cotta column

レモンカスタードとフルーツで彩る、ミニパリブレストのレシピ

date
2021/08/24
writer
nyonta
category
お菓子作り

ミニサイズのかわいいパリブレストを作ろう!

パリブレストは、大きなリング状のシュー生地の中に、プラリネバタークリームがたっぷり詰まったリッチなお菓子。

今回は、パリブレストをひとり占めできるミニサイズにアレンジ。暑い夏にも食べたくなる、フルーツたっぷりで爽やかなレシピをご紹介します。

ミニパリブレストのレシピ(約10個分)

パリブレストに合わせるクリームはバタークリームが定番ですが、今回はカスタードクリームと生クリームで。

シュー生地は、クッキーシューにしてサクサクに♪きれいなリング状を目指して仕上げましょう。

クッキー生地を作る

材料

  • 薄力粉…35g
  • グラニュー糖…35g
  • アーモンドプードル…35g
  • 無塩バター…35g

下準備

  • バターは冷蔵庫で冷やしておく。

作り方

  1. バター以外の材料をフードプロセッサーに入れ、数秒間回す。
    そこへ冷えたバターを1~2cmの大きさに切り入れる。

  2. バターと粉類がなじんでまとまるまで回す。
  3. ラップで挟んで厚さ3mmにのばし、冷凍庫で冷やし固める。
  4. しっかり冷え固まったら、68mmのパテ抜きで抜く。
    真ん中は口金の裏側を使って、直径30mmに抜く。
  5. 残った生地をまとめて同じように抜き、使う直前まで冷凍庫で冷やしておく。
    *全部で10枚程度取れます。

シュー生地を作る

材料

  • 牛乳…45g
  • 水…45g
  • 無塩バター…40g
  • 塩…2g
  • グラニュー糖…2g
  • 薄力粉…55g
  • 全卵…約2個

下準備

  • 薄力粉はふるっておく。

作り方

  1. 鍋に牛乳・水・無塩バター・塩・グラニュー糖を入れ、火にかける。
  2. ぶくぶく泡が立つほど沸いたら、火を止める。
  3. ふるった薄力粉を一度に加え、手早く混ぜる。
  4. ひとかたまりになったら中火にかける。
    火にかけながら1~2分間ゴムベラでしっかり混ぜ、粉に完全に火を通す。
  5. 火から下ろしてボウルに移す。
    別の小さなボウルで全卵を溶きほぐし、少しずつ加えて混ぜる。
  6. 生地の出来上がりの目安は、ゴムベラですくうとポテっと落ち、最後はゴムベラに残った生地が三角形状になること。

    *卵2個で足りなければ、3個目は生地の状態を見ながら少量ずつ加えてください。

  7. 68mmのパテ抜きに少量の粉を付け、シルパンに印を付ける。

    *絞る際のガイドになります。焼くと膨らむので、1枚の天板につき6個ほどがおすすめです。

  8. 丸口金をつけた絞り袋で、生地をリング状に2段絞る。
  9. 絞ったシュー生地の上にクッキー生地をのせる。
  10. 200℃に予熱したオーブンを190℃に下げ、15分間焼く。
    170℃に下げてさらに15分間焼く。

    *時間は目安なので、焼き色を見て各自微調整してください。

レモン風味のカスタードクリームを作る

カスタードクリームにバニラではなくレモン汁を加えることで、フルーツと相性抜群で爽やかな味わいに◎

材料

  • 牛乳…200g
  • 卵黄…2個
  • グラニュー糖…50g
  • 薄力粉…20g
  • レモン汁…大さじ1

作り方

  1. ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れてホイッパーで混ぜ、薄力粉も加えて混ぜる。
  2. 鍋で牛乳を沸騰直前まで温め、1に少しずつ加えてホイッパーで混ぜる。
  3. 茶こしでこしながら牛乳を温めた鍋に戻す。
    中火にかけ、ホイッパーで絶えず混ぜながら炊いていく。
  4. もったりと重たいクリームだったのが、トロッとやわらかくなったら炊き上がり。
    火から下ろし、レモン汁を加えて混ぜる。
  5. バットに流し入れ、表面にピタッとラップする。
    氷水の入ったポリ袋をのせて急速に冷やす。

    ある程度冷えたら冷蔵庫へ移し、中まで完全に冷やす。

  6. 網とカードを使って裏ごしする。
    ボウルに移してゴムベラで練りほぐしておく。

仕上げる

材料

  • 生クリーム…200g
  • グラニュー糖…15g
  • お好みのフルーツ…適量
  • 粉糖…適量
おすすめのアイテム
cotta トッピング用粉砂糖 250g

作り方

  1. シュー生地を半分にスライスする。
    丸口金をつけた絞り袋にカスタードクリームを入れ、下の生地に一周絞る。
  2. カスタードクリームにお好みのフルーツをのせる。

    *今回はいちご・キウイ・オレンジ・ブルーベリー・レッドカラントを使用。
    1種類でも構いません。お好みのフルーツでどうぞ!

  3. 生クリームとグラニュー糖を絞りやすいかたさになるまで泡立てる。
    星口金をつけた絞り袋に入れ、フルーツの上に絞る。
  4. 上の生地をかぶせ、軽く粉糖を振って出来上がり。

「ミニパリブレスト」の詳しいレシピページはこちら

サクサクのクッキーシューと爽やかなクリーム、いろいろなフルーツがぎっしりの仕上がりは、ミニサイズでもとっても豪華!

ミニとはいえややボリューミーですが、さっぱりしているのでひとつペロリと食べられてしまいますよ♪

爽やかな味わいのミニパリブレストを楽しんで♪


華やかに仕上げたおひとりさまパリブレストは、おもてなしにもぴったり!

レモンカスタードはどんなフルーツとも相性が良いので、季節のフルーツを入れてぜひお楽しみください。

【おすすめの特集】シュークリームレシピシュークリームレシピの特集はこちら
date
2021/08/24
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

共立てと別立ての違い

共立てと別立て。お菓子作りが好きな方なら、もうこの言葉の意味はご存知ですよね。 そう、二つは卵の泡立て方法のことで、読んで字のごとく、前者は「卵黄と卵白を分けずに共に泡立てる方法」、後者は「卵黄卵白それぞれ別々に泡立てる...

卵白が余ったときのおすすめレシピ

前回は「生クリームが余ったときのおすすめレシピ」をご紹介しましたが、今回は「卵白が余ったときのおすすめレシピ」です。 プリンを作ったり、カスタードクリームを作ったりすると、卵白が余りますよね。卵白は冷凍保存もできるので、...