cotta column

もっちり食感♪フルーティーなギモーヴレシピ

date
2020/04/27
writer
shizuka
category
お菓子作り

ギモーヴを作ろう

もっちりぷるんとした食感とフルーティーな味わいが魅力のギモーヴ。
数年前から、お菓子屋さんでもよく見かけるようになりましたよね。

今回は、フルーティーなギモーヴのレシピをご紹介。
ギモーヴとよく似たお菓子、マシュマロとの違いも解説します。

フルーツの香りいっぱい♪ギモーヴレシピ

ギモーヴは、おうちで簡単に手作りすることができます。
かわいいパステルカラーのギモーヴを作ってみましょう。

使用するフルーツピューレを変えると、いろんな味や色に仕上げることができますよ。

材料(16cm×20cm×H3cmの容器1回分)

  • フルーツピューレ(☆)…100g
  • *今回の作業工程ではストロベリーピューレを使用

  • グラニュー糖(☆)…80g
  • 水あめ(☆)…30g
  • レモン汁(☆)…小さじ1
  • 水(☆)…50ml
  • 粉ゼラチン…10g
  • 水(ゼラチンをふやかす用)…30ml
  • コーンスターチ…10g
  • 粉糖…10g

下準備

  • 型にラップを敷く。
  • コーンスターチと粉糖を混ぜ合わせ、半量を型にふるっておく。
  • 粉ゼラチンは、大きめのボウルに入れた水でふやかしておく。

作り方

  1. ☆の材料を小鍋に入れて中火にかける。
  2. ぶくぶくと泡が立ち、105℃を超えたら火から下ろす。
  3. ゼラチンのボウルへ流し入れ、ゼラチンが溶けるまでハンドミキサーの低速で混ぜる。
  4. ゼラチンが溶けたらハンドミキサーを高速に切り替えて、白っぽくふわっとするまで根気よく泡立てる。
  5. ハンドミキサーの羽に絡みつくように重くなり、絞れるくらいのかたさになったら混ぜ終わり。
  6. 型に入れ、上をヘラでならして冷蔵庫で1時間程度冷やし固める。
  7. 冷えたら型から取り出す。
  8. 合わせておいたコーンスターチと粉糖を茶こしで満遍なく振りかけ、食べやすい大きさにカットする。

  9. 出来上がり♪

泡立てると、フルーツピューレの色は空気を含んで白っぽく淡くなります。
濃い色に仕上げたいときは、色付けに食用色素を使っても◎

ピューレを変えればアレンジも簡単♪

カシスピューレなら、程よい酸味が楽しめるギモーヴが出来上がります。

オレンジピューレで作れば、ビタミンカラーで爽やかな風味のギモーヴに。

「とっても簡単♪フルーティーギモーヴ」の詳しいレシピページはこちら

 
ギモーヴはつまむとぷにゅっとして、食べるとじゅんわりとってもフルーティー!

ギモーヴと似たお菓子、マシュマロとの違いは?

ギモーヴとマシュマロの違い

爽やかなフルーツの味わいを感じられ、しっとりもっちりしているのが特徴のギモーヴ。
ギモーヴと似たお菓子といえば、「マシュマロ」ですよね。

マシュマロはギモーヴに比べると、甘さがあり軽い食感。この違いの理由はなんなのでしょう。

ギモーヴは、フルーツピューレとゼラチンを泡立てて固めたもの。
マシュマロは、メレンゲ・ゼラチン・シロップや香料を泡立てて固めたもの。

材料や製法の違いが、味や食感の違いに現れているんですね。

ギモーヴとマシュマロの由来

似て非なるこの2つのお菓子。実は、由来を辿ると同じものだともいわれているんです♪

ギモーヴもマシュマロも、今はゼラチンを使って作るのが一般的。ですが、元々は「ウスベニタチアオイ」という植物の根っこから取れるでんぷんを使って作られていたお菓子。

ウスベニタチアオイの英語表記から「marshmallow=マシュマロ」、フランス語表記から「guimauve officinale=ギモーヴ」と呼ばれるようになったそうですよ。

いろんなフレーバーで作ってみよう!

いかがでしたか?
フルーツピューレを使って作るフルーティなギモーヴは泡立てて冷やすだけなので、初心者さんでも簡単!

食べるとジュワッと口の中で溶けて、フルーツの香りが口いっぱいに広がるギモーヴ。
ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

【おすすめの特集】ラ・フルティエール 冷凍フルーツ&ピューレラ・フルティエール 冷凍フルーツ&ピューレの特集はこちら
date
2020/04/27
writer
shizuka
category
お菓子作り
shizuka

お菓子作りが大好きな、三人姉妹の母です。
おうちのキッチンでも美味しく本格的なお菓子が作れるよう日々奮闘しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

朝食やおやつに!グラノーラのレシピ

グラノーラってどんなもの? グラノーラはアメリカ発祥の保存食品。 オーツ麦などの穀物に油脂、甘味料などを加えて乾燥させたものです。 手軽にバランスよく栄養素が取れるところも人気のポイント。グラノーラ専門店もあり、朝食の代 ...

世界のお菓子Part1~アメリカの旅

こんにちは。chiyoです。 日本の代表的なお菓子といえば、お饅頭、ようかん、大福などがあります。 では、他の国はどうでしょうか? お菓子がもたらしてくれる幸せな時間は世界共通。 世界のホッと癒される定番お菓子を食べて、 ...

おうちで作るクレープシュゼット

フランス生まれのおしゃれなデザート クレープシュゼットとは、クレープをオレンジソースで煮た温かいフランスのデザートです。目の前で作ってくれる特別感やフランベの青い炎が浮かび上がる幻想的な雰囲気。私も初めてお店で食べた時に ...

練り切りで楽しむお月見

お月見に練り切りを作ろう! 今回のテーマは、『お月見』です。 よく知られている『十五夜』は、別名『中秋の名月』ともいいます。 秋の真ん中の月、という意味なんですね。 2018年は、9月24日がその日に当たります。 ちなみ ...