん棒で26×24cmの大きさに伸ばす。
  6. 上部を3cmほど空け、全体にシナモンクリームを塗る。
  7. 手前からくるくる巻いて、6等分にカットしてIFトレーに入れる。
    *アルミカップを敷いておくと、トレーから外しやすくなります。
  8. 35℃の場所で30~35分間、二次発酵。ひとまわり大きくなったらOK。
  9. 生地の表面に仕上げ用の卵を塗り、アーモンドスライスをのせる。
  10. 200℃に予熱したオーブンを190℃に下げ、15~18分間焼く。
  11. 焼き上がったパンに、フロスティングをのせて出来上がり。
    ぜひあつあつを頬張ってくださいね♪

シンプルな丸パンもおすすめ

「基本のパン生地」は、丸め直して焼き上げればシンプルな丸パンに♪

仕上げ用の卵を塗ってはさみでクープを入れると、かわいらしく仕上がりますよ。

「ふんわりやわらか♪基本の丸パン」の詳しいレシピページはこちら

3種類のパンを同時に焼成!

今回ご紹介したパンのオーブンの温度と焼成時間は、全て「200℃で予熱、190℃で15~18分間焼成」。

つまり、基本の生地をお好みの割合で分割・成形すれば、お総菜パンと菓子パンを同時に焼くことができるんです!

天板を2枚使って同時に焼く場合、10分間焼いたところで一度上段と下段を入れ替えてみて。
火の通りが均一になり、焼きむらが少なくなります。

焼き上がりの見極めは、焼き色で判断。
3種類とも小型パンのため、生焼けの心配はありません♪

一種類のパン生地でアレンジいろいろ♪

ウインナーパン・ピザパン・レーズンパン・クリームパンなど♪
今回ご紹介したレシピの他にも、この生地でいろいろなパンを焼くことができます。

お総菜パンにも菓子パンにもアレンジできる、ふんわりやわらかな基本のパン生地。
ぜひバリエーションを増やして、パン作りを楽しんでくださいね。

【おすすめの特集】基本のパンレシピ基本のパンレシピの特集はこちら
date
2019/06/19
writer
ぶんちゃん
category
パン作り
ぶんちゃん

パンづくりを通してたくさんの笑顔をつくりたい。
おいしい楽しい幸せ!を感じてもらえるパン教室「nicopan」を主催しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

パーティーにぴったり♪リースパンレシピ

リースパンとは リースパンと検索すると、生地を三つ編みや四つ編みにしたもの・ちぎりパンを型に入れたもの・エピをくるっと円形にしたもの・しっかり乾燥させてニスを塗った飾り用のもの、と種類がたくさん。 フィリングやデコレーシ ...

ミニマフィン型で作るミニミニあんぱんレシピ

ひとくちサイズのかわいいあんぱんを作ってみませんか♪ 今回ご紹介するのは、とってもおいしいミニミニあんぱんの作り方。 ミニチュアのようなかわいさで、お味も本格的! ミニマフィン型を使えば、小さなパン生地を丸く整えるのも簡 ...

かわいいひな祭りパンの作り方

ひな祭りにぴったりのパン もうすぐひな祭りですね。 今年は、食べられるかわいいひな人形のパンを作ってみませんか? 女雛の生地はいちご味、男雛の生地は抹茶味で作り、それぞれに粒ジャムを包んだひな人形パンをご紹介します。 色 ...

アルザス風ピザ、タルトフランベの作り方

タルトフランベとは? タルトフランベ(Tarte flambée)は、フランスのアルザス地方の郷土料理です。 現地のカフェやレストランではとても人気のある軽食だというタルトフランべは、その作り方もさまざま。 薄く伸ばした ...